やっぱりすごいよ佐藤琢磨

2006年3月20日(月) 00:07 | スポーツ

レースが終わってからずいぶんと経ちますが、あらためてF1第2戦マレーシアGPの感想です。

ルノーはどんなレースでも強そうです。フィジケラは去年一年分の鬱憤を晴らすような、すばらしい走りでした。このままアロンソとチャンピオンを争うようになると面白いですね。
フェラーリもマクラーレンも、コースやコンディションによって強さにムラがある感じで、チャンピオンを争うのはやや厳しいのではないでしょうか。ウィリアムズもエンジントラブルこそありましたが、ドライバーともども速さを見せつけてくれました。展開によってはウェバー、あるいはニコ・ロズベルクにも勝つチャンスが生まれるかもしれません。
ホンダは、相変わらずピットイン後のマシンバランスの悪さがネックになっています。勝てそうで勝てないバトン。本当にあと一歩なんですけどね。

今回のレースを見て、佐藤琢磨の非凡さをあらためて知りました。結果としては完走14台中14位という成績でしたが、内容の濃い14位でした。マシンの性能はダントツで劣っているのに、ミッドランドのモンテイロを抑え込んだり、トロ・ロッソのリウッツィに抜かれた直後、また抜き返したり。土屋圭市氏じゃないですが、「ママチャリがマウンテンバイクを抜いた」ようなものです。
今日のようなレースを繰り返せば、再びトップチームへの道が開けると思います。チャンピオンのアロンソだってデビュー直後はミナルディで苦しんでいたわけだし、トヨタのトゥルーリも片山右京といっしょにミナルディに乗っていました。ウィリアムズのウェバーもやはりミナルディ。古いところでは、ミカ・ハッキネンは落ちぶれたロータスでデビューし、デーモン・ヒルも消滅寸前のブラバムで毎回予選最後尾近くからレースをしていました。
だから、彼にもまだチャンスはあると思います。次戦も、今後につながるようないいレースを見せてもらいたいです。

トラックバック

息がつづくまで - チャンピオンチームの貫禄

ルノー強し。ポール・トゥ・ウィンをきめたフィジケラ、 7番手から見事なスタートで巻き返したアロンソとの1-2フィニッシュ。 圧倒的な速さは感じないがチームとしてうまく機能しているなという印象。 昨年、悔しい想いをしたフィジケラにとっては意味のある勝利だ...

F1グッズ LINK SHOP - 第2戦 マレーシアGP

今年もルノーかな? なんて思ってしまうような第2戦でした。 ルノーの2台はスタート前から燃料トラブルがありながら1.2フィニッシュ。 解説の人が『チャンピオンブルー』なんてルノーのことを呼んでいましたがまさにその通りだと思いました。 それにしても、開幕前のテ..

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。