8年ぶりのプロ野球観戦記

2006年4月14日(金) 00:34 | スポーツ

そんなわけで、今日は会社の後輩といっしょに東京ドームへプロ野球を見に行きました。試合はジャイアンツ対カープ戦です。
僕がプロ野球を最後に見たのは確か1998年。就職活動のついでに横浜スタジアムへ行った時です。ちょうどベイスターズが優勝した年でしたが、当時のベイスターズの野球がすごく好きで、甲子園や大阪ドームへタイガースとベイスターズの試合を見に言ったこともありました。
それ以来、実に8年ぶりの野球観戦。試合中に書いた日記には「7年」とありますが、8年の間違いでした。

試合はジャイアンツが一方的に攻めまくりました。打撃も走塁も、これまでにない積極性が見られました。相手の弱みやミスには徹底的につけ込み、チャンスを確実にものにします。2004年に優勝したドラゴンズを思わせるような、緻密で大胆な攻撃は見ていて楽しいです。これでピッチャーが充実すれば、ほぼ優勝間違いなしでしょう。強かったですよ今日のジャイアンツは。

そして桑田です。ファンには申し訳ないのですが、「もしかしたら今日が最後の登板になるかも」などとあらぬ期待をしていたのですが、なんと5回1失点。久々の勝ち投手となり、ヒーローインタビューまで見られるという、別の意味で貴重な体験をしました。ファンには申し訳ないのですが、桑田のヒーローインタビューもこれが最後になるかもしれないので。
インタビュー

でも桑田というピッチャーは偉大ですよ。スキャンダルや故障を乗り越えて、近年の不調を乗り越えて、1軍のマウンドに立つだけでも奇跡なのに、先発して勝利投手になるなんて。しかもあの年齢で、あの体格でここまでできるのは、ものすごい精神力です。
東京ドームのジャイアンツファンはみんなそのことを知っているから、盛り上がり方もすごかったです。

本当にいい試合を見せてもらいました。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。