週末はお出かけ

2006年9月 4日(月) 05:25 | 日記

きのうは井の頭公園をお散歩。パワフルにギターをかき鳴らす推定60歳の筋肉隆々なオヤジはこの界隈では有名人なのでしょうか。あの年齢であの肉体、しかも歌もギターも普通にうまい。
ああいう人が増えれば、「年をとるのは素晴らしいことなんだ」と、生きることに希望がわいてきますよね。若い世代にとって、日本の高齢者があまり幸せに見えないことが、少子化の遠因なのではないかと思います。将来が不安だから、先々までお金を残そうと、子供を作らなくなるんですよね。
とはいっても、上の世代に対して「不安にさせているのはあなたたちです」と言うつもりはありません。今の少子化は高度成長の副作用というべきものであり、僕が高性能のパソコンを買えるのも、僕らの親の世代ががんばったおかげです。
個人的に、少子化はむしろいいことだと思っているので、何も不満はありません。

日曜日。閉じこもってばかりでは気分が暗くなるばかりなので、バイクで遠出をすることにしました。
すでに書いたとおり、前から行きたかった「ラーメン横綱」のラーメンを食べるためだけに、千葉県四街道市まで行きました。
帰りは高速道路を使う計画でしたが、外の風があまりに気持ちよかったため、のんびりと一般道で帰ることにしました。
ひさびさに往復150キロ以上走りましたが、さすがに疲れました。
何より、目が痛いです。
「バイクなんて、またがっているだけで勝手に動いてくれる乗り物でしょ」と思っている方もいるかもしれませんが、そんなに甘いものではないです。
歌を口ずさんだり、くだらないことを考えたりしながらも、運転時には集中力をぐっと高めます。スピードが速くなればなるほど、集中力は研ぎ澄まされます。しかも、バイクが動いている間はずっと、集中力を切らすわけにはいきません。一歩間違えたら、命すら落としてしまいます。
それでも、秋の風を肌で感じたり、流れる景色を楽しんだり、何より、バイクでしか味わえないスピード感を楽しむために、わざわざ危険を冒してまでバイクに乗るわけです。
今でも目が痛いですが、いい気分転換になりました。
だからって、こんな時間まで起きているのは良くないですね。もうすっかり明るくなってしまいました。いいかげんに寝ることにします。

トラックバック

恋愛アドバイスのすべて - 苅谷ハイウェイオアシスのデラックストイレ

高速道路のパーキングエリアにあるトイレって用が足せれば、それでいいのかなっていうのが私の考えだったんですよ。とりあえず綺麗にはなってるし、特に問題はなかったんですが、この苅谷パーキングのトイレに入ったら、そんな考えは間違っていたって思いましたね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。