菊地亜美というアイドルの才能とアイドリング!!!14thライブ夜公演

2014年12月 3日(水) 23:14 | アイドル

菊地亜美
歌はあんまりうまくないし、ダンスもそれほどうまくない。
アイドルにしてはとびっきりかわいいというわけでもない。
笑いのセンスが高いわけでもない。
そのうえ、つらいことがあるとすぐ泣いてしまう繊細でネガティブな性格。
菊地亜美というアイドルのすごいところは、アイドルとしてはマイナスになるこれらの要素をすべて前向きなモチベーションに変えて、努力を続けられること。ほかのほとんどのアイドルが持っていない、特別な才能です。

これは簡単に真似できることではありません。たいていの人はどこかで妥協するか、挫折するかのどちらか。でも菊地さんは、唯一にして最大の才能である「前に出る力」を突破口にして、2011年秋に事務所のプッシュを得てからはまたたく間に地上波のバラエティ番組に出まくるようになりました。同じようにバラエティ番組に頻繁に出られるアイドルが、菊地さん以外は片手で数えられるくらいしかいないという現実が、菊地さんがいかに特別な存在であるかを物語っています。
14thライブ
2014年11月24日。東京・渋谷のNHKホールで、アイドリング!!!14thライブの夜公演として開催された菊地さんの卒業ライブ。昼公演ではずっと笑ってたメンバーが、ときおり涙をこらえながら、そして涙を流しながら歌っていました。
ここ半年くらいで仲良くなれたという、2年後輩で4つ年下の尾島さんがいちばん泣いてた。尾島さんは気を許した相手にはどこまでもやさしい人だから、その涙の意味を思ったら、自分も胸が熱くなりました。
尾島知佳
SMAPの27時間テレビと40分ノンストップメドレーに感化されて企画した、30時間生放送と50分メドレー。こんなふうに自らの卒業ライブをネタとして使えるのも、アイドルとしては王道ではない菊地さんだから。「お金を払って来てくれたファンのために、ライブには万全の体調でのぞむべき」という意見もありましたが、菊地さんは「バラエティアイドル菊地亜美」としての自我を貫くことを選びました。
疲れてないはずがないのに、菊地さんは生放送もメドレーも最後までやり切った。卒業ライブだから、普段はほとんどないソロパートもたくさんあったけど、「あみみってこんなに歌えるんだ」と驚くほどうまく歌えてた。
菊地さんがキーボードを演奏した「想いの詩」や、NEOに混じって歌った「mero mero」も、きっちりとリハーサルを積まないとできないこと。最後のライブに賭ける強い思いが伝わってきました。

ライブの最後で三宅さんが語っていたように、菊地さんはいつでも芸能界で成功することを考え、努力していました。「どうしたら番組に使ってもらえるのか」「どんなコメントがオンエアされるのか」を常に研究していました。
菊地さんのネガティブな性格は、裏を返せば「認められたい」という思いが人一倍強いということ。その性格が地道な努力を続けるモチベーションになった一方で、ほかのメンバーとの温度差が生じた原因にもなったように思います。

たぶんメンバーはみんな知っていました。菊地さんの「成功したい」という強烈な思いとそのための努力は、自分にはとても真似できないということを。だから菊地さんのことはみんなすごいとは思っていても、「あみみさんのようになりたい」とは思えなかった。
一方の菊地さんは、自身の特殊な才能を過小評価しているところがあったように思います。「自分はほかの子と比べて歌も下手だしそんなにかわいくない、でも努力でテレビに出られるようになった。だからみんなも努力すれば成功できるはず」という思いがあり、一方では自身のネガティブさゆえに、「努力で成功した自分」を目標としてくれない後輩たちに対していら立ちに似た感情もあったのかもしれません。
2013年夏にラジオ番組で高橋さんをディスって、「前に出る」という気持ちを前面に出しているところが菊地さんとオーバーラップするNEO期のメンバーを持ち上げたのは、そういう気持ちの表れだと個人的に理解しています。いくらテレビで活躍しても、繊細な性格は簡単には変えられません。
5期生
でもたぶん、菊地さん自身もいろんな経験を積み、いろんな人と触れ合う中で、「努力できる才能」が自分にだけ備わった特殊なものであることを徐々に実感したんだと思います。
ほかのアイドリング!!!のメンバーも、菊地さんとは別の方法でそれぞれの個性を発揮して、それぞれの方向に成長しています。これまで菊地さんはがむしゃらに努力してきたぶん「自分のやり方こそが絶対」という思いが強かったのが、タレントとして一定の成功をおさめてある程度心に余裕が出てきたのと、グループからの卒業を決めたことで、今まで見えなかったメンバーの魅力に対して客観的に向き合えるようになったのではないかと思います。
ライブの最後にメンバーから菊地さんへメッセージを送るときに、5期生の代表が高橋さんだったことで、過去のいきさつを知っているファンからは驚きの声が上がりました。この1年、ふたりの間で何があったかは、それぞれの言葉から想像するしかありませんが、菊地さんが人間的にひとまわり大きくなったことを感じた時間でした。

努力は誰にでもできるわけじゃないけれど、目に見える努力をした人だけが偉いわけでもない。特にアイドルという職業においては、生まれ持った容姿、最近では人柄までもが評価対象にされてしまう。そこを「繊細さとネガティブさを逆手に取った努力と研究、そして前に出る貪欲さ」で一点突破した菊地亜美というアイドルは、やっぱりほかのアイドルには簡単に真似できない、特別な才能を持つ存在だと思うわけです。
一方で、そうした「アイドルとしては王道といえないアプローチ」をも包括し、その魅力を最も有効な方法でテレビやライブで伝えられるアイドリング!!!という枠組み、そして菊地さんに負けないくらいどぎつい個性を持つメンバーの存在も、菊地さんにとっては間違いなく追い風になっていました。
2期生
菊地さんがアイドリング!!!を去って1週間以上が経ちます。その間にもアイドリング!!!は、次の新曲に向けた活動を展開しています。ファンにとっては、同期である2期生5人のチームワークとトーク力は頼もしいものの、ただひとり知名度が浸透していたメンバーが去り、グループの今後については自分も心配しています。
以前にこの日記で「アイドリング!!!の菊地亜美からの卒業」と書きましたが、いろんなアイドルがデビューして、CDの売り上げやライブの動員ではアイドリング!!!を追い越したグループもいる中で、個人的には「どんな場所でも必ず盛り上げるトーク力」「どんな話題でも拾い上げて笑いにつなげるチームワーク」という特殊能力は、菊地さんがいなくなった今でも抜きんでていると思っているので、そういうところにもっと光が当たるようになれば、未来は明るいと思います。
ティッシュ
余談ですが、夜公演が始まる前のNHKホールの外で、アイドリング!!!のファンに対してポケットティッシュを配っている女の子がいました。顔を見たら、なんとベイビーレイズの林愛夏さんでした。すぐそばにはりおトンこと渡邊璃生さんがいて、会場のいちばん近くでは高見さんが、ひときわ大きな声で通行人を呼びかけていました。大矢さんも傳谷さんもいました。
ベイビーレイズがデビューしたのは2012年。メンバー5人は菊地さんの事務所の後輩です。高見さんと大矢さんはアイドリング!!!の5期候補生でした。デビュー以来最大の目標にしてきた武道館でのワンマンライブがもうすぐ行われます。武道館を埋めるために、寒い中をティッシュ配りに励んでいました。
もしかしたらAKB1強になっていたかもしれない10年代のアイドルシーンに「いろんなタイプのアイドルがいる楽しさ」を教えてくれたのがアイドリング!!!であり、菊地さんでした。ベイビーレイズががんばっているのを見て、菊地さんがアイドリング!!!を飛び越えて、アイドル界全体にさまざまな影響を与えてきた足跡に、ファンとしてちょっと誇らしい気分になりました。

清久レイアさん、突然のお別れ

2014年12月23日(火) 03:18 | アイドル

きのうはNEOとDoll☆Elementsのツーマンライブを見に行って、ライブの中身もよかったしコラボ曲のリリースというサプライズもあったし、ライブのあとには一斉握手会もあって、とても楽しい時間を過ごしたので、ひさびさに日記を更新しようと思ったら、今日の夜遅くにとんでもないニュースが飛び込んできて、今も胸がざわざわしています。
141222idoling.jpg
30号清久レイアさん、アイドリング!!!卒業と芸能界引退。
何の前触れもなく、突然の発表でした。

12月の渋はちライブとニコはちライブを休んだのは、体調を崩したせいだと思っていました。実際に12月頭の個別握手会では、声が出なくなって筆談で対応していたということです。
12月14日のニコはちでは、本来ならレイアちゃんが参加するはずだったニコはちアンケートに朝日さんが出て、レイアちゃんの見せ場になるはずだったソロパートを朝日さんが歌っていました。事務所の先輩の河村さんがそう言っていました。9日後にこういう辞め方をすることをメンバーが知っていたら、レイアちゃんのことは気軽に話題に出せなかったはずです。
ニコはちのあとのニコニコ生放送でも、同じく事務所の先輩のルリカさんが、いつものようにレイアちゃんの遅刻ぐせを豪快にディスっていました。
19日の番組収録にはレイアちゃんは参加しなかったそうですが、メンバーが卒業のことを知ったのはこのときではないかと想像します。

今日は新曲「ユキウサギ」をフラゲしてきました。もちろんジャケットにはレイアちゃんも写っていますし、レコーディングにも参加しています。
個人では2015年のカレンダーを発売していて、イベントも開催しました。
アイドリング!!!と芸能界を辞めることが決まったのは、本当に急なことだったように見えます。

2年前にも同じようなことがありました。

アイドリング!!!の野元愛さんが卒業

こういう悲しい別れはこれで最後であってほしかったのに。

レイアちゃんはブログで、マネージャーに対する不満が芸能界を辞める理由だと語っています。
事務所にとってネガティブな情報をそのままブログに載せてしまう事務所の意図がどこにあるのか。実はもっとやばい事情があって、それを隠すためにあえてマネージャーが泥をかぶっているのか。考えても答えが出るわけではありませんが、複雑な家庭環境など芸能活動とは別のところでいろいろあって、そのへんで本人と家族と事務所の気持ちがばらばらになったのかもしれないし、なんにせよ15歳でいろいろなものを背負わされて、外からはうかがいしれないほどつらかったんでしょうね。とてもアイドルを続けられるような環境ではない、そう自分で判断したのかもしれません。

アイドリング!!!でのレイアちゃんは、確かに目立つメンバーではありませんでした。
笑いのツボがほかのメンバーと違ってた。「観客や視聴者を正しく笑わせる」ということができなかった。バラエティ番組を主戦場とするアイドリング!!!にとっては、かなり大きなハンディでした。
その一方で、ライブではかなり歌えるようになった。声は幼い感じだけど安定してきたし、ほかの5期生と違って歌詞が飛んだり間違えたりしたところを見た記憶がない。歌に対しては人一倍真剣に取り組んでいた気がします。

同じ最年少の瑠果ちゃんとともに、来年4月には高校生になって、これからどう成長していくか楽しみだったのに、こういう形で別れることになるのは本当に残念です。
本人も、アイドリング!!!の活動そのものが嫌になったわけじゃないと思います。ファンとしてはそう信じたいところです。
おそらくは本人の望まない形で、アイドルとしての活動にいったん区切りをつけることになりましたが、背負わされた運命に押しつぶされることなく、どんな形でもいいから幸せをつかんでほしいと思います。

大事件直後のアイドリング!!!のリリースイベント

2014年12月24日(水) 01:44 | アイドル

ラゾーナ川崎
ラゾーナ川崎は、9月のNEOのリリースイベント以来です。
きのうあんなことがあったばかりだから、メンバーの様子が気になっていました。
玉川さんや高橋さんのブログによれば、メンバーもファンと同じタイミングで知らされたとのこと。直前までいろいろ調整していたけれど、事態が悪い方に進展してしまい、年末を待たずして事務所との契約を切らなければならないほどの状況になった、ということでしょうか。
もちろん、メンバーはライブや収録を休んだ以外に何かしらの異変は感じていたでしょうし、その背景にあるいろいろな問題もまるっきり知らなかったわけではないと思いますが、だからといってあのタイミングで、ああいうやり方で清久さんの卒業を告げられるなんて、誰も予想していなかったはずです。
あとで知ったのですが、リリースイベントの1部のリハーサルでは、佐藤麗奈さんが「ユキウサギ」のミュージックビデオに映るレイアちゃんを見て泣いてしまったそうです。自分もその場にいて、ずっと浮かない表情をしていたのは気になっていましたが、涙には気づきませんでした。

13時を少し回って、リリイベ本番が始まりました。最新シングルのタイトル曲「ユキウサギ」を歌い終えたあと、外岡さんが清久さんの卒業について口を開きました。「学業を優先」という理由。本人が決めたことだから、前向きに送り出してほしいとファンに対して語りかけていました。そう言いながらもみんな不安げな表情。釈然としないのはメンバーも同じです。
高橋さんと古橋さんがインフルエンザにかかり、清久さんが突然グループからいなくなるという非常事態。リリイベ1部はいつものにぎやかさは影を潜めていた感じでした。
30分のライブを終えたあと、握手会の始まりを待つ玉川さんが、正面のモニターを見ながらさびしそうな表情を浮かべていました。リピートされるミュージックビデオには、ついこの間までいつも隣にいたメンバーが笑っていました。

1部の握手会は橘さんが体調不良で欠席しました。16時から始まった2部は、1部と違ってアイドリングらしい楽しいトークを聞かせてくれたけど、やっぱりどこかいつもよりおとなしい印象。楓ちゃんも体調を崩してリタイアして、今日が22歳の誕生日だった橘さんも声と表情がつらそうでした。あとで本人からもブログなどで説明があったのですが、「人の動きに酔ってしまう症状」のために、握手会はしばらく出られないとのことです。
アイドリング!!!は毎年のように年末年始は野外でリリイベやイベントをしていますが、こんなに体調を崩すメンバーが続出したのは初めてだと思います。特に今年は精神的にもきつい事件が起きたので、このままリリイベを日曜日までやり切れるかが心配です。

今回は一斉握手会に参加せず、ライブを見ただけでした。
本当なら、長野さんのアイドルぶったツインテールがわざとらしくて笑えたとか、1期生2人が歌うカップリング曲「HoRoRi」では最近急に歌唱力がレベルアップした横山さんの美声を生で聴けてよかったとか、「粉雪が舞う街並みで」の河村さんの落ちサビは一般の買い物客の心に刺さるほどのすばらしさだったとか、そういうポジティブなことだけ書きたかったのですが、とにかく心配なことばかりが続いているので、今はただ、レイアちゃんを含むメンバーみんながいい気持ちで年を越せることを願うだけです。

アイドリング!!!のリリースイベント最終日と長野さんの卒業

2014年12月31日(水) 23:56 | アイドル

ダイバーシティ東京
12月28日。年の最後にアイドリング!!!のライブと一斉握手会を楽しもうと思ったら、その場で長野さんが来年3月にアイドリング!!!を卒業することを発表しました。

この日のリリースイベントは、ダイバーシティ東京で13時と16時の2回行われました。それぞれ新曲「ユキウサギ」とそのカップリング曲を中心に5曲を歌い、終了後は一斉握手会という構成です。
23日の川崎ラゾーナのリリイベにインフルエンザで出られなかった高橋さんと古橋さんが復帰したり、13時のリリイベの最後には来年3月に6枚めのアルバムを出すことを発表したりと、ファンにとってはつい6日前の悲しさを少しは吹き飛ばしてくれる明るいできごとが続いたのですが、最後の最後でさびしい発表がありました。
長野さんは自身が3月28日のライブで卒業すること、声優になりたいという夢を、しっかりと語りました。

新しいアルバムが出ると聞いたときは、これで少なくとも春までは今までどおりの活動が続くと思って安心したと同時に、アルバムが出たあとのタイミングで1期生か2期生の年長メンバーが卒業するんだろうなと漠然と思っていたのですが、長野さんの卒業はまるっきり想像していなかったので、声を失いました。
去年あたりから目に見えてかわいさが増してきて、本人も開き直ってアイドルを思いっきり演じるようになり、そんなタイミングで出た新曲「ユキウサギ」では堂々とセンターポジションを張り、そのツインテールと困り顔を前面に押し出すあざとさをこれからも楽しませてくれると思ってたのに。
アイドリング!!!に加入して6年半以上経った今がいちばんいいときで、これからアイドルとしてもっとかわいくなると思ってたのに。

握手会の告知をする朝日さんも泣いていました。ファンも泣いていました。
残念ですが、1週間前の清久さんの卒業と違って、本人が自分の意志で決めたこと。アイドリング!!!を去るさびしさより、これまで6年以上にわたって僕らを楽しませてくれたことに感謝します。
あと3か月、長野さんのぶりぶりなアイドル姿を最後まで楽しみたいと思います。

最後にリリイベの感想。
病み上がりの高橋さん、昼のライブではちょっと顔がむくんだ感じだったけど、髪の色を明るめにしたこともあり、かわいくなっていました。
18歳以下のメンバーによる「恋のプレゼンター」はここが初披露。こちらも「Wing」と同じく、今のアイドル界の流行に乗った早いテンポの曲で、これからのライブで盛り上げてくれそうです。
握手会はいちばん最後のライブのあとにだけ参加しました。間近で見ると、やっぱりみんなアイドルです。顔がちっちゃくてかわいかった。
ただ、これまで何度か一斉握手会には参加してるんですけど、いまだにすごく不思議な感覚になるんですよね。自分にとってアイドルはあくまで「演者」であり、舞台の向こう側の人だという意識が強いせいか、握手してる手が自分のものじゃないみたいというか。そのせいか、いつも握手の瞬間をあまりよく覚えていません。もったいない感じです。

別の月の日記を見る