F1日本グランプリの事故

2014年10月 6日(月) 01:37 | スポーツ

何が起きたのかわかりませんでした。実況席にも情報が入っていなかったので、視聴者が分かるはずがありません。
F1日本GP1
こちらはフジテレビNEXTの生放送の映像(国際映像なので、全世界に同じ映像が流れています)。スーティルの単独クラッシュのあと、クレーン車で壊れたマシンを撤去しようとしているように見えますが、このときすでにビアンキのマシンがクレーン車に衝突していたようです。マーシャルの人たちが、何かを知らせるように両手を挙げています。
この時点では、実況でもビアンキのビの字も出ることなく、解説の川井さんは「暗くなるからもうセーフティカーは出ないだろう」と話していました。スーティルの事故の瞬間は映像でも流れましたが、確かにレースを止めなければならないほど深刻なものではありませんでした。

ところが、この直後にセーフティカーが出ました。メディカルカーもいっしょに走っていくという明らかな異常事態でしたが、実況席はそのことに少し触れただけで、関心はすぐに「誰がピットインしてタイヤ交換をするのか」に移りました。
上の画面が出てから2分24秒後、再び事故現場が映し出されたときにはすでにメディカルカーが到着していました。そのときも解説の今宮さんが状況をちらっと説明しただけ。2分以上前の段階ですでにクレーンにつり上げられていたスーティルのマシンが運び出されていないのは、よく考えたらおかしいのですが、誰もそこには突っ込みません。

さらに1分44秒後、突然マルシャのピットの様子が映し出されました。視聴者もF1公式サイトのライブタイミングなどでビアンキがリタイアしていたことは知っていたと思うので、このあたりで何かおかしいことに気づいた人は多いと思います。
その直後、三たび映し出された事故現場。実況席からはようやく、スーティルのマシンが撤去されないことへの疑問が呈されましたが、解説の川井さんは「マシンが電気的に危険な状態なのかもしれない」と、あくまで原因はスーティルとそのマシンにあるような言い方をしていました。
この時点で事故から5分近く経っていましたが、ビアンキの情報は放送席にもまるっきり伝わっていなかったようです。
F1日本GP2
テレビに映るのは4度めとなる事故現場。あとで見返してみたら、クレーン車の左側にマルシャのマシンのウイングを持ったマーシャルの姿を見つけました。中継では一瞬しか映らなかったので、リアルタイムでは気づきませんでした。
F1日本GP3
画面ではスーティルのマシンとクレーン車、メディカルカーくらいしか見えないのに、なぜかビアンキの名前。FIAが字幕を間違えたのかと思ったのですが、間違いではありませんでした。

このあとレースはセーフティカー先導で進み、その間も中継では深刻な顔をするマルシャのスタッフが何度か映されました。
46周めに赤旗が出され、日没が近いこともありレースは終了。ここに来てようやく、実況席が「ビアンキもリタイアしたけど何も情報が届いていない」ということに触れます。
10分前の大事故の情報が実況席に伝わってないなんて、長いことF1を見てきたけど初めてです。

事故から時間が経ち、現場の写真がニュースサイトに次々とアップされています。ドライバーを守るロールバーが吹っ飛んだマシン。一歩間違えたら、本当にたいへんなことになっていました。
ビアンキが手術を終えて集中治療室に移ったこと、意識は戻らないものの自力で呼吸していることが伝えられていますが、まだ安心できません。20年前のイモラでのラッツェンバーガーとセナ、11年前に同じ鈴鹿で帰らぬ人となった加藤大治郎のような姿は二度と見たくないので、ビアンキが元気な姿で戻ってくることを願います。

携帯電話が壊れた

2014年10月21日(火) 02:48 | 日記

最近の携帯電話はスマートフォン、スマホなんて言いましてね、これ一台あれば電話もできる、インターネットも見れる、ゲームもできる、音楽やテレビだって見れちゃうっていう。文明の進歩ってすごいですね。
で、あたしも2年前に買ったんですよスマートフォン。富士通のARROW A 101Fって機種です。最初はやっぱり操作に慣れるまで時間がかかったんですけど、慣れてきたら便利ですね。電車の中とかずっとインターネットを見たりしてまして、まあプライベートで電話やメールを使う機会がほとんどないのはさびしいもんですけど。

そのスマホを、いつものように会社で充電してたんですね。で、外出の用事があったから、スマホも持って行かなくっちゃってんで、USBケーブルをぷつっ、と抜いたんです。
携帯電話ってのは、ご存知のように充電してるときはちっちゃい明かりがついてまして、普通は充電してるケーブルを抜くと、明かりも消えるはずなんですけどね。
でも……消えないんです。赤い光が。
変だな-、おかしいなーって思って電源ボタンを押したら、画面は真っ暗なまま。
やだなー、こわいなーって思いながら、今度は電源ボタンを長押ししたんです。
3秒。5秒。10秒。
人差し指でボタンを押してずーっと待っても、スマホはしーんとしたまま動かない。

外出先から会社に戻って、すぐに近くの携帯ショップへ行ったんですが、店員さんにやっぱり壊れてるんじゃないか、でももしかしたら電池を替えたら動くかもしれないから試してみてはいかがかと言われて、あたしはこう言ったんです。
「そちらに替えの電池があったら、ここで試してもらっていいですか」
店員さんは後ろの棚を開けて、101Fの電池があるかどうか調べたんですけど、なかったんですね。
その後深夜に帰宅しまして、ちょうど自宅にスペアの電池があったから、最後の望みをかけて電池を交換してみたんですが、電源ボタンをずーっと押してもやっぱりスマホはしーんとしたまま。

このスマホは1999年の初代から数えて7代目の携帯なんですが、実は4代目も似たような壊れ方をしたんです。2005年の夏のことでした。いきなり電源が落ちて、二度とつかなくなった。そうすると困ったもので、過去のメールが全部消えてしまうわけです。
実はこの直前、2005年の春のことですが、過去のメールが全部消えてもいいやと思えるようなショッキングなできごとがありまして、だからメールが消えたこと自体はたいしてつらくはありませんでした。電話帳も別の場所に保存されていたから無事でした。
今回は、メールだけでなく電話帳ごと消えることになりそうですが、今のひとつ前、6代目の携帯のデータが残ってるんで、電話帳についてはそんなに困らないと思います。というのは、この2年間で新しく登録した電話番号とメアドなんてほとんどないですから。
メールも、もちろん中には友達が送ってくれたやつもありますけど、消えても特に困らないので、もうあきらめています。
とにかく、携帯電話がないといろいろ不便なもんで、明日になったら早めに新しい機種を買おうと思います。何が嫌かって、その新しいスマホをカスタマイズすることなんですね。どれだけ時間がかかる作業か。やだなー、こわいなー。

新しい携帯電話

2014年10月27日(月) 03:56 | 日記

304SH
先週の月曜の午後に携帯電話が壊れて、あまりに急だったので次の機種をどうしようか迷ったあげく、新しい電話を入手したのは水曜の午後でした。
まる二日間携帯電話が使えなくても何も困らなかったという現実が、現代人としてどうかと思いました。たいていの人はLINEとかSNSとかやってるから、1時間オフラインになっただけでも不安にかられたりしそうなものですが。まあ自分がそういう人間だってことを今さら隠すつもりはありません。

今回選んだのはシャープの304SHという機種。色はブラックです。壁紙は前の携帯と同じく、京都の東福寺というお寺で撮った写真にしました。
ここで、手元にある2005年以降の携帯電話を裏向きに並べてみます。
古い携帯電話
左が古い機種。青が富士通の101Fで、あとはすべてシャープ製です。
黄緑、ピンク、白、青からの黒。PASSPO☆で言うとさこてぃ、まこっちゃん、あいぽん、ゆっきぃからの黒。黒担当がいるアイドルグループってありましたっけ。調べたらいるみたいですけど、まったく知らないグループだったのでコメントに困ります。バランス的には赤か黄色かオレンジか紫に行きたいところですが、そんな色の携帯はちょっと持ちたくありません。
ところで前回シャープを選ばなかったのは、当時の社長が社員をリストラするときに「膿を出す」みたいなことを言ってて、自分も労働者としてむかついたからですが、当時の経営陣はすでにほとんど会社を去ったので、本当の膿が出たと判断して、今回はシャープにしました。ていうかソフトバンクのAndroidは、富士通が消えたからほとんどシャープ一択なんですよね。もうすぐXperiaが出るので状況は変わりそうですが。
携帯電話の厚さ
過去9年間で、携帯電話はどんどん薄くなっていきました。スマホ以前は折りたたみ型が主流だったから、そのぶん厚いのは仕方ないとしても、その折りたたみ型にしても、時代を経るごとに薄くなっていくのが技術の進歩です。
写真では見づらいので、実際の数値を調べてみました。

V603SH(2005年2月発売)…25mm
822SH(2007年11月発売)…18mm
943SH(2010年3月発売)…18.6mm
101F(2012年7月発売)…9.9mm
304SH(2014年5月発売)…9mm

機能などいろいろ違うので単純に比較できないところもあるけれど、V603SHから822SHでいきなり7mmも薄くなるのはすごい。スマホになってからも1mm近く薄くなっています。

そんなわけで、新しい携帯電話を買って4日ほど経ったわけですが、やっぱり新しい機種はいいですね。
たとえば、前の機種では対応してなかった4G。十分な回線速度があるので、Wi-Fiがなくても、自宅のNASに入ってる音楽ファイルや動画ファイルをリモートアクセスで再生できます。
ディスプレイは1920×1080ピクセルのフルハイビジョンなんですよね。スマホの小さな画面をここまでの高解像度にする需要はどれくらいあるんですかね。そのせいで筐体の横幅が大きくなって片手で操作しにくいし。個人的には1280×720くらいで十分な気がしますが、確かに画面はきれいです。

前回の日記に書いたとおり、これまで使っていた101Fは故障したため、キャリアメールはすべて消えてしまいました。ただ、電話帳はふたつ前に使っていた943SHの中に残っていたので、大部分は復元できました。
あとはスマホを快適に使えるようにカスタマイズするだけですが、新しい機種の操作に慣れるのに手いっぱいで、いまだに画面上には整理されていないアイコンが散らばっている状態です。とりあえず必要なアプリはインストールしたのですが、整理するのがたいへんです。
それと101Fを買ったときにも書いたのですが、メールを受信するときの着信音とバイブ機能を、どうあがいても「通常時は着信音のみ、マナーモード時はバイブのみ」にできないのはAndroidの仕様なんですかね。うまくいく設定方法があれば、どなたかぜひ教えていただきたいと思います。

別の月の日記を見る