メモリーカードのその後

2006年1月 7日(土) 02:00 | 日記

きのう、突然データが読み出せなくなったメモリーカード。
先ほど、どうにかデータの復旧に成功しました。
とはいっても、画像データのいくつは壊れており、正常な表示ができません。
正直に白状しますと、実は一問多答の問題をいくつか携帯のカメラで撮影していました。そして、答えの番号をノートにメモしています。
画像の順番さえ分かれば、あとでクイズの答えを照らし合わせることができます。
しかし、今回のデータのクラッシュで、画像の順番がばらばらになってしまいました。もう答え合わせができません。
まあ、どちらにしても多答なんて覚えられないですけどね…。

戦績のメモは無事っぽいです。まだ全部見ていないのでなんとも言えませんが、QMA3での順位をすべて記録したメモが残っていたのは、何よりラッキーです。多答の問題はまた撮影すればいいですが、過去の記録は消えたら決して戻ることはないので。

今後は、メモリーカードのデータはすぐにパソコンに落として、バックアップを取るようにします。でもメモリーカードが壊れるように、パソコンのハードディスクもいつ飛ぶか分かりません。
今のところ、デスクトップパソコンの内蔵ディスクも、外付けのハードディスクも、ノートパソコンの内蔵ディスクもすべて順調に動いています。だけど、いつデータが消えるかは分かりません。デジタルな機械は、壊れる兆候すら見せない奴が多いので、実はすごく付き合いづらいものです。「壊れそうになったらそれとなく教えてくれる」というアナログ機械の特性は、もっと見直されてもいい気がします。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。