ミハエル、すっかり善玉ですね

2006年7月30日(日) 22:47 | スポーツ

F1ドイツGPを見終わりました。
地上派の放送がまだなので、結果は伏せておきます。

13年くらい前、ミハエルは完全にアイルトン・セナに対する悪役だったんですよね。
それが今では完全に逆転。実況も解説も、どう見てもミハエル・シューマッハー寄り。アロンソ、嫌われてます。
そのアロンソは来年マクラーレンへ移籍します。ライコネンはフェラーリ入りが噂されていますが、どうなんでしょう。そしてミハエルは、来年も走るのでしょうか。
もしアロンソがフェラーリかホンダかトヨタへ移籍すれば、間違いなくCS放送でもアロンソ寄りの実況になるのでしょうけど。

地上波の実況は、10年以上F1を見ている人にとってはつらいです。もちろん、バレーボールなんかといっしょで、普通に実況していては視聴率が取れないから、ということは分かっています。むしろ、F1のような地味なコンテンツで、しかも予算が限られている中で、数字の獲得に挑戦する姿勢は評価されるべきです。
ただ、好きか嫌いかと聞かれたら、地上波の実況は「嫌い」と答えます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。