加川良という歌手のこと

2017年4月 6日(木) 00:21 | フォーク

加川良
年末から体調を崩して入院していたことを知らず、訃報に触れたときは本当に驚きました。
あの飄々とした歌いっぷりをもう見られないと思うとさびしいですが、残してくれた歌はずっと聴き続けたいし、歌い続けたいと思います。

加川良という名前を初めて知ったのは1993年、高校2年生の頃。吉田拓郎さんの楽曲に「加川良の手紙」というのがあって、それが最初でした。
その翌年には、NHKの「BSフォークソング大全集」というテレビ番組で、歌う良さんの姿を初めて見ました。「下宿屋」という曲でした。
僕がフォークソングにのめり込んだ大学1年の冬、1996年2月頃に「教訓」というアルバムを手に取って、そこで初めて加川良さんの曲に本格的に触れました。「教訓I」の詞は衝撃的でした。最初はあの独特の語尾を伸ばす歌い方がなじまなかったけど、だんだん歌い方も含めて好きになりました。
3枚めのアルバム「やぁ。」は当時CD化されていなかったのですが、たまたま立ち寄った大津のパルコでレコードを見つけて、カセットテープにダビングして聴きました。「フォーク・シンガー」という曲はなかなか強烈でした。
冒頭の写真はそのときのレコードと、手元にある良さんのCDとレコードです。「幻のフォークライブ傑作集 加川良ライブ中津川フォークジャンボリー'71」は新宿のディスクユニオンで買ったものですが、今もCD化されていないようです。

ライブを初めて見たのはかなり遅くて、確か2006年の祝春一番。豊中の服部緑地の野外ステージでした。テレビでしか見たことがなかった加川良さんはとてもかっこよくて、歌声も素敵でした。

いつだったか忘れましたが、春一番のステージで「戦争しましょう」という曲を歌っていました。別の年には有山じゅんじさんや坂田明さんも歌っていたのですが、本人が歌ったのは、2014年だったか15年だったか。日本の国家権力がおかしくなってきた時期に良さんが歌ったあの曲が、昔懐かしい反戦歌ではなく、今の政権を風刺するような曲に聞こえたのをよく覚えています。

今日の帰りには「駒沢あたりで」というアルバムを聴いていました。70年代後半の、力が抜けた感じの曲と歌声も好きです。

今年の春一番には加川良さんはいないけど、良さんが残した歌を、良さんの仲間たちとともに、心の中でいっしょに歌いたいと思います。

別の月の日記を見る