「BiS解散」という現実の重さ

2014年7月 9日(水) 03:16 | アイドル

7月8日の横浜アリーナでの解散ライブ。
行きたかったけど、仕事の忙しさがピークを迎えていたため、無理でした。
あとになって「俺はBiSの最後のライブを生で見たんだぜ」と自慢できるというただそれだけのためであっても、行く価値はあると思っていました。

2012年のTIFで、当時の5人のメンバーを物販コーナーで見たときの「なんて華がないグループなんだろう」という強烈な印象。
でも楽曲は抜群にかっこよかった。
2013年の国技館ライブでは、何千人も入る箱で、この日を最後に脱退するメンバーがいた特別な日なのに、500人くらいの箱でやるのと変わらないクオリティのライブを演じてくれた。
でも楽曲は抜群にかっこよかった。

ライブの様子はネットの文字情報で追いかけていました。
MCなし、休憩もほとんどなし。歌だけの3時間。
あいかわらずダンスはキレがないんだろうし、すべて生歌なわけじゃないんだろうし。
でも楽曲は抜群にかっこいいんだろうし、研究員はいつものようにただ熱かったんだろうし。
その場にいられなかったのが、つくづく残念です。

なんとなく興味を持って、なんとなくはまって、なんならリンガーと研究員を兼任しようかと思ったこともありましたが、そうはなりませんでした。
だけど、BiSのとんがった楽曲ととんがった行動は、ずっと気になっていました。

最近はアイドルが国内のロックフェスに出演するのが珍しくないというか、フェス側が集客を見込んでわざわざアイドルを呼ぶような時代ですが、そうなったのはPerfumeの活躍があったからだけでなく、2011年頃からBiSのメンバーが自ら大小さまざまなフェスの運営に電話をかけて自らを売り込み、呼んでもらった現場でしっかりと爪痕を残してきたことも、要因のひとつに挙げていいのかもしれません。
ロックやパンクやノイズといった、ゼロ年代まではアイドルとは無縁だったジャンルのミュージシャンがアイドルと組むようになったのも、BiSの影響が少なからずあると思います。
BiSの活動を支えてきたのは「研究員」と呼ばれるファン。決して保守的や排他的にならず、メンバーとともにいろんな変化を飲み込みながら、いつでもステージを熱く盛り上げてきた研究員がいたから、ミュージシャンとのコラボも成り立ったと思います。
そんなBiS界隈を見て、「アイドルっておもしろいじゃん」と感じたJ-POPやロックのリスナー、あるいはミュージシャンがいて、いろんな人がアイドルに接近するようになり、アイドルブームは「楽曲の多様化」というこれまでにない方向への広がりを見せ始めました。

今まで四半世紀にわたってアイドルを眺めてきましたが、僕にとっては間違いなく今がいちばんおもしろいし、わくわくします。
この楽しい状況には、BiSの活動が少なからず寄与したと思います。
セールス的にそれほど芳しくなくても、過去、現在、未来のどのアイドルより深く、生々しい爪痕をアイドル界に残してきたアイドルが、3年あまりにわたる活動を終えました。
それほど推してきたアイドルじゃないのに、なんだろうこの喪失感は。
BiSそのものに対する気持ちというより、「アイドル界におけるBiSの役割」への無意識的な期待の大きさゆえの、それがなくなってしまう不安なのかもしれません。
BiSに代わる「わくわく」の種が、どこかで見つかればいいのですが。

めんどくささの個人差

2014年7月25日(金) 00:43 | 日記

先月末あたりから忙しさとめんどくささがいい具合にブレンドされた生活が続いていまして、日記の更新もずいぶんひさしぶりとなりました。僕は変わらず元気です。

めんどくささといえば、人がある行動を取るときに、その行動に対する精神的な負荷は、たぶん人によってかなり違う。
たとえば「ドアは開けたら必ず閉める」という行動。ある人はほとんど無意識にドアを閉めるだろうし、ある人は意識さえすれば苦もなくドアを閉められる。でも中には、ドアを閉める行為は苦痛を伴い、かなり強い動機づけをしないとできない人もいる。
この違いはおそらく生まれつきのもので、原因を本人の努力ややる気に帰するべきではないと考えます。

その場において必要とされる行動を誰かが怠ったとき、ついつい「なんでこんなこともできないのか」と憤ってしまい、さらには「この人はやる気がないに違いない」「自分はこの人に舐められている」などと相手の心理を決めつけてしまいがちです。
でも、それが成り立つのは「自分の常識」が万人に当てはまるという条件のもと。実際にはそんな現実はありませんし、自分の常識をやたらと他人にあてはめようとする人は間違いなく嫌われます。

自分にとっては取るに足らない行動でも、ある人にとっては極度にめんどくさく、大きなストレスを伴う場合があるということは覚えておきたいものです。
問題は、実際にそうした場面に遭遇したときの対処ですが、その行動が組織にとって必要なら、その人にとってストレスフルだろうがなんだろうが協力してもらうしかないと思います。その際には、相手を怠けているだの舐めてるだのと決めつけて責めたりせず、淡々と行動を促すのがいいんでしょうかね。

どうして急にこんなことを書きたくなったかといえば、こんなことを考えずにいられないような状況に出くわしたから。別にたいしたことでもないのですが、それが具体的に何なのかは伏せておきます。
自分の常識があてはまらない状況ってのは、実際けっこうなストレスになるんですよね。

ネットワークオーディオはこれからの分野なんですね

2014年7月28日(月) 21:47 | 日記

ずいぶん前から書きかけのままほったらかしていた話題。6月30日の日記の続きです。
RockDiskNext
ネットワークアンプ「A-K905NT」に続いて、NAS(ネットワークに接続するハードディスク)を買いました。
アイオーデータの「RockDiskNext」という機種。メーカーによれば、音楽の用途を意識して開発したNASということです。
DSDという形式のハイレゾ音源をDLNAで認識できるNASの中では、今のところこれがいちばん安いらしいので、このモデルにしました。今のところDSDのファイルなんてひとつも持ってないのですが。
自宅に届いたのは7月6日。買ったのはHDDなしのキットモデルで、お値段は9500円でした。中身にはWesternDisitalの3TBのハードディスクを入れました。

実際に使ってみると、3点ほど面倒なことがありました。
以下は、A-K905NTとRockDiskNextの組み合わせで起きることであり、別のネットワークアンプ、別のNASではおそらく状況が異なることをご留意ください。

1点め。認識しない音声ファイルがある。
AAC形式の音声ファイルは当然使えるのですが、拡張子によって認識しないものがありました。具体的には「m4a」は認識し、「3gp」「mp4」は認識されません。拡張子を「m4a」に変更すれば問題なく認識し、アンプで再生できました。
自宅ではソニーの「Media Go」というソフトでCDのリッピングを行っており、AAC形式だと拡張子は「mp4」になるので、アンプで使うためには、リッピングのあとでわざわざ拡張子を書き換える必要があるわけです。
MP3形式とFLAC形式、WAV形式は問題なく認識しました。

2点め。曲のシークに時間がかかる。
パソコンや携帯音楽プレイヤーでは当たり前のギャップレス再生ができない。ギャップレスどころか、曲と曲の間が5秒くらい空いてしまう。アルバムによっては曲が長いこと寸断されることになるので、間が抜けた感じになってしまう。
ある曲の再生中に、プレイリストの次の曲のデータを読み込むことは技術的に難しいことではない気がするのですが、実際にできてないってことは、簡単じゃないんでしょうね。

3点め。ディスプレイにアーティスト名が表示されない。
これは地味に痛い不具合です。
ネットワークアンプは、Wi-Fi経由でスマホの専用アプリでも操作できます。携帯音楽プレイヤーのように今流れている曲が画面に表示されるのですが、アートワークとアルバム名と曲名しか表示されず、本来あるべきアーティスト名が表示されない。ランダムで楽曲を流しているときなど、いちいちアルバム名や曲名を覚えていない曲のときに、それが誰の曲かわからないと微妙に困ることがあります。
ただ、うちで使っている別のNAS(アイオーデータのRECBOXシリーズ。普段はスカパープレミアムの録画に使用)に音楽データを入れて試したところ、そちらではアーティスト名が表示されました。A-K905NTとRockDiskNextという組み合わせの相性が悪いのでしょうか。もともとRockDiskNextはアーティスト名に関する不具合を抱えていたこともありましたし。次回のファームウェアの更新に期待したいと思います。

もちろん、悪い点ばかりではありません。ネットワークアンプとNASの組み合わせならではのメリットもあります。
気のせいかもしれませんが、192kbpsのAACファイルなのに、まるでCDのような高音質に聞こえました。少なくとも、同じ音声データをパソコンのサウンドカードから光ケーブルを介してアンプで音を鳴らすよりはずっといい音。高い買い物をしたことによる気のせいかもしれませんが。
もちろん、パソコンがオフの状態で音楽を聴けるのは大きな利点です。

ネットワークオーディオ自体が最近立ち上がったばかりの市場なので、どのようなアンプとNASとの組み合わせでも快適に使えるようになるまでしばらく時間がかかるのかもしれません。ただ、今のところネットワークアンプを求める層は限定的だし、ハイレゾ音源がCDやAACなどに取って代わる状況は今すぐには考えにくいので、急激な技術革新が期待しにくいのがもどかしいところです。
ギャップレス再生が当たり前になるのはあと2~3年後でしょうかね。去年の年末に買ったウォークマンですら、わずかとはいえギャップが生じる現状を考えると。

別の月の日記を見る