夕暮れの小金井公園

2006年7月16日(日) 18:58 | 日記

image/bara-2006-07-16T18_58_21-1.jpg
小金井公園に立ち寄りました。夕方だというのにむし暑いです。芝生のにおいがします。

20代のうちに楽しむべきことは、ある程度経験したと思います。だけど、こうして週末の公園をひとりでサイクリングしていると、こんなことをしている場合か、もっとほかにすることがあるんじゃないか、という思いが沸き上がってきます。

ひとりで過ごすことにも慣れました。むしろ、誰かといっしょにいる場面を僕自身、もはや想像できません。
このままだと本当にこのまま一生が終わるぞ、という危機感を持ちながら、実は今の快適さを失いたくないという思いがある。だから、いつまでたっても「誰かにとって魅力的な人間」になれない。分かってはいるけど、今の生活のペースを乱してまで何かをする気が起こらないのが現実です。

「自分の行動が誰にも迷惑をかけない」ことに、気楽さよりむなしさを感じる日は来るのか。もどかしい日々が続きます。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。