アイドリング!!!の異端ではなく正統だった渋はち5期生スペシャル

2014年5月 3日(土) 09:22 | アイドル


5期生だけでライブをやると聞いて、勝手にこんな想像をしていました。
他の期にはない5期生の特色は「ゆるさ」。近年のアイドリング!!!は激しい曲が多い中で、あえて「春色の空」や「苺牛乳」のようなゆったりめの曲でセットリストを組んで、5期生にしか出せない色を打ち出してくるのではないか。
ライブのあとは「ゆるさを否定してきたアイドリングの歴史における5期生の位置づけ」みたいなテーマで日記を書くところまで想像していました。

浅はかな想像はあっさり打ち砕かれました。
いつもおとなしく、あまり前に出てこない、おっとりした5期生の4人が、今のアイドリングの本流である激しい曲で勝負してきた。
奇をてらわない、まっすぐなライブ。
毎週のようにステージに立ち続けながら2年間を過ごしてきた5期生の実力を、正直言って僕は甘く見ていました。
いつもはこのステージで10人で歌う曲を、4人だけでやり切った。いつもは先輩たちの陰に隠れてしまいがちな4人の本当の力を、この日初めてファンに見せてくれました。

この日の衣裳は、2012年の東京アイドルフェスティバルで5期生だけでライブをやったときの、ピンクのチアガール風の衣裳。まだ取ってあったんですね。でもなぜかメンバーはそのことに一言も触れませんでした。最近ファンになった人は、今回のために特注したと思ったかもしれません。

5期生だけのライブもおととしのTIF以来。渋はちでは過去に2期生、3期生、4期生と順番にライブをやってきて、ようやく5期生にもその機会がやってきました。
今回のライブでたぶん誰よりも気合いが入っていた玉川さんは、偶然にも5期生ライブの日と同じ4月30日が17歳の誕生日でした。ライブの始まりから客席は祝賀ムードで、いつも泣いてばかりの玉川さんは感極まったりするのかなと思いましたが、意外にも最初から最後まで笑顔で歌いきりました。曲の間のトークでは石田さんや高橋さんから「仕事用の涙」なんて突っ込まれたりしていましたが、案外本当に涙をコントロールできるのかもしれません。

1曲めは「告白」。曲の前にサビのアカペラから入りましたが、音が外れ気味だったのは仕方のないところでしょうか。3期から5期は歌唱力や音感で選ばれたわけではないですから。
次はなんと高橋さんと石田さんのふたりで、大先輩の外岡さんと横山さんの持ち歌「4U」に挑戦。いつもは不安定な歌声の高橋さんが、横山さんのようにきりっとした声と表情で歌いきりました。
玉川さんと清久さんは、河村さんと酒井さんの持ち歌「あこがれアドレイション」。この曲は普段歌ってる人はアダルトだけど曲や歌詞は若いから、清久さんの子供歌唱もばっちりはまります。

直後のトーク。高橋さんと石田さんが「横山さんみたいに歌いたかった」みたいな話をしていたところに、玉川さんが「外岡さんは?」と突っ込んだところ、高橋さんは「外岡さんみたいに歌いたかったんですよ」と熱い手のひら返し。高橋さんも腹黒キャラをかなり使いこなせるようになってきました。
ゆるいイメージの5期生ですが、短いトークの中でもきちんと振りとボケと突っ込みを入れて笑いを取るところを見て、ほかの期と同じようにアイドリングの血が流れていることを再確認しました。
それでも清久さんだけはどこまでもマイペースで、テンションを上げすぎて声を裏返しながら「すごく楽しいです!」なんて言って、石田さんに「こんなに感情を出してるレイアちゃん初めて見た」と驚かれていました。

ここからはソロでのカバー曲が続きます。清久さんが歌ったのはhitomiさんの「LOVE2000」。清久さんは発声はお子ちゃまなんだけど、音とリズムはしっかり取れてるから安心して聴けます。この曲、アイドルの楽曲だと思って聴いても違和感がないですね。
昔エイベックスに所属していた石田さんは浜崎あゆみさんの曲。歌い方がいかにも浜崎さんを意識している感じでした。
高橋さんはmiwaさんの曲。そういえばこのふたり、雰囲気が少し似てるかも。テンポが遅めの曲だとやっぱり歌声が不安定になっちゃいます。

ここで玉川さんの誕生日を祝おうということで、渋はちでいつもギターを演奏してくれる関口Q太さんのエレキギターの伴奏に合わせてハッピーバースデーの歌。でもこの前もそうだったけど、ギターの音と歌のキーを合わせるのが難しい。あれ、たぶんキーはG#だと思います。Fにしたら合わせやすくなりそうですけどね。
そして玉川さんのソロは、前にもどこかで歌ったことのある、来夢という名前にちなんだ「ラムのラブソング」。玉川さんは音域が狭く、高音が苦手なんですけど、今回は以前に見たときよりずいぶんうまくなっていました。このときだけ番組の企画で着た特攻服を着ていました。

ここからは「MAMORE!!!」「Shine On」「One Up!!!」と、今のアイドリングを象徴する激しい曲が続きます。「MAMORE!!!」では、これまで遠藤さんがいるとき以外ほとんどやらなかったDメロでのハモりを、高橋さんと石田さんがばっちり決めてきました。さすが3回もリハーサルをしてライブに挑んだだけあります。
「One Up!!!」ではメンバーが客席に来てくれました。僕は2階席にいたのですが、玉川さんが僕のすぐそばまで来て、ハイタッチまでしてくれました。おじさんは感激です。急に玉川さんが来たので、タッチに失敗して手が微妙に触れただけになってしまいましたが。間近で見る玉川さんは細くてかわいいですね。
この曲のみQ太さんがギターで参加しました。いつもなら「よいしょよいしょ…」のかけ声がある間奏のところでギターソロを聴かせてくれるなど、いつも以上にヘビーなロック風味。普段の5期生のゆるいイメージとは対極です。

最後は、古いファンならみんな大好きな曲「Snow Celebration」。私たちもアイドリングを背負っているんだという5期生の気概を感じました。

最後のあいさつでは、さすがに玉川さんも涙をこらえられませんでした。一瞬マイクを離してうつむいて、涙をごまかすように「もうやだ…」とつぶやくシーンは、全国のお茶の間のらむたんファンにぜひお届けしたかった。レイアちゃんも変なテンションのまま感極まっていました。

5期生の本気と実力を見せた渋はちライブ。ここまでのものを見せてくれるとは正直思ってなかったので、本当に驚かされたし、5期生を見る目が変わりました。先輩といっしょのときは頼りなく見えるかもしれないけど、本当はすごいアイドルなんです。

TIF2014九十二前夜祭

2014年5月 3日(土) 10:17 | アイドル

きのうは渋谷のTSUTAYA O-EASTへ、東京アイドルフェスティバル2014のイベント「九十二前夜祭」を見に行きました。
昼にTIFについての記者発表会があり、そのあとでアイドル7組によるライブという流れ。僕が見に行ったのはライブだけでしたが、初めて見るグループも多く、とても楽しい時間でした。

まずはアイドリングNEO。新しめの曲を3曲歌いましたが、「突進少女」は聴くこと自体初めて。とにかくテンポが速い。アイドリング!!!の別働隊として、最近のアイドルソングの流行である「速さ」と「激しさ」に特化しているようです。ぜひファンが増えてほしい。

X21は、歌っているところを見るのは初めて。去年のTIFで、衣裳を着たメンバーが旗を先頭にぞろぞろ歩いていたのは見たのですが。個人仕事も多いセンターの吉本実憂さん、生で見るとやっぱりめちゃめちゃかわいいですね。そのほかにもオスカーらしい、彫りの深い美形の子が何人もいました。
楽曲は、前のアイドリングNEOと比べるとおとなしめの、正統派のアイドルソングといった感じでした。

風男塾は貫禄のステージ。芸歴が長いメンバーが多いこともあり、トークも安定してます。メンバーのきゃんち(武器屋桃太郎さん)は今年30歳ですよね確か。

続いては、こちらもライブは初めて見るDoll★Elements。このあとにはアップアップガールズ(仮)が控えていたのですが、アプガにも引けをとらないくらい盛り上がるハイクオリティな楽曲でした。ぶりぶりの衣裳も印象的でした・

Dorothy Little Happyは貫禄すら感じさせるステージ。1曲めから有名な「デモサヨナラ」を歌って他のアイドルのファンの心をがっちりつかんで、ハイレベルなボーカルとダンスで魅了する。アイドルファンなら高橋麻里さんの歌声を聞いて何も感じないはずがないし、富永美杜さんはすごくかわいい。

アップアップガールズ(仮)。僕がアプガのライブを初めて見たのが2012年のTIFで、曲とダンスの激しさとファンの熱さを見て「このグループは来る!」と確信したのですが、今も実力に人気が追いついていないように見えます。
アプガの楽曲はアイドルというより、クラブで踊るための曲。速く激しい曲とハロプロ仕込みのダンスに脳天を揺さぶられました。

アプガを見てすっかりテンションがおかしくなってしまい、こんな気持ちでどうやってアイドリング!!!を見ればいいんだよと思いましたが、実際にアイドリングが歌い始めると、すんなりとライブに入っていけました。やはり数の力は強いですね。きのうは全24人中17人がステージに立ったのですが、それだけですごい迫力があります。
トリを飾ったアイドリングは、やはりほかのグループのファンを意識してか、激しい曲ばかり選んできました。ほかのアイドルが3曲か4曲しか歌わないところを、TIFのホストの特権なのか5曲歌い、トークもそこそこ多め。アプガやドロシーのファンも楽しんでくれてたらいいのですが。

いろんなアイドルを一度に見られて、実に楽しいライブでした。3か月後のTIF本番が楽しみです。

今年も来ました大阪・春一番

2014年5月 3日(土) 10:58 | フォーク


5月の休みをここ服部緑地で過ごすのは、2006年からの恒例行事です。
今日から4日間開催される「祝春一番2014」。今年は初日のみ参加します。

家を出るのが遅くなったので、着くのが開演10分前とぎりぎりになってしまいました。開場と開演が同時なので、中に入れるのは最初に歌う人が3曲めあたりを歌っている頃でしょうか。
新幹線は指定席を取れなかったで、東京から名古屋まで立っていました。ちょっと疲れていますが、これから夜までいい音楽を楽しみたいと思います。

祝春一番初日、終演

2014年5月 3日(土) 19:30 | フォーク


今日の出演者は個人的に熱いラインナップだったので、とても満足できました。
出演者リストになかった朝野由彦さんが来たのには驚きました。70年代の春一番のCDに何曲か入っているのを聴いて、オリジナルアルバムまで買ったりしたのですが、最近また音楽活動を始められたそうで。今回は飛び入りで一曲だけ歌いました。
思いがけないサプライズ。4日間の日程のうち、今日を選んで本当によかった。

詳細な感想は後日書きたいと思います。

空きっ腹にホルモン

2014年5月 3日(土) 22:32 | 日記


遠出をしたときくらいしか食べないホルモン。1年前に大阪でライブを見たときと同じ店で、牛の小腸をがっつり食べました。
実はこれが今日初めての食事でした。朝あわてて家を出てあわてて新幹線に乗り、春一番が行われる服部緑地にぎりぎりに着いたので食べ物を買う時間すらなく、結果的に朝から夜まで水だけで過ごすことになってしまいました。

極度な空腹にホルモンをぶちこんだのがよくなかったのか、食べてから2時間くらい経ちますが、ちょっと胃がもたれています。
やっぱり規則正しい食生活は大事ですね。

9年間の孤独

2014年5月 4日(日) 23:47 | 日記


こういうところへ行ってひとりで酔っぱらうたび、いつまでこんなとこにひとりで来てるんだよと思うわけです。
まだアルコールが少し残ってるから勢いで書きますが、独り身になって何もないままもう9年が過ぎました。来年の春になったら10周年です。2005年当時の自分が未来の現実を知ったら絶望するだろうなぁ。
しらふのときはなんとも思わないけど、酔うとたまにさびしい気持ちになります。

新世界のとある串カツ屋さん。店の壁を見たら、ゆずのサインと写真がありました。
ゆずは僕と同じ学年で、まだ20歳だった頃にラジオで「なにもない」という曲を聴いて、同じ年なのにいい歌を歌うなぁと思ってなんだかうれしくなって、CDも買ったりしました。それからしばらくして「夏色」という曲が大ヒット、今や押しも押されもせぬ大物アーティストです。

ゆずの北川さんは高島彩さんと結婚したというのに、自分はといえば何のあてもなく今日まで生きてきました。僕とゆずを比較するなんておこがましいにもほどがありますが、自分がもし何の才能もなかったら、こうしてひとりで大阪までやって来て、3250円も払って生中と生大と肉とサラダを食べるくらいの余裕もなかったと思うので、何の取り柄もないってわけでもありません。
だから、僕も高島彩さんとはいいませんけど、誰か特定の人と仲良くなって、たまに遠くへ行っておいしいお酒でも飲めるような機会があってもよさそうなものです。でもそれがないってことは、僕が人としていろいろな問題を抱えているということです。それを嫌というほど自覚してるから、さびしがるのは酔っぱらったときだけ。いつもは現実と折り合いながら、特にさびしさを感じることなくひとりで過ごしています。
だけど、さびしさをモチベーションに出会いを繰り返している周りの人を見ると、しらふのときでもさびしさに敏感な感性がたまにうらやましくなったりもします。自分から動かないと、何も始まらないですからね。

アイドリング!!!後藤さん卒業のお知らせ

2014年5月11日(日) 00:54 | アイドル

今日のぽにきゃんアイドル倶楽部のライブで発表されたそうです。
自分はライブに行かず家にいたのですが、いつものようにネットを適当に見てたら「後藤郁が卒業を発表」というニュースが飛び込んできて、血液が逆流するくらいびっくりしました。
1年半前の野元さんのときと同じで何の前触れもなかったから、もちろん心の準備もできているわけはなく、ただ驚くことしかできませんでした。

でもしばらく経って、気持ちが落ち着いてきました。
アイドルのライブやイベントは「この子に会えるのは今日が最後かもしれない」と思ってのぞむべきだと野元さんの脱退で思い知ったので、後藤さんがいなくなるのは悲しいけど、これまで何回も近くで見てきたので、悔いはありません。
それに、卒業する6月7日までは1か月近くあります。卒業ライブはさっそく申し込みましたし、5月21日の渋はちライブのチケットもあわてて買いました。新曲のリリイベでも会えると思います。

2010年のデビュー当時から4年間見てきたアイドルがいなくなるのはさびしいことですが、4年も僕たちを楽しませてくれたことに対して感謝の気持ちしかありません。
後藤さんにとって決して向いているとはいえない芸能界を離れて、6月からは人の目を気にせず自由に生きていけるので、これまで我慢してきたぶん、これからの生活をめいっぱい楽しんでほしいと思います。

別の月の日記を見る