蚊取り線香だけど、蚊を退治するわけじゃないんだ

2006年6月 1日(木) 00:27 | 日記

金鳥
今日の帰り、家の近所にあるクリエイトSDで、切れた豆電球といっしょに金鳥の蚊取り線香を買ってきました。2階に居酒屋が2軒入っているあそこの店です。日本獣医生命科学大学(元・日本獣医畜産大学)の向かいにある店です。分かる人はほとんどいないと思いますが。

蚊取り線香を買ったのは、蚊に悩まされているからではありません。、
この前、生ゴミをしばらく捨てずに、引き出し式のゴミ箱に入れたままにしておきました。そろそろゴミ箱がいっぱいになったし、燃やすゴミの日だから捨てに行こうと思ったら、なんと箱の中で小さな虫が繁殖していました。そして、ゴミ箱の引き出しをおもむろに開けたら、おびただしい数の虫たちが四方八方に飛んでいくではありませんか。
やられた!

そういえば…。はっきりと思い出しました。
以前、名古屋に住んでいた時にも同じ経験をしました。生ゴミを袋に入れて縛って、しばらく置いたままにしておくと、いつの間にか袋の中で虫が飛び回っていて、袋の小さなすき間から虫たちが次々と出てきました。どうして奴らはあんなに繁殖するのが早いのでしょう。
まあ虫自体にこれといった害はないのかもしれませんが、部屋に虫が飛び回っているのは決して気分のいいものではありません。
ひとり暮らしはひさしぶりだったから、暑い時期にはゴミの扱いに気をつけないとこういうことが起こり得るということを、すっかり忘れていました。

虫退治のために最初は殺虫剤を買おうと思い、クリエイトSDでキンチョールやアースジェットを眺めていました。でも、いちいち一匹ずつスプレーを吹きかけるのは面倒です。下を見たら、蚊取り線香がありました。そうか、この手があったか。
ライオンでもアースでもなく、金鳥を選んだ理由は「ジャケ買い」です。やっぱりこのパッケージは最強です。
蚊取り線香が蚊以外の虫に効くかどうかは分かりませんでしたが、さっき使ってみたら虫の数が減ったようなので、効果はてきめんだったみたいです。ひとまずよかった。

「なぜ燃やすゴミの日だけ週2回あるのか」という意味をよく考えて、みなさんも生ゴミはこまめに捨てるようにしましょうね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。