パソコンを買うことにしました

2006年7月24日(月) 02:17 | 日記

さすがに2000年の秋に買ったパソコンではつらくなってきたので、パソコンを買うことに決めました。

自宅には3台のパソコンがあって、1台がそのデスクトップのパソコン。もう1台は2001年に買ったMacの初期型のG3。こっちの方が古いはず。そして最新のパソコンが、2003年の夏に買ったノートです。
ノートはとりあえず置いておいて、まずは6年落ちのWindowsをどうにかしようということで、ようやく重い腰を上げることにしました。

今使っているパソコンのスペックはこんな感じ。

メーカー…Gateway
OS…Windows2000(買った時は98SEでした)
CPU…Pentium3 733MHz
メモリー…384MB(128MBから増設)
ビデオカード…買った時のままの低性能品

このほかUSB2.0を追加したり、DVDドライブやハードディスクは外付けで対応したりと、周辺機器はいろいろ追加しています。

今度導入する予定のパソコンですが、メーカーの完成品を買うではなく、組み立ててみようと思っています。
今まで組み立てたことがないのでうまくできるか心配ですが、メーカー品だと自分の好みのスペックが実現しにくいのと、すでにあるパーツを有効活用したい(要はキーボードなど2個もいらないということ)ため、初めての自作パソコンにチャレンジしようと決意したわけです。

土曜の昼に本屋へ行って、自作パソコンのことが分かる本を買ってきました。なにせマザーボードの種類とか仕組みとか全く分からないところからのスタートなので、まずは勉強しないことには始まりません。
昼から夕方までひととおりパーツについての知識を得たあと、現在の最新のパーツ事情を探ります。次に価格比較サイトを見て、自分の求めるスペックのパーツがどのくらいの価格かを調べつつ、候補を絞ります。さらにはパーツのメーカーのページを見たり、ネット上のいろいろなサイトでパーツやメーカーの評判を調べたりして、買うべきパーツを決定します。
最後に、マザーボードがほぼ最安値の店、ビデオカードが最安値の店の2店だけで買い物をすることを決め、それらの店でメモリーやハードディスク、DVDドライブをいっしょに購入します。
土曜の深夜には、購入手続きを終えました。
完全な素人が自作パソコンを作ろうと思ってからわずか16時間で、パーツを購入するところまで来ました。けっこう無謀です。

ちなみに、こんな感じのスペックです。

マザーボード…ASUS製 Intel P965チップセット搭載
ビデオカード…ASUS製 GeForce7600搭載
ハードディスク…Maxtor製 Serial ATA 300GB
メモリー…DDR2-800 512MB×2 ただしノーブランド
DVDドライブ…NEC製 DVD-R、-RW書き込み対応

これだけ買って6万5千円です。安い買い物ではありませんね。マザーボードが2万円近くするのと、ビデオカードもそこまで高性能ではないのに2万円。まあグラフィックの凝ったゲームをプレイすることはまずないので、ハイビジョン画質でDVDがスムーズに再生できればそれでいい、という程度です。
CPUは、インテルが8月に発売する「Pentium Core2 Duo」を買おうと思います。おそらく3万円程度になるだろうという話です。
ちなみに、マザーボードに搭載されているP965チップセットは、このCPUに準拠した規格です。そのせいか、マザーボードまで入荷が8月になってしまうそうです。
あとは電源を買って、必要なら冷却装置も買います。箱は今のゲートウェイの大きくて重い箱を使う予定です。
現在はイーマシーンズの傘下のゲートウェイですが、かつては独立したメーカーでした。日本法人があった頃はなかなかいいパソコンを作っていました。名古屋の「矢場とん」の近くには「ゲートウェイカントリー」という展示場もありました。そんなゲートウェイのパソコンを使っていた日々のことを忘れないために、キーボードと箱くらいは牛のマークのままにしておこうと思います。
合わせて10万円ちょっと。この価格でそこそこ最新のパソコンが手に入るのなら、決して悪くないと思います。ゲートウェイが17万、今使ってるエプソンダイレクトのノートにいたっては20万以上しましたからね。

Gateway2000

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。