ひさしぶりの国分寺

2006年4月 7日(金) 02:56 | 日記

自宅のコーヒー豆が切れたことを思い出し、どこかいい豆を売ってる店はないかと会社の後輩に尋ねたら、彼が普段ひいきにしている店の支店が国分寺にあるとのことでした。
国分寺かぁ…。自宅と反対方向だけど、たまには行ってみるか。

国分寺駅へは、自宅の最寄り駅である武蔵境駅から150円で行けます。
帰りはいつものように飯田橋で総武線に乗り、四ッ谷で中央線に乗り換えます。今日は運がいいことに、ちょうど通勤快速をつかまえることができました。国分寺まで、少しだけ早く行くことができます。
Suica定期券を持っているので、乗り越し精算機を使わなくて済みます。残金は150円減ってしまいますが。

目当てのコーヒー屋さんは、駅ビルの8階にあります。午後9時近くでしたが、まだ営業していました。閉店は10時です。
店の造りは、喫茶店のカウンターで豆も売っているといった感じ。でも豆は10種類近くあり、かなり本格的です。
とりあえず、2種類の豆を買うことにしました。それぞれ200gと100g。合計300gで1100円以上とやや高め。ドン・キホーテなんかだと、300gの豆なら500円そこそこで買えたりしますからね。
豆を袋に詰めている間、コーヒーを試飲させてもらえるのもこの店の特徴です。飲んだのは、今日店で出しているのと同じコーヒー。やっぱり高級な味がしました。ほど良いコクと苦みがあり、酸味は控えめ。おいしい。

学生の頃は京都市内に住んでいましたが、高野のイズミヤにある「小川珈琲」もコーヒーを試飲させてくれましたので、コーヒー豆はたいていそこで買っていました。もう10年近く前のことですが、そんな何気ない昔の日常を、ふと思い出しました。

舌が肥えているわけじゃないから、コーヒーの味なんて分かりゃしないんですけどね本当は。でも気分的に、いいコーヒーを飲んでみたい。これくらいは贅沢させてください。景気も良くなってるみたいだし。

そういえば、と思い出しました。
なぜか今日、会社で「スタ丼」の話になりました。国立に「スタミナ丼」というボリュームたっぷりの丼を出す店があって、その支店が国分寺にあるということ。僕はこう見えても意外と大食漢だったりするのですが、そういう人にこそおすすめのメニューとのことです。
さっそく、携帯のグーグルを使って場所を調べます。どうやら駅の南側にあるようです。適当に歩けば見つかるだろうと思って適当に歩いたら、わりとすぐに見つかりました。
「スタ丼」の具はネギと豚肉。そこに卵をかけて食べます。なるほど、確かに吉野家の特盛なんかに比べても、ずいぶんとボリュームがあります。これで550円はお得です。
次回は大盛りにチャレンジしてみたいと思います。2杯分くらいなら余裕で食べきれますよ、たぶん。

たまには電車で西の方へ行くのもいいものですね。

トラックバック

新家庭塩普及委員会 - ★ すた丼もどき ★

みなさんは「すた丼」って知ってる? 多摩地区(?)の学生を中心に人気のどんぶりものです。 むかし、知り合いに連れて行ってもらいました。 なんというか・・・すごかった!! しゃれっ気のない店内、パイプ椅子、立ちこめるにんにく臭、 運ばれてきたおみそ汁には....

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。