9月の休暇に東北へ行った思い出(3)福島浜通り編

2018年1月 1日(月) 03:46 | 日記

タイムズカープラスの車をはるばる東京から仙台まで走らせて、2017年9月23日は東京へと帰る道のりです。1日めの栃木・会津編、2日めから3日めの昼にかけての山形・仙台編を経て、2泊3日の旅行の中で最も重い4時間あまりの話です。

亘理町から南相馬市までの風景

仙台宮城インターから、本来なら仙台南部道路経由で常磐道に入るべきところを間違えて東北道の方に入ってしまい、かなり内陸部の村田インターまで行ってしまいました。ここから海に向かって田舎道をひた走り、亘理町でようやく国道6号にたどり着きました。
しばらく走っていると、遠くに妙な建物を見つけました。
亘理駅
亘理駅の駅舎でした。郷土資料館と駅をドッキングさせたんだそうです。これは目立つ。
建物の中も気になりましたが、先を急ぎます。

宮城県の最南端、山元町。道沿いに「山元トレーニングセンター」の看板を見つけたので、左折して山道に入りました。
サラブレッドの生産で知られる社台グループが所有する競走馬を育成する施設。昔は競馬をよく見ていたので、名前だけは聞いたことがあります。近くまで行ってみたのですが、馬を見ることはできませんでした。
山元トレセン
福島県に入ってからは、国道6号線よりさらに海沿いの幹線道路を走りました。
南相馬市1
南相馬市の、東日本大震災で津波の被害にあった地域です。すべてが洗い流された地面を、重機で馴らしています。
南相馬市2
この地に風力発電所を建てるべく、建設が進んでいるようです。

太陽光発電のパネルもそこかしこで見かけました。建設中の場所、これから建設する場所も含めて、かなり広範囲で発電できるようにするようです。
太陽光発電1
太陽光発電2
太陽光発電3
国道6号線や海沿いの道では、下の写真のような、津波の被害を示す表示板がいたるところに見られました。
津波の表示
海沿いの道路はあらゆる場所で工事中や通行止めになっていて、何度も引き返したり迂回したりしました。復興までの道のりはまだまだ遠いようです。
工事中

福島第一原発と帰還困難地域

福島第一原発に近づくにつれて、国道沿いの風景はどんどん険しくなっていきます。
浪江町。ここのボウリング場も、震災前は普通に営業していたはずです。
ナミエボウル
国道6号から海の方に向かっていくと、津波の被害をまぬがれた家が建ち並んでいます。人はまばらでした。2017年3月31日にようやく避難指示が解除されて、戻れる人だけが戻ってきたようです。
浪江町
この写真のように、壊れたまま放置されている家も少なくありませんでした。
浪江町の墓地
海が近い高台には、新しい墓地がありました。ここで何が起きたかを想像すると、言葉を失います。
線量計
浪江町に入ったあたりから、そこらじゅうで線量計を見かけるようになりました。海に近い地域では放射線量は低くなっているようですが、浪江町の西部は現在も帰還困難地域に指定されています。

浪江町の南、双葉町は今もほぼ全域が帰還困難地域のままです。国道6号線もこの区間は車のみが通行できて、二輪車や自転車、歩行者は通れません。以下の写真が曇り気味なのは、窓を開けられないからです。
一般車両が走れるのは国道6号と常磐道だけ。すべての道路が、このように封鎖されています。一部の道路では防護服を着た係員が立っていて、許可された作業員や住民のみ通しているようです。
双葉町
双葉町の放射線量
放射線量も、浪江町と比べてずいぶん高くなっています。0.5マイクロシーベルト毎時という数値自体は許容範囲かもしれませんが、除染を優先させた場所でこれですから、国道から外れた地域ではいまだに危険な水準なんでしょうね。
大熊町
福島第一原発を抱える大熊町も、大部分が帰還困難地域です。国道6号沿いの店舗は当然ながら人が寄りつくことなく、このように荒れ放題になっています。
震災から6年が過ぎてもいまだにこんな場所があるなんて、実際に自分の目で見て、大きな衝撃を受けました。

原発事故からの復興を目指す街

国道6号線のうち、帰還困難地域に該当するのは13キロほど。大熊町から富岡町に入ってしばらくすると、二輪車や歩行者が通れないという縛りが解除されます。
その帰還困難地域との境界から南にほんの100メートルほどの場所に、飲食店の新規開店を祝う花を見つけました。
新規オープン
2011年3月11日から止まった時間が、ようやく動き出そうとしています。
富岡駅
常磐線の中でも海から至近距離の富岡駅は、津波の影響をもろに受けて、駅舎が破壊されてしまいました。そこから6年、ようやく新しい駅舎が完成しようとしています。
このほぼ1か月後に、富岡駅までの営業が再開されました。あとは、現在も帰還困難地域に指定されている浪江駅までの区間を残すのみです。
富岡駅のホテル
富岡駅前には新しいホテルも建てられました。
富岡駅周辺
駅の周りの家はほとんどが新築。津波による被害の大きさをうかがわせるとともに、この街をよみがえらせようという気概が見えます。近所にあるスーパーもにぎわっていました。徐々に生活が戻っています。

富岡町から南に12キロほど、楢葉町と広野町にJヴィレッジがあります。震災以降は長らく除染作業の拠点として使われていました。被災地の復興が進み、元のスポーツ施設としての機能を取り戻すべく、新しいサッカー場の建設が進められていました。2019年4月の完成を目指しているということです。
Jヴィレッジ
ここにも線量計がありました。0.14マイクロシーベルト毎時と、そこそこ低い値でした。
Jヴィレッジの線量計
今回の旅行はここまで。広野町のすぐ南のいわき市には、震災があった年の夏に行ったことがありました。当日の日記はこちら。

外泊 - フォーキー☆カーニバル

広野インターから常磐道に乗り、東京まで帰ります。土曜日なので渋滞もありましたが、カーシェアの60時間の期限に無事間に合いました。
観光らしい観光も、レジャーらしいレジャーもない地味な2泊3日でしたが、なかなか有意義な時間を過ごすことができました。記録すべき内容が多くて、日記に書くのがおっくうになるくらいに。

帰省中に見つけたそれはあかんやろという風景

2018年1月 4日(木) 00:31 | 日記

年末は12月29日から31日まで帰省していました。家庭でのことは特筆するようなできごとはなかったのですが、実家の近所を散策していたときに、とても珍しい光景を見かけたのでここに記録したいと思います。
応仁寺1
碧南市内のとあるお寺。境内の立て看板にポスターが貼ってあって、何やら告知をしています。
応仁寺2
市内の美術館で、ここのお寺と関係のある展示をやるみたいですね。ポスターの左に、雑誌か何かの記事をコピーしたものが貼られています。
応仁寺3
よく見てみると……。トンボが印刷されているではないですか。
トンボというのは印刷業界の用語で、ページの裁ち落としの位置を示すものです。出版業に携わってる人にとってはおなじみです。
応仁寺4
さらによく見てみると……。手書きの修正指示が入っています。なんですかこれ。

つまりこれ、雑誌に載せる原稿をお寺の関係者に確認してもらう段階で、修正を入れたものですね。おそらくは出版社側から色校正の紙が送られてきて、それを修正したうえでFAXかメールで出版社に送ったのでしょう。だから完成品の誌面には正しい内容が載っていると思われます。
お寺はその現物の誌面のページを切り抜いて貼ればいいものを、もったいないと思ったのか、手元にあった修正前の原稿をそのまま使っちゃったんでしょうね。
出版社に頼めば3冊くらい送ってくれそうなものなのに。もしかしたらPDF形式のデータをもらえたかもしれないのに。いくら出版業界の事情を知らないとはいえ、これはいただけない判断でした。

15年ぶりに買ったノートパソコン

2018年1月 9日(火) 22:45 | 日記

年末に実家へ行ったときにノートパソコンを持っていったのですが、それがとんでもない年代物でして、さすがに今後もこれを使い続けるわけにはいかないからと、意を決して新しいパソコンを買うことにしました。
それがこちら。
マウスコンピューター1
マウスコンピューター2
メーカーはマウスコンピューター。会社の名前は聞いたことがあったのですが、CMキャラクターとして乃木坂46を起用していることは恥ずかしながら知りませんでした。さすがメジャーなアイドルは活躍の場が広いですね。

これまでのノートパソコンは、2003年に買ったエプソンの「NT3000」というBTO(受注生産)の製品です。2003年といえばNegiccoが結成された年です。BTOなのである程度自由にスペックを選べるわけですが、当時使っていたデスクトップ型のパソコンのCPUがPentiun IIIで、それよりは高性能なものがほしかったのと、DVD-Rの書き込みができるマルチドライブが必須だったこともあって、希望に合うパーツを組み合わせていったらかなり高額になってしまいました。過去のメールを見てみたら、支払金額はなんと202,575円。送料と消費税を除いても18万円は楽に超えています。今だったらたぶん、かなり高性能なLet's Noteとか買えちゃう価格です。
それだけ無理をして買ったパソコンなので、それなりに長いこと使えていたのですが、2008年頃からデスクトップとの性能差が顕著になってきて、処理速度の遅さが気になり出したので、使う機会はどんどん減っていきました。最近ではテキストを書くために泊まりがけの旅行などに持って行ったり、年末に年賀状を印刷するときにプリンターが古いからパソコンも古くないと動かせず、やむなくノートパソコンを立ち上げたりするくらいでした。

こちらがその「NT3000」です。キーボードが白くなっている理由は後述します。
エプソン
当時と違ってデスクトップパソコンはじゅうぶん高性能だし、ノートを使う機会は限られているので、さすがに20万円どころか10万円も出すわけにはいきません。今回は安さを優先しました。
かといって性能が低すぎても困るので、メモリーは8GB積むことにして、重量と速度を重視してストレージはSSDにして、ディスプレイは横1366pxの11.6型としました。
以上のような条件で選んでいくと、選択肢はほとんどマウスコンピューターしかありませんでした。

マウスコンピューターもエプソンと同じくBTOで、ウェブサイトでパーツや周辺機器をある程度自由に選べるのですが、通販で買うと納期は月後半になるとのこと。別に入手を急がないのでそれでもよかったのですが、調べてみたら秋葉原に直売店があって、在庫があればすぐに買えるとのこと。テイクアウトなら数千円の送料もかかりません。自分が欲しいと思っていたスペックのノートの在庫がありそうだったので、さっそく行くことにしました。
その日は1月4日で、僕は同日から出勤でしたが、世間は正月休みの人も多かったので、秋葉原も人は少ないんだろうなと思っていたら、マウスコンピューターの直売店は意外と賑わっていて、僕以外にも2~3人の人がその場でパソコンを買っていきました。
ホームページの情報どおり、求めていたパソコンは在庫がありました。ついに15年ぶりに新しいノートパソコンを手に入れました。
スペックはこんな感じです。
マウスコンピューターのスペック
SSDの容量は222GB。重いソフトを入れたりデータをため込んだりしないので、これだけあればじゅうぶんです。
お値段は税抜きで52,900円でした。

さて、普通ならこれですぐパソコンを使い始めればいいのですが、僕にとっては重要かつめんどうな作業が残っています。
ここで、先ほど載せた古いノートパソコンのキーボードを拡大した写真を見ていただきます。
エプソンのキーボード
キーボードの上に、文字が書かれたシールが貼ってあります。これは「Dvorak配列」といって、世の圧倒的多数の人が使っているQWERTY配列とは異なるキーボードの配列です。
Dvorak配列のノートパソコンなんてどこにも売っていないので、ソフトウェアで配列を変更したうえで、こうしてシールでキーの位置を明示しているわけです。
なぜ僕がDvorak配列を使っているか、新しい配列に慣れるまでどれくらい苦労したかは以下の12年前の日記に書いているので割愛しますが、簡単に言うと、母音が左手の打ちやすい位置にあるから長時間タイピングしても手が疲れにくそうという理由です。

さようならQWERTY、こんにちはDvorak(2006年4月27日)
Dvorak奮闘記2日目(2006年4月28日)
Dvorak奮闘記4日目「本気です」(2006年4月30日)
Dvorak奮闘記5~7日目(2006年5月4日)
Dvorak奮闘記18日目「ようやく慣れてきた」(2006年5月15日)

いくら僕がDvorak配列歴12年とはいっても、キーの位置を完全に暗記しているわけではないので、これまでと同様にキーボードにシールを貼る必要があります。
まずは自作の配列表を印刷します。
配列表
これまでならじかにステッカーに印刷して、カッターナイフで切って貼っていたところですが、先のノートパソコンの写真を見て分かるように、一部のシールが摩擦で削れてしまっています。
これを避けるため、今回は「キーボードの上にキー配列を書いた紙を置き、それを透明なシールではさみ込む」という方法を取ることにしました。これならシールがえぐれることはありませんし、万一QWERTYに戻したくなったときもきれいにはがすことができます。
透明カバーフィルム
シールとして使ったのはこれ。通常は写真やラベルを保護する目的で使うものです。
ラベルを貼る作業
ただシールを貼るだけなら簡単なのに、今回はものすごい手間がかかります。透明なシールをはがし、そこに裏返しにしたキー配列のラベルを貼り、シールとラベルが一体となったものをキーに貼り付けていくという作業。2個のピンセットを使いながら、50個近いキーにていねいに貼り付けていきます。だいたい1時間くらいかかりました。
キーボード
ようやく完成しました。

完成したのですが、できてから気づいた大きな問題があります。
透明なシールがつるつる滑って、キーボードを打ちにくいのです。
元のプラスチックのキーや、じかに貼った紙のステッカーであれば、適度に表面がざらざらしているので指が滑らず打鍵しやすいのですが、シールだとどうにも摩擦係数が足りません。今回の日記をこのパソコンで書いたところ、左手が痛くなりました。手の大きさのわりにキーボードが小さいのに慣れないこともありますが、打鍵のときに滑ってしまう手を止めようとするときの負荷が積み重なった影響も大きいと思われます。
もし世の中に安くて表面の摩擦係数が高い透明シールがあるのなら、機会があれば貼り替えたいと思っています。

別の月の日記を見る