ひさびさにフォークなCDを買ってみた

2006年7月 6日(木) 02:01 | フォーク

CD
古井戸のファーストアルバム「古井戸の世界」、セカンドアルバム「オレンジ色のすけっち」のCDを買いました。
アマゾンで注文して会社で受け取って、家に持って帰ってきました。

この2枚のCDですが、長い間CD化が望まれながらなかなか果たされず、今年の2月になってようやく発売されたというものです。かれこれ10年近く待ちました。
もともと古井戸は、1972年頃から78年頃まで活動していた二人組。ジャンルとしてはフォークに分類されることが多く、代表曲は「古井戸の世界」に納められている「さなえちゃん」や、最近放送されたアニメ「アカギ」にも使われた「何とかなれ」などがあります。3月11日の日記でもネタにしています。
前から買いたいと思っていました。でも3月中旬といえばちょうどお金に余裕がなくなってきた頃で、ずっと買うのをためらっていましたが、最近めでたく借金を完済したので、ようやく買うことができました。

そんなことを言いつつ、実は今別のCDを聴いています。
写真には3枚のCDが写っていますが、そのうち2枚は前出の古井戸のCD。下にある緑色のCDは、「mum」(ムーム)というグループの「finally we are no one」というアルバムです。
mumはアイスランドのグループ。アイスランドといえばBjorkが有名、というかそれしか知りませんでしたが、この国には他にも個性的なミュージシャンが多いようです。あまり詳しくは知らないのですが。
ジャンルはエレクトロニカ。大好きなインターネットラジオ「Limbik Frequencies」でmumの曲を聴いて、なんとなく気に入ったので、試しにCDを買ってみることにしました。
で、今聴いているわけですが、かなりいいですねこれ。こういう音楽についてはまだほとんど知識がないですが、今後もフォークと並行していろいろ聴いていきたいと思っています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。