SNSとは何ぞや

2006年9月 8日(金) 03:25 | 日記

あらためて、11万ヒットありがとうございます。

どうでもいい話ですが、さっき某大手SNSサイトに数か月ぶりにアクセスして、初めて書き込みをしてみました。
これだけインターネットにどっぷりはまった生活をしている僕ですが、あの手のサービスはまだほとんど使用していませんでした。
ずいぶん前から使える環境になっていたのですが、なにせ生来の面倒くさがりですから、ほとんど手をつけずじまいでした。
でもせっかく新しいパソコンを買ったりして、今まで以上にパソコンに依存した生活をしようと決めたのだから、ネット上のサービスはもっと積極的に活用したいですね。mixiだけじゃなくて、たとえば「Last.fm」とか。

僕の場合、最近エレクトロニカやアンビエントといった電子音楽の分野に興味を持ち始めたのですが、正直言って何から聴いたらいいのかよく分かりません。こういう時に、たとえば僕が甲という曲が好きで、「甲という曲が好きな人が100人いたら、そのうち70人は乙という曲も好き」という情報があれば、とりあえず乙という曲を聴いておけば間違いなさそうだ、といえるわけです。
確か「Last.fm」には、それに近いような内容の情報があったような。ちゃんと調べてないからよく分からないですが。

まあ何にせよ、ネットで拾える情報は量、質ともに昔よりずっと充実しています。それをうまく利用できるかできないかが、いわゆるデジタルディバイト、情報格差という形になるわけで。
ただ、こうした情報は方法次第で誰だって拾えるわけです。そして二次情報が氾濫すればするほど、一次情報の価値は高まっていきます。
僕もこの日記などを通じて、たくさんの人に有用な一次情報的メッセージを伝えていきたい、と考えています。

今度の土曜と日曜は、狭山市で行われる野外音楽イベント「ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル」へ行きます。ここで僕が見たこと、感じたことは、ひとつの一次情報です。問題は、それを読みたい方がいるかどうか、読む価値のある文章を僕が書けるかどうかです。
それより、純粋にコンサートを楽しもうと思いますけどね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。