疲れの正体

2006年5月22日(月) 22:20 | 日記

そういえばきのう、井の頭公園で地井武男さんを見ました。テレビのロケでした。テレ朝の「ちい散歩」という番組らしいです。初めて生で見た地井さんは「ちょっと小じゃれたおっさん」という印象。意外に背が低くてびっくり。遠巻きにちらりと見ただけでしたが、なんか人の良さそうな、親しみやすそうな方でした。面識のない年長者に向かって、勝手なことを言って失礼ですね。

なんか、疲れました。
週末に無理をしたつけが、今日の夜になってどっと押し寄せた感じです。
結局土曜も寝たのが朝7時近くで、1時半には起きてましたからね。休みなのに6時間しか寝ないなんて、さすがに無理し過ぎです。今日も4時間しか寝てないし。
ただ、会社の先輩たちはそれ以上に大変なわけで。もっとも僕の場合は「まだ仕事に慣れてない」という事情があるから、疲れやすい状況ではあります。仕事に慣れていないことに起因する疲れと、慣れた後の疲れは、質が違いますからね。疲れそのものに慣れていないから、精神的にも疲れてしまうわけで。
今日がまさにそんな感じ。もう体はだるいわ、おなかは空くわで、帰りにオリジン弁当の惣菜とビールを買いたいという衝動を抑えることができませんでした。最近は心が欲望に負けてしまうことが多いのが困ります。
でも、オリジンの隣のサンクスのレジにいた女の子がかわいかったから、少しだけ救われた気分です。

というわけで、これからビールを飲んで、すぐに寝たいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。