新年早々ジェットコースターのような銀相場

2014年1月 1日(水) 00:58 | 日記

明けましておめでとうございます。今年も「フォーキー☆カーニバル」をご愛顧のほど、よろしくお願いします。
銀CFD
日本時間では元日の0時台ですが、時差が14時間あるニューヨークは午前10時台。大晦日ですが金融市場は動いています。
こんな大晦日でも銀価格は動くんですね。
上の画像は、銀CFDの5月物の1分足です。日本時間の12月31日22時45分から、価格が急降下しています。1940ドルから、わずか5分ほどで1890ドルあたりまで落ちました(単位はドル/100トロイオンス)。割合で言うと2.6%ほどの下落です。ドル/円の為替で言うと、5分間で105円から102.3円まで下がるようなもの。いかにあり得ない下落かというのがわかります。
ちなみに、同じタイミングで金価格も下落したのですが、こちらはスポットで1196ドルから1186ドルへの下落(単位はドル/トロイオンス)。下落幅は0.84%と、銀に比べればかわいいものです。

たまに銀はこういう激しい動きをするので油断ならない奴なのですが、こういうときに備えて、1940ドルと1900ドルでそれぞれロングの注文を入れていました。今日の夜7時頃にはいったん1940に近づいて、約定するのかなと思ったら8時すぎに1960まで行って、また2000近くまでゆっくり戻っていくのかなと思っていたらまさかの急降下。1940どころか1900まで約定していました。
それで終わらなかったのが大晦日の相場。しばらくは1900付近でもみ合っていたのが、大暴落があったちょうど1時間後の23時45分あたりから上昇を始めました。そして日本時間の0時、ニューヨーク時間だと午前10時からのわずか3分そこそこで、今度は1925から1975への急騰。のんびりテレビを見ながら10分ほどチャートから目を離していたら、いきなり価格が上がっていてびっくりしました。
ここまでのジェットコースターはなかなか見られるものではありません。1975まで上がった直後にいったん1970を割ったのですが、ひとまず1940と1900のロングにそれぞれ1970で売り注文を出して、無事に約定。金額にして5万円強の利益が出ました。
今は再び1975ドルを超えて、さらに上を目指しているように見えます。実はずいぶん前に仕込んだ2120と2080というどうしようもないロングポジションもあるので、この勢いでそこまで上がってもらいたいものです。

とりあえず、新年早々いいお年玉をゲットできました。今年はなんだかいい一年になりそうです。

名古屋から

2014年1月 2日(木) 14:29 | 日記


今日は里帰りです。東京から新幹線で来ました。
お目当ての食べ物屋さんが開いてなかったり、開いててもめちゃめちゃな行列ができていたりしたので、名古屋駅から大須まで歩いたあげく食べるのをあきらめて、地下鉄名城線に乗り込んだところです。
名古屋の地下鉄も電波が入るんですね。

歩いた距離は3キロもないはずなのに、足の裏にタコができてしまう貧弱さが悲しいです。

救いってなんだろう

2014年1月 3日(金) 17:53 | 日記


きのう名古屋の久屋大通を歩いていたら、ひさびさに変なものを見ました。

写真のような黄色い立て札を持った若い男性が、交差点ごとにひとりずつ立っていました。総勢6人ぐらい。
男性はただ黙って立っているだけ。立て札に取り付けられた小さなスピーカーから、音声が延々と流れます。やれ神がどうだとか、キリストがどうだとか。説法でしょうか。中年男性っぽいナレーションですが、あの薄気味の悪い声は狙って出してるんですかね。
元締めはおそらく、たまに街で見かける「死後さばきにあう」とかの標語みたいなやつをプロデュースしている団体です。

黄色に黒という色づかいは道路標識でいうところの警戒標識と同じで、幅員減少とかつづら折りありとか横風注意とか同じように「よい子の諸君は警戒するんだぞ」というメッセージを暗に含んでいるように見えましたが、よく聞くとそんなに過激なことは言ってません。
それでも自分にとっては、世の中の気持ち悪さを5段階に分けたら間違いなく5になります。聖書を読んだことがある人でも4か3じゃないですかね。聖書の中でも気味の悪いエピソードばかりチョイスしているような気がするので。

特に違和感が大きかったのは、立て札を持つ男性がみんな幸せそうに見えないことです。なんていうか、暗い感じのファッションも含めて、左翼の過激派みたいでした。
これと近い雰囲気を感じたのは、今から14年ほど前に、ある雑誌の取材で大須のパソコンショップを回っていたときに、たまたま入った「APC」という店でした。そこだけ明らかに店員の雰囲気が違っていました。抜け殻というか、生気がないというか。もしかしたらと思って帰って調べてみたら、やっぱり旧オウム真理教が経営する店でした。

聖書の教えだかキリストの教えだか知らないけれど、その教えにどっぷり浸かっているはずの街頭に立つ若者たちが、あまり幸せそうに見えないのです。視点はどこか定まらない感じで、自信があるようでも自信がないようでもなく、感情そのものが薄いように見えました。
もちろんこれは僕が勝手にそう思いこんでるだけで、実際には彼らの心は自信と確信で満たされているのかもしれませんが。

救いってなんだろう。
世の中には自分の力じゃどうにもならないこと、理不尽なことがあり、世界から拒絶された気分になることがあります。その理不尽さと世界と自分の心を何かしらのもっともらしさで結びつけて、「神から承認欲求を得る」という仕掛けが、現代における宗教の役割だと思っています。

「(友達がいなくても)神は自分のことを見てくれている」

「(周りの人間が自分を見下していても)神を信じる自分は死後救われる」

そんな動機で宗教にすがる人を、僕は笑えません。
不遇な境遇を努力で克服できる人はいますが、克服できない人は努力が足りない怠け者とは限りません。世の中には努力すらままならない、真の弱者が一定の割合で存在します。
彼らが救いを求めるとき、不遇さを受け入れるストーリーを内包した宗教が選ばれるのも自然の流れかもしれません。
ただ、キリスト教や仏教といった伝統的な宗教は、ストーリーがそれほど現実離れしておらず、世界との齟齬も少ないから広く受け入れられやすい一方で、対象が広いぶん、得られる承認欲求はそれほど多くないかもしれません。一方、たとえばオウム真理教は教義や活動の極端さゆえに信者は強烈な承認を得られそうですが、彼らは信仰の果てに罪のない人を殺しました。
統一協会や、宗教とは違うけどネトウヨなんかもオウムに近い性質があると思います。元オウムの上祐氏もそのような発言をしていました。他人を見下し攻撃することで快楽を得るとともに、「人を傷つけることができる自分」という存在を悪の親玉に認めてもらうことで承認欲求を満たす。自分の「救い」のためにほかの人を犠牲にする、まさに悪としか呼べない存在です。こんな「救い」を僕は絶対に認めない。

立て札を持って繁華街に立っていた若者も、そこに自分の居場所がある、自分の存在を認めてくれる根拠があるから、そうしていたのでしょうか。彼らの教義の根底には選民思想みたいなものがありそうですが、少なくとも見た目はほかの人を攻撃しないし傷つけもしてないから、許容できます。
同世代の若者のように友達と遊んだり恋愛を楽しんだりできない悲しみを抱えながら、ようやく承認を得られた、居場所を見つけられた安堵を感じている。そんな感情があの表情に表れていたのでしょうか。
彼は、救われているのでしょうか?
救いを得るならもっといい方法がありそうな気がするのですが、その方法にアクセスできる人はたぶん恵まれた人です。
不幸な人がひとりでも多く救われるために、不幸でない僕らは何をすればいいのでしょうか?
すぐにできることといえば、かつてのオウムや今のネトウヨのような「間違った救い」から人々を遠ざけるように仕向けるくらいでしょうか。

なんでこんな日に事故が起きるかねえ

2014年1月 3日(金) 21:54 | 日記


新大阪発ののぞみは名古屋でおおむね1時間遅れ、博多発は2時間遅れです。午前中に起きた火災事故のせいです。
僕が買った指定席券は運の悪いことに博多発でした。とっくに発車時刻は過ぎています。このまま2時間遅れで来るとしたら、名古屋を出るのは11時すぎ。東京駅には1時近くに着くことになり、その時間にはもう在来線は終わっています。
だから指定席はあきらめて、別ののぞみで立って移動することにしました。

年が明けて、CFD投資で何万円か利益が出て喜んでいたところにこの仕打ち。やはり2014年もいいことばかりではないようです。

野元愛さんの復帰を祝う

2014年1月 5日(日) 22:49 | アイドル

元アイドリング!!!の野元愛さんが、大阪で行われた鉄道博というイベントで、元「ステーション♪」の三江彩花さんといっしょにライブやサイン会をしたそうです。
野元さんが公式なイベントで歌うのは、1年と1か月前のカプリコクイーン決定戦以来でしょうかね。
1月5日に野元さんが出ることをもっと早く知っておけば、実家へ行く日程をずらしたのに。むしろ東京からでも無理して行けばよかった。帰りの新幹線は立ちっぱなし確定だけど。
というのも野元さん、今回のイベントでアイドリングの楽曲を2曲歌ったそうなのです。
いくら以前に所属していたグループの持ち歌とはいえ、大きなイベントで勝手に歌えるはずがないので、アイドリング側の許可は取れていたはずです。野元さんとアイドリングの関係は決して悪いわけではないんですね。そのことを確認できてちょっと安心しました。それより、野元さんって歌があまりうまくなかったと思いますが、ちゃんとひとりで歌い切れたんですかね。
見に行った人の感想を見ると、まなちゃんはとても元気だったようで。アイドリングを辞める直前は自他ともにいろいろたいへんそうだったので、元気な姿を見せてくれてよかったです。
あー、やっぱり行けばよかった。

そしてなんと、6月にCDデビューをするそうで。
グループアイドルのメンバーや元メンバーがソロデビューって、AKB48を除けばそんなにいないし、アイドリングですら横山さんと遠藤さんだけなのに。2人組や3人組のユニットで曲を出した人はいたけれど。
しかも歌がうまいわけでもなければ、メンバーの中で飛び抜けて人気があったわけでもない。
これ、本当なんですかね。
もしかして、ものすごく大がかりなどっきり企画だったりしませんかね。
たとえばこういう感じ。

4月にツアーで難波のZeppに来たアイドリング。そこにゲストで呼ばれた野元さん。あらためて大きな舞台で芸能界復帰とソロデビューをファンに報告する。
「明日はひとりで初めてのレコーディングなんです! みなさん応援してください! それでは、6月に発売される新曲です」
イントロが流れ、歌おうとすると、なぜかアイドリングのメンバーもステージに来て、いっしょに歌い出す。
何が何だかわからない野元さん。よく聞くと、歌詞がないはずのところでもメンバーが歌詞を乗せて歌っている。
実はこの曲、野元さんのソロデビューシングルではなく、8月に出るアイドリングの新曲のカップリング曲だった……。
呆気にとられる野元さんに、大好きな先輩の外岡さんが告げる。
「この曲はまなひとりじゃなくて、私たち25人で歌うの」
「いや、明日レコーディングがあるんですけど」
「そんなの嘘に決まってるでしょ!」
「あれ、とんちゃん今25人って言いませんでした?」
横山さんが続ける。
「ツアーが終わったらうちに戻ってきて。事務所に話は通してるから」

……とにかく、野元さんが無事に復帰できたことをうれしく思います。
13日には三江さんといっしょに東京で対バンに参加するそうです。なぜかセクシーオールシスターズ主催のライブ。野元さんたちは何枠なんでしょうか。ものすごく気になります。

NEO期のフレッシュさが際立ったアイドリング!!!のリリースイベント

2014年1月13日(月) 03:21 | アイドル

リリースイベント
アイドリング!!!の5枚目のアルバム「GOLD EXPERIENCE」のリリースイベントへ行ってきました。
8年以上東京に住んでいますが、池袋のサンシャインシティへ行くのは今回が初めてでした。

イベントは13時と16時の2回。それぞれ30分のライブのあとに一斉握手会がありました。
握手会に参加するにはアルバムに入っているチケットが必要なのですが、肝心のチケットを家に置いてきてしまったことに、池袋駅に着いてから気づきました。握手をせずにライブだけ見るという手もありましたが、もしかしたら今回のリリイベが最後になるメンバーもいるかもしれないと思い、13時からのライブが終わったらすぐにチケットを取りに帰りました。
遠藤さんは卒業後もソロ活動を続けることが決まっていますが、意外なメンバーが急にアイドルを辞めることも可能性としてはゼロではないので。今回のアルバムに入っている「Iのスタンダード2014」で遠藤さんが歌っているように、アイドルの応援も「一期一会」です。

イベントではニューアルバムの新曲を中心に歌いました。
河村さんと酒井さんの「あこがれアドレイション」。13thライブのときはぎこちなかった「梅酒」コールもすっかりなじんだ様子でした。
ファンの方には説明は不要だと思いますが、河村さんのニックネームが「うめ子」で、酒井さんの「酒」と合わせて、このコンビは「梅酒」と呼ばれることがあります。加入日も学年も同じで、ライブでは積極的に観客を煽って盛り上げるという共通点もあります。過去にこのふたりはアイドリングのファンに向けたニコニコ生放送でお酒を飲みながらトークをしていたのですが、酒井さんは酔うといい感じにかわいくなります。

ほかのアイドルではなかなか見られないようなキャラ、聴けない曲がいっぱいのアイドリング。「カニ子」でもファンの「めんどくさい」コールが盛り上がっていました。カニをイメージした独特な振り付けとともに、今後もライブで盛り上がりそうな曲です。「戦闘恋愛少女ロボB型の憂鬱」も、歌詞も振り付けも攻めてます。アイドルっぽくないけど、でもアイドルじゃないと歌えない曲。

17歳以下のメンバーで歌った「Bon Voyage!」は、現代のアイドル曲の王道。速めのBPM、リズムが変わるBメロとわかりやすいサビで構成された、とても盛り上がりやすい曲です。曲の後半は、サビのメロディに別のメロディを重ね合わせる、グループアイドルでないと出せないアレンジ。バラードの「Promise」でも音の重なりが気持ちよかった。遠藤さんと伊藤さんがふたりで歌うパートで、歌う直前に向き合って笑顔を交わすところが好きです。

握手会は35号ミケーラさんから3号遠藤さんまで、番号と反対の順番でした。つまり新人のNEO期が最初で、古株の1期生が最後。
前回のアイドリングNEOの握手会でも思ったことですが、みんな積極的にアピールします。ミケーラさんは変なテンションだし、佐藤麗奈さんはまぶしいくらいきらきらしてるし、瑠果ちゃんはお子ちゃまだし、関谷さんはものすごく真摯な姿勢が見えるし、古橋さんはめちゃめちゃ明るい。そんなキャラで、みんな一生懸命に対応する。だから握手の列がずっとNEO期で詰まっていました。
反対に、3期から先はわりとスムーズに流れていました。
5期生もNEO期に触発されたのかもしれません。僕からメンバーへのアクションはあいさつするくらいでしたが、石田さんは「また来てね」なんて言ってくれたし、高橋さんには「暑くないですか」なんて言われました。こんなおっさんにまで気をつかってもらって、なんだか申し訳なくなってしまいます。
この日記ではあまり触れてきませんでしたが、高橋さんは個人的にメンバーの中で1、2を争うくらいかわいいと思っています。最近は番組で目立つことが増えてきて、ひそかにうれしかったりします。
メンバーを間近で見られる貴重な機会。みんなかわいかったです。やっぱりアイドルです。

握手会はものすごい人でした。ライブは優先エリアじゃないところで見ていたので、握手の列に加わるところまでで30分以上かかり、握手が終わるまでに1時間。それでもリピーターが絶えなかったので、いったん外で晩ご飯を食べてから再度サンシャインシティに戻ったら、まだ長い列が続いていました。アルバムはシングルの3倍もお金がかかるのに、よく複数枚買えるもんだと関心します。
さすがにメンバーもたいへんということで途中で休憩が入りました。みんな水を飲んだりストレッチをしたり、いったん控え室にはけたりする中、NEO期の5人だけは違いました。なんとバックで流れていた「One Up!!!」に合わせて踊っていました。前日もリリイベだったりニコはちライブだったりしたのに、どんだけ体力があるんだこの子たちは。すぐ隣でレイアちゃんは休んでいたのに。

20時になり、中学生メンバーがあいさつをしてお別れ。握手はまだ続きます。後ろでは番組ADの植松さんとデスクの柴崎さんが楽しそうにおしゃべりしていました。また番組で「ADラブストーリー」を見てみたいものです。
最後の方は、チケットを複数枚持っている人たちによる時間制の握手。こういうときに、手が空いているメンバーの様子を見るのが好きです。
NEO期はNEO期だけで話している印象。その隣ではレイアちゃん、玉川さん、石田さんがグループになっています。
意外なのはその隣。高橋さんと尾島さんがずっと話してる。あまり接点がなさそうなふたりなのに。反対側の隣にいる同期の後藤さんとはそんなに言葉を交わしませんでした。その後藤さんは、やっぱり隣の伊藤さんとずっと話していました。
その隣は倉田さんと楓ちゃんのるかえでコンビ。ずーっと仲よさそうに話していました。倉田さんの表情を見ると本当に楽しそう。最近はプライベートでの絡みは少なくなったみたいだけど、イベントでは安定の仲良しぶりでした。
橘さんと三宅さん、菊地さん、酒井さんはおとなしめ。酒井さんは一度遠藤さんのところへ行って、なんか小学生みたいな絡み方をしていました。長野さんも河村さんもわりとおとなしく、意外にも横山さんと外岡さんがふたりではしゃいでいたりしました。

4時間も握手し続けたアイドリングのみなさん。お疲れさまでした。最後のあいさつで遠藤さんが言っていましたが、リリイベで来た人数は過去最大級だったとのこと。シングルならともかく、アルバムの握手会であんなに列が続くとは思いませんでした。少なくともあの列に並んだぶんだけアルバムは売れたわけですから、これできちんと利益が出て、また次の作品に制作費をかけられるようになればいいと思います。チャートで上位になればメンバーもうれしいでしょうし。
今回のイベントは歌中心でトークは少なめでしたが、曲ごとに歌うメンバーが替わって、いろんなバリエーションのアイドリングが見られてよかったです。
NEO期のフレッシュさも再確認できました。覚えることが先輩より多くてたいへんなはずなのに、過剰なほどのサービス精神でファンへのアピールを忘れない。すごいですねNEOは。

あと印象的だったのが、握手会の様子をステージの上から眺めていたときに、一般のお客さんが話していたこと。みんなけっこうアイドリングのことを知ってるんですね。なぜかというと、菊地さんがテレビに出まくってるから。だからみんな、ステージを見たらまず菊地さんを見つけるところから始めていた。50代の夫婦でさえも「あれ菊地さん。テレビによく出てる」なんて話していました。
でもみんな、こうも言っていました。「ほかは誰も知らない」。
2014年は、菊地さん以外にひとりでも多く、個人で有名になってほしいと思いました。

休日

2014年1月19日(日) 04:12 | 日記

部屋
今年は去年よりは頻繁に日記を更新しようと思っていたところ、年明けに雑誌の締め切りがあったりして、なかなかそれどころじゃなかったのですが、締め切りが終わったら少しばかり体調を崩してしまいました。編集者にはよくあることです。
今日は長い時間眠ったので、月曜には治ると思います。

ブログのシステムをMovable Type 6.0にバージョンアップしたので、テストを兼ねてひさびさに日記を更新します。
写真は、うちのパソコンラックにいまだに置いてある15年近く前のPower Macintosh G3と、CDを買ったときにもらったおまけの写真たち。東京でのひとり暮らしも9年めに突入です。

別の月の日記を見る