アイドリング!!!の武道館ライブを13時間後に控えて

2015年10月 5日(月) 03:40 | アイドル

最近のアイドリング!!!を見に行った記録。

●8月13日 お台場夢大陸マイナビステージ

アイドリング!!!として最後の夏のイベントなので、一度は行っておこうと思って夏休みの初日に見に行きました。
メンバーは朝日さん、橘さん、倉田さん、石田さん、ミケーラさん。いつもどおりの楽しいライブでしたが、同じ日に夢大陸のステージで乃木坂46のライブがあったようで、乃木坂のファンも見に来ていました。朝日さんと能條さんが友達だということは乃木坂のファンもみんな知っているようです。
DVDを買ったので個別握手会にも行けたし、最後だから倉田さんと話してみようとも思ったのですが、迷った末に断念しました。自分にとって、アイドルは「会話をする対象」ではないと思ったので。というより単に極度の人見知りだから、アイドルを目の前にしたらまともに話せないというだけですが。
そのあと、マイナビステージの近くのショップで酒井さんと橘さんの一日店長の様子を遠くから眺めていました。酒井さんがお客さんをいじってる姿が遠くからでもわかりました。
同じ日にはダイバーシティ東京のガンダムのところでさんみゅ~のリリイベもあって、やっぱ綾菜ちゃんかわいいなと思ったけど山内遥さんも負けないくらいかわいい。

●8月16日 NEO from アイドリング!!!ワンマンライブ

最初で最後のNEOのツアー。大阪公演の会場は梅田Zeelaというわりかし新しいライブハウス。壁の寄せ書きにいろんなミュージシャンの名前がある中で、唯一アイドルとして名前を見つけたのが、2月にコラボをした盟友のDoll☆Elementsでした。
メジャーなアイドルのステージにしては小さな箱でしたが、そのぶん近くで見られたし、何よりこの日のパフォーマンスはこれまで見てきた中でいちばんよかった。「NEOというアイドルがいたこと」をファンの脳裏に焼き付けようという、5人の本気の気持ちが伝わってきました。まだ東京公演を残していることもあり、悲壮感もなく、楽しいライブでした。
ライブ後にはアルバムを買った人を対象とした握手会がありました。大阪ではNEOとして最後のライブということで、プロデューサーの神原さんが出迎えていました。
東京公演が行われた8月29日は@JAM EXPOと日程がかぶっていて、先に@JAMのチケットを買っていたので断念しました。こちらのライブには元メンバーの後藤さんもひさびさに見に来たそうで、メンバーのブログで後藤さんの元気そうな姿を見られたのはうれしかった。さらにDoll☆Elementsの5人も来ていました。どるえれのメンバーは最近だと瑠果ちゃんの誕生日にTwitterでお祝いメッセージを送っていたりして、あいかわらず良好な関係なようで、ファンとしてはうれしいです。フジテレビとドリーミュージックの間でNEOがどるえれの姉妹グループとして再出発する段取りがついてたりしたらうれしいのですが。

●9月13日 ベストアルバムリリースイベント

アイドリング!!!としては最後のCDとなる「SINGLE COLLECTIONグ!!!」。そのリリースイベントの最終日の舞台はダイバーシティ東京でした。
メンバーはこれが最後だというのに、これまでのリリイベと変わらず、一般のお客さんにアイドリング!!!のことをアピールしていました。
今まで見たリリイベの中でいちばんお客さんが多かった。ざっと見た感じ、1000人以上いたと思います。現場の雰囲気はリリイベではなくワンマンライブのようで、最後には別れを惜しむファンからアンコールがわき起こりました。それに応えて、この日歌う予定がなかった「サマーライオン」を歌うアイドリング!!!。アンコールがかかったとき、何人かのメンバーが裏で泣いていたそうです。
最後の一斉握手会。古橋さんの人なつっこさと高橋さんの圧倒的なかわいさ、大川さんの顔の小ささを間近に感じるのはもしかしたらこれで最後かもしれません。三宅さんがつらそうにしていたのが気になりましたが、握手会を一時抜けたりしていて、やはり体調を崩していたようです。

●9月16日 渋はちライブ最終日第1部

ファン様クラブ先行の予約を忘れていて、一般販売でラスト渋はちのチケットを取ろうと思いましたが瞬殺でした。立ち見席の販売もやはり瞬殺。どうにか最終日の1部だけチケットを買えました。
この日のテーマは「渋はちの思い出の曲」。「Queen Bee」や「ボクラの庭」や「Forever Remember」などあまりライブではやらないレア曲が多く、なんか得した気分でした。
渋はちライブを見に行った回数は、20回はゆうに超えていると思います。同じ定期ライブのニコはちライブと比べると、カバー曲や実験的な企画が多く、メンバーのいろいろな個性を見せてくれたので、個人的にはすごく楽しめました。

●9月22日 舞台「見よ、飛行機の高く飛べるを」

シルバーウィークの5日間の公演のうち、4日めに当たる22日の昼公演を見に行きました。
設定が戦前の女子師範学校、テーマが「社会から押しつけられた『女らしさ』を拒絶し、女性のあるべき姿を模索する学生たち」ということで、メンバーも語っていたように「今の自分たちと共通するところがある」という内容でした。
僕も劇中のメンバーの姿を、現代のアイドルとファンの関係に重ね合わせながら見ていました。アイドル界における「旧来の女性観からの解放」、俗な言い方をすると「処女厨のヲタに媚びない姿勢」にアイドリング!!!が果たした役割は決して小さくないと思うし、劇中でメンバーが平塚らいてうの詩を読む姿が妙に頼もしく見えました。劇場が愛川欽也さんの作ったキンケロ・シアターで、演出がラサール石井さんというところも、個人的にはにやりとさせられるところです。
外岡さんと2期生4人の出番が多かったのですが、玉川さんの演技がなかなかよかったので、もっと見せ場を作ってほしかったと思いました。

もうすぐ日本武道館でのライブです。メンバーとリンガーが9年かかってようやくたどり着いた場所。最後にふさわしい楽しいライブを見せてほしいと思います。

日本武道館の舞台に立ったアイドリング!!!

2015年10月 6日(火) 08:40 | アイドル

日本武道館
最後にとてつもなく楽しい時間と、素敵な景色を僕たちにくれました。
アイドリング!!!を応援してきて本当によかった。

詳しい感想は時間がある時に書きます。たぶん。

別の月の日記を見る