期待外れだったプレミアムビール

2006年10月 1日(日) 01:06 | 日記

ジャポネゴールド
ビールと缶コーヒーの新製品が出ると、つい試したくなってしまうフォーキーです。
今日初めて飲んだサントリーの「ジャポネゴールド」ですが、いまいちな印象でした。それほどコクがない感じで、普通のビールとあまり変わらないと思いました。
プレミアムビールの中では、アサヒの青い缶が好きです。そのほかではチルドの一番搾りが好き。かつて「コクがあるのにキレがある」というキャッチコピーがありましたが、チルドの一番搾りこそ、この表現がぴったりだと思います。

こんな時間に飲んだり食べたりすると、また太るなぁ…。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。