セックスセックス

2006年5月29日(月) 21:10 | 日記

刺激的なタイトルのわりには、内容はエロくないのであしからず。

インド経済に関する原稿を書いていたのは先週金曜のことです。
インドの株式市場には、ムンバイ証券取引所の「センセックス指数」というのがあります。日本でいえば東証の日経平均株価にあたるもので、要はムンバイに上場されている代表的な銘柄の株価が上がったのか下がったのかを示す、相対的な指数です。ここで、日経平均は株価(225銘柄)の平均価格ですから、単位は円になります。ただしセンセックス指数は相対値ですから、単位はありません。
で、そのセンセックス指数が最近大幅に下落したわけです。そのことに関するレポートを僕が書いていました。最終的には、とあるサイトに掲載される予定です。

金曜の夜です。すでに書いたように、この後飲み会がありました。
「もうすぐ酒が飲めるぞ」
気分はバラクーダでした。嘘です。日本全国酒飲み音頭なんて曲は若いから知りません。まあともかく、多少なりとも浮かれた気分だったのは間違いありません。
ところで、「センセックス指数」をローマ字表記すると、「SENSEX指数」となります。原稿にもこの表記で書いていました。
そろそろ会社を出るころだと思い、原稿をざっと見直そうと、ふとパソコンの画面を見た瞬間。体が凍りつきました。

「SEXSEX指数」

たった1文字の間違い。しかし、絶対に間違えてはいけない間違い。痛恨のタイプミス。
でもこれ、ミスというよりは、日ごろの欲求不満の表れなのかも。そう言われても否定できないところが嫌だ。

セックスセックス。我ながらインパクトの強い打ち間違い。中学生でもセックスを続けざまに2回は書かないぞ。マスだったら2回くらい余裕でかけるけど。

最後は下品なネタでまとめてみました(笑)。

トラックバック

FPが語る株式投資儲けのヒント - 株ブログです。

株式市場や株式用語の解説をしています。よろしかったらおいで下さい。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。