麻雀で運を使ってしまって良かったのかどうか

2006年4月16日(日) 23:36 | 日記

まずは皆さん、90000ヒットありがとうございます。

今日は三鷹駅南口にある「ファミリー」という雀荘で、昼から麻雀を打っていました。
本当はきのうの夜に打つはずだったのに、都合により今日に延期。日曜の昼下がりに麻雀なんて、中学生の時以来だと思います。
雀荘の客は、僕ら以外全員50歳以上。若者どころか、僕らと同じ30歳そこそこの人すらいません。テレビや漫画やアニメ、あるいはゲームセンターでも麻雀は盛り上がっているように見えますが、実際はそうでもないのでしょうか。

1回の半荘がやたらと長引いて、6時間で3回しかできませんでした。僕はトップを1回取ったことと、残り2回も無難にこなしたことで、総合で1位になりました。勝因は配牌とツモの良さ、これに尽きます。気持ち悪いほどまとまった配牌が来るわ、配牌が悪くてもツモでいいところばかり引くわで、勝つなという方が無理な流れでした。あまりにツモが良すぎて、相手にリーチをかけられた時に安牌が切れたせいで振り込んだこともありましたが。
今日の1位は実力ではありません。運です。
この運を、できれば別のところで使いたかったものです。最近はあまり仕事もプライベートもいまいち調子が良くないので、悪い流れを変えるような強い運気が欲しいところです。今回の麻雀での勝ちが転機となって、今後もいいことがあるといいのですが。

愛知県から東京に引っ越してもうすぐ半年。そろそろ何か変化が欲しい今日このごろです。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。