結婚披露パーティー

2005年11月 4日(金) 07:32 | 日記

学生時代の友人同士が、結婚しました。
その結婚式の二次会が、僕らの通った大学のある京都で行われたので、出席しました。

ケーキ入刀
いい具合にぼやけた写真の中央に移るのが花嫁さん。周りを取り囲むのは新郎や、会に出席した男性たちです。
二人は学生の頃から付き合っていたとのこと。10年の交際、そのうちのほとんどが遠距離恋愛という状況を乗り越えての結婚です。当時はまさか彼らが付き合っていたなんて知りませんでしたし、それが今まで続いていたということには本当にびっくりしました。

結婚する二人以外にも、大学時代の友人がたくさん集まりました。
僕は学部を卒業してすぐ社会人になったので、みんなとは6年半ぶりの再会です。
いわゆる一流企業に勤めている人、僕と同じように厳しい職場でがんばっている人、あるいは今も大学で学んでいる人。それぞれ行く道は違っても、その姿は以前と変わりません。
みんなも、そして僕自身も。
まるで学生時代にタイムスリップしたような感覚でした。

新しく花嫁になる女の子と、話す機会がありました。
「来てくれて、本当にうれしかった」

この6年半の間、僕はほとんどみんなと連絡を絶っていた状態でした。友人同士のメーリングリストで彼らの状況は窺い知ることができたのですが、僕の方からはあまり話を振らなかったので、大学卒業後の僕を知る人はほとんどいなかったはずです。
仕事の忙しさにかまけて、いろいろな人と音信不通状態になりました。そんな僕をこのようなおめでたい席に参加させていただいたこと、そして何より彼女が当時と変わらない笑顔で「うれしかった」と言ってくれたことが、僕にとってもすごくうれしかったし、この会に出席して本当によかったと思いました。

どうか、末永くお幸せに!

花

余談ですが、ここ3年の間、今回を含めて結婚パーティーに3回出ているんですが、偶然なことに3回とも結婚した人が同じ名字だったんですよね。
4回目があるとすれば...。実は今回の出席者で、彼らと同じ名字で独身の女性がいたのですが、次は彼女の番でしょうかね。楽しみにしてますよ(笑)。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。