今年のF1は面白そう

2006年3月12日(日) 23:40 | スポーツ

1990年の日本GPから、かれこれ15年以上F1を見続けています。
セナがいて、プロストがいて、マンセルがいて、ピケがいて、中島も亜久里もいたころからF1を見続けています。
アレジが後藤久美子と結婚したり、ミカ・サロが遠藤賀子と結婚したり、アレッサンドロ・ナニーニが実業家として日本に料理店を出したりする前からF1を見続けています。
ローランド・ラッツェンバーガーの悲劇も、アイルトン・セナの悲劇も、リアルタイムで見ました。
鈴木利男や野田英樹がF1マシンをドライブしているところも、リアルタイムで見ました。

まあそんな昔の話はどうでもいいのですが。
アロンソも強かったですが、ミハエルも強かったですね。ようやくルノーと戦えるようになったみたいで、今年はこの二人の対決が面白そうです。
マクラーレンも相変わらず速いようで、ライコネンもチャンピオン争いに加わってきそうですね。
レースによってはホンダやウィリアムズがトップ争いに食い込んでくるでしょう。今年はさまざまなバトルが見られると思います。

佐藤琢磨も完走しました。開幕戦に間に合っただけでもすごいことなのに、最後まで壊れずに300kmを走り切ったことは快挙です。しかし、僕が初めて見たF1で表彰台に乗った鈴木亜久里が今やF1のチームオーナーになるとは。時の流れを感じます。
そして、僕がF1を見始めた直後の91年夏にデビューして、それ以来ずっとトップドライバーに君臨し続けるミハエル・シューマッハーは偉大ですよね。
バーレーンGPでは、その健在ぶりを見せつけてくれました。

トラックバック

芸能&スポーツ瓦版 - F1開幕バーレーンGPアロンソ優勝

F1開幕バーレーンGPが開催され今年は昨年よりも楽しみで 純日本チームのSUPEP AGURI Formula1参戦である 予選はシューマッハとフェリペのフェラーリが1,2で通過し  ルノー・マクラーレンの2強にフェラーリが復活を果たして ホンダがバトンとバリ....

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。