アイドリング!!!の50m走のタイムを詳しく調べてみた

2012年11月 1日(木) 01:21 | アイドル

野元さん
まなちゃんが8秒00なんて、いくらなんでも速すぎるでしょ。

そんな素朴な疑問をきっかけに、アイドリング!!!のかわいい子猫ちゃんたちは本当は50mを何秒で走ったのか、番組の映像を元に調べてみることにしました。

先週土曜日の夜にフジテレビONEで放送されたアイドリング!!!の特番「秋の大体力測定ング」。いつものスタジオではなく本物の陸上競技場を舞台に、メンバー21人全員がいろいろな競技に挑みました。
50m走は、4~5人ずつ5組に分かれて行われました。
タイムはスタッフの手作業によって計測され、冒頭の画像のとおり野元さんが8秒00でトップ。ほかにも外岡さんが8秒10、大川さんが8秒20と、普段それほど運動する機会がなさそうな女性アイドルがぶっつけで挑んだわりには好タイムが続出しました。
手作業での計測だから誤差が出るのは当然としても、それがどのくらいの差なのか、そして本当のタイムはどのくらいなのか。気になり出したら止まらなくなったので、全員のタイムを計測してみることにしました。

計測方法は下記のとおりです。

・計測に使用する映像ソースは、録画した動画をH.264形式でエンコードした動画データ。

・タイムは、スタートからゴールまでに要したフレーム数(コマ数)で計測する。1フレームは約1/30秒(正確には1001/30000秒)なので、タイムの精度は0.03秒程度となる。

・スタートは「ピストルから煙が見えた瞬間のコマ」で、ゴールは「胸がゴールラインを越えた瞬間のコマ」とする。

・フレーム数の確認には「Avidemux」を使用。
第1レーススタート
第1レースのスタートの瞬間。ピストルから白い煙が出たところがスタートです。46310番めのフレーム、番組開始から25分45秒211経過したところです。
第1レースゴール
第1レースで優勝したのは酒井さん。このときのフレーム数は46575なので、酒井さんのスタートからゴールまで要したフレーム数は265。これを時間に換算すると、
265×(1001/30000)=8.84秒(小数点第3位以下切り捨て、以下同じ)
となります。
(上記画面の「フレーム」の右に表示されている「時間」のところを単純に引き算しても、同じ結果が出ます)

同様の方法で、メンバー21人全員のタイムを計測しました。結果は下記のとおりです。
計測結果
ほとんど全員が、番組で計測したタイムの方が速くなっています。外岡さんにいたっては0.67秒もの開きがありました。
アイドリングのスプリント女王に輝いた野元さんの8秒00も、やはり計測ミスでした。実際のタイムは8秒54で、なんと大川さんを下回っていました。

なぜ、このような誤差が出てしまうのでしょうか。これには3つの理由があります。
ひとつは音速の問題。スターターはスタートの位置にいて、計測するスタッフはゴールの近くにいました。その距離は約50m。一方、音速は(331.5+0.6t)m/s(tは摂氏温度)で求められ、収録時の気温を30℃とすると、音速はおよそ350m/sとなります。そのため、50mの距離があると1/7秒、約0.14秒の時間差が生じます。スタッフがピストルの音でストップウォッチを押していたとしたら、それだけでタイムが0.14秒短縮されることになります。
もうひとつは、音に対する反応速度の問題。通常、ピストルの音を聞いてから実際にストップウォッチのボタンを押すまで、0.2秒程度の時間を要します。
3つめはゴールのときに生じる誤差ですが、こちらはスタッフが間近で見ているうえ、走るスピードでゴールに入るタイミングが予測できるので、スタート時のような誤差は生じません。憶測ですが、誤差は0.1秒程度の遅れにとどまると思います。
これら3つの要因を合わせると、ストップウォッチが示すタイムは、実際の走破タイムより0.24秒程度短くなると考えられます。21人の誤差の平均は約0.21秒だったので、この推測はそれほど外れていないと思います。

あらためて、メンバー全員の順位と走破タイムはこうなりました。
121031idoling5.gif
放送では野元さんが1位、外岡さんが2位で大川さんは3位でしたが、映像を使った計測では大川さんが野元さんと外岡さんを逆転していました。
元陸上部の後藤さんは、最も突っ込みづらい6位という微妙な位置。リーダー遠藤さんに「中の中」と言われた橘さんは、本当に中の中の10位。以前にMC升野さんから「走り方がブサイク」と言われた横山さんは、努力の成果でまともなフォームで走って12位。途中で靴が脱げた朝日さんは不完全燃焼の13位。そして最下位は、スタート直後に転んでしまった三宅さんでした。
大きく上げたのは遠藤さんで、14位から8位にジャンプアップ。逆に大きく落ちてしまったのは玉川さんで、7位から14位まで下がってしまいました。

さて、大川さんは本当に最速だったのか?
番組を見ていた人は覚えていると思いますが、50m走では何人かのメンバーがフライングをしていました。大半のメンバーはフライングをしたかどうか微妙なレベルでしたが、明らかにアウトだったのが高橋さんと大川さんのふたりでした。
高橋さんの場合は、スタート直後に「あれ、フライングしちゃったけどいいのかな」と思ったのか、一瞬スピードをゆるめてしまったうえ、そもそもフライングしようが何しようがどうにもならないくらい足が遅かったので、特に問題ではありません。
一方、大川さんのスタートは明らかに不正でした。
大川さんスタート
ピストルから煙が出た瞬間、すでに足が離れています。
大川さんフライング
1レーンの朝日さんがスタートしたとき、大川さんはもう最初の一歩を踏み出していました。この差はかなり大きい。
おそらく、このフライングで少なくとも0.2秒はタイムが縮まったと思われます。それを考慮すると、アイドリングで最も足が速かったのはやはり野元さんということになります。
野元さん優勝
まなちゃん、おめでとう!

2回めの渋はちライブ

2012年11月 8日(木) 02:32 | アイドル

チケット
先月に続いて、アイドリング!!!の「渋はちライブ」へ行きました。
もともと行く予定はなかったのですが、今日はたまたま職場を早く抜け出せたので、急きょ当日券でライブに参加することにしました。

開場時刻の18時15分からおよそ10分後に、渋谷のマウントレーニアホールに到着。整理番号は20番でした。会場入りしたのは開演直前でしたが、当日券用の立ち見スペースの中でほぼ最前列を確保できました。12thライブのチケットは昼公演、夜公演ともファン様クラブの前売りで買ったのですが、どちらのチケットもマウントレーニアホールの立ち見席より遠そうなので、そこそこ近いところでライブを見るのはたぶんこれが今年最後です。
立ち見スペースはけっこう空いていました。見た感じ、あと30人くらいは入れそう。都心部で働くアイドリングファンの皆さん、当日券でもいい場所で見られるので、次回の渋はちライブでは多少無理をしてでもぜひ見に行ってあげてください。

というわけで、今日のライブのレポートと感想です。

・メインMCはくるみん(高橋胡桃さん)。暴力的、あるいは破壊的と形容すべき雑な仕切りでトークのテンポをぶった切って、メンバーと観客を最後まで困惑させてくれました。まだ1曲も歌ってないのに「次の曲は…」なんて言って先輩からいっせいに突っ込まれるくるみん。きっと緊張してたんでしょうね。ニコはちライブと違って、客席にはスーツ姿の大人も多かったでしょうから。
アイドリングで「雑」といえば尾島さんですが、尾島さんの場合は見た目と声と態度も含めた雑さであるのに対し、くるみんは「ザ・アイドル」というべきかわいらしいルックス、キュートな声であの雑な仕切りですから、ストレートに突っ込めないもどかしさというか、でもそれも含めて「アイドル」だよなぁ、なんて思わせてくれます。尾島さんの天性の雑さ、祐奈ちゃんの天性の適当さ、楓ちゃんの天性の天然さのどれとも微妙に違うポジションで浮遊するくるみん。いやー実におもしろかった。

・ニコはちライブでは橘さんを筆頭に「告知野郎」が幅を利かせていますが、今日の渋はちライブの告知野郎はうめ子さん(河村唯さん)でした。告知の内容は、現在発売中のファンクラブ会員向けDVD「月刊アイドリング」と、今回が初登場らしいマウスパッドとiPhone5用のオリジナルケース。そういえば最近のアイドリングは、これまでになく商売っ気を出しまくっている気がします。ファン様クラブの入会キャンペーンを打ち出したりとか、月刊アイドリングの増刊号を作ったりとか。最近ではニコニコチャンネルを開設して、これから有料の動画を配信していくみたいです。
アイドリングの運営が商売っ気を出しているのはきっと「活動を続けるためにお金が必要だから、どんどんグッズを買ってね」というメッセージであって、つまりは今後もしばらくアイドリングの活動を続けていこうとしているわけで、「深夜の通販番組の司会みたい」と言われた河村さんの必死の宣伝は、アイドリングの活動をいつまでも見ていたい僕にはとても頼もしく映るわけです。
僕もメンバーやスタッフの期待に応えて、カレンダーの予約をしちゃいました。送料込み5300円ってかなりの高額ですけど、ファン様クラブの会費ともども、大好きなメンバーやそれを支える関係者への出資だと思っています。言ってみれば掛け捨ての保険みたいなものです。

・物販コーナーではカレンダーの予約だけでなく、バッジのガチャも回してきました。1回300円。出てきたのはルリカちゃんでした。
バッジ

・今日のライブに参加したメンバー10人を見て思ったこと。うめ子でけー。アイドリングではルリカちゃんに次ぐ長身ですが、ルリカちゃんがいないと河村さんの大きさが目立ちます。次に高いのが朝日さんと楓ちゃん。ほかのメンバーも極端に背が低い人はいませんでした。長野さんと後藤さんとレイアちゃんがいないだけで、なんか全体的に背が高い印象になりますね。
あと、さかっち(酒井瞳さん)の腕と朝日さんの足のたくましさ。同じスポーティーなメンバーでも、外岡さんはアイドルらしい体つきなのに、このふたりは妙にたくましいんですよね。

・あまり指摘されないことですが、野元さんのダンスは瑠夏ちゃんの次くらいにダイナミックで、表情もいいから、つい目を奪われてしまいます。瑠夏ちゃんのいない今日は特に目立っていました。いつもは体型のことばかりいじられていますが、動けるデ…もとい、動けるぽっちゃりさんということで、もっと評価されてもいいと思います。

・渋はちソングリクエストは、ひぃちゃん(三宅ひとみさん)が歌うモーニング娘。の「シャボン玉」。田中れいなさんのこぶしの効いた歌唱が印象的なこの曲、さすがにひぃちゃんは「普通に」歌っていました。サビの「なーきやがれ」のところ、あの声でやってくれたら感動したのに。やっぱりモーニング娘ってすごいや。てかこれ9年前の曲なんだ。うわぁ。

・渋はち恒例の生声は「粉雪が舞う街並みで」。メインはとんちゃん(外岡えりかさん)で、いつもはまいぷる(遠藤舞さん)が歌うソロの部分を担当したのですが、いちばんキーが高くなるところで声が裏返ってしまうという失敗。やはりマイクに頼らない生声では、いつも以上に声を張ろうとするあまり、いつものように声帯をうまくコントロールしづらいんでしょうかね。
そういえばこの「粉雪が舞う街並みで」のサビって、アイドリングの全楽曲の中で最もキーが高くなるんじゃないかな。「思い出し立ち止まるよ」の「も」のところがオクターブ上のE♭。ここでとんちゃんはつまずいてしまいました。逆に、曲の出だしはかなり低音から入るので、それはそれで生声だと難しい。特に最初の2小節はオクターブ下のGからCの範囲で、この低さだと声を張るのはたいへんです。もともと声量がある方ではない橘さんは苦労している感じでした。
ちなみに、いちばん低いキーはおそらく「ベタな失恋~渋谷に降る雪~」で、Aメロの4小節めにオクターブ下のEがあります。ここを歌っていたのは確かとんちゃんと谷澤さんです。そうかと思えばサビの直前にオクターブ上のDがあるので、曲全体ではほぼ2オクターブの音域。それほど難しい曲ではないと思うのですが、音域が狭いメンバーには歌いづらそうです。

・その生声の歌では生ギターの伴奏が入るのですが、メンバーがマイクを舞台袖に置くために一度はけるときに、ギタリストの男性がチューニングの確認をしているのを見た橘さんが「チューニング…」とつぶやいたのを見逃しませんでした。橘さん、あれから少しでもギター弾けるようになったのでしょうか。その前にひとりでチューニングできるようになったのでしょうか。

・渋はちライブは基本的に、冒頭の自己紹介以外のトークは少なめです。かつての品はちライブみたいにトークコーナーを設けてみるのも個人的にはおもしろいと思うのですが、きっとアイドリングは渋はちライブを「実戦を通じて歌唱力や表現力の底上げを図る場所」と位置づけているのでしょう。実験的な試みが多いニコはちライブとは対照的です。でも今日に限っては、MCくるみんのグダグダのトークをもっと聞いてみたかった。

・くるみんといえば、今回はかえぴょん(橋本楓さん)もらむたん(玉川来夢さん)も出演していました。日曜のニコはちライブのアンケートで年長3人に負けたChocoLeの3人が今回も勢ぞろいということで、何かするんじゃないかとちょっと期待していたのですが、特に何もありませんでした。

名古屋出張

2012年11月 9日(金) 12:38 | 日記


わが故郷、愛知県です。
6月にアイドリング!!!のライブを見るためにZepp Nagoyaへ行って以来ですから、約5か月ぶりです。
今回は、知る人ぞ知る名古屋ならではの看板を撮ってみました。あかひげ先生、今も元気にご活躍なさってるんですね。僕はお会いしたことはないのですが。

そんなあかひげ先生も過去にレギュラーで登場していた風俗情報誌を出版する、僕が昔勤めていた名古屋の某会社の幹部が、不正に自社株を取引したという容疑で逮捕されるというおもしろエピソードが少し前にありました。この取引自体もじゅうぶんに怪しいものでしたが、警察が本当に知りたいのは「会社と反社会的勢力との関係」です。あの会社があの組とズブズブなことは、かつての僕のような末端の社員でもみんな知ってるのですが、そのズブズブ具合がどの程度なのか、もっと言えばどのくらいのお金がどんなルートで誰から誰へいつどうやって渡ったのか、大阪府警としては興味津々なんでしょう。捜査はすでに終わり、幹部2名のみが略式起訴されたそうですが、検察はどんな資料を入手できたんでしょうね。
あの会社は僕がいるときに自社ビルを建てたのですが、土地の取得とかビルの建設とかメンテナンスとか、そのあたりも利益供与の手段になっていたんでしょうかね。貸しビルのままだとそこまで大きなお金を動かせないから、わざわざ無理をして自社ビルを建てたと。社員を長時間こき使って得た利益を給料に回さず、そういう方法でヤマグチさんちのツカサくん方面に回してたとしたら、すっげー腹が立ちます。

話がそれてしまいましたが、そんな名古屋に今日は仕事で来ています。ブラック企業は殺意が湧くくらい嫌いですが、名古屋の街はとても好きです。
朝は会社でいろいろ慌ただしかったために、ネクタイを忘れてきてしまいました。仕方がないのでさっきコンビニで買ってきました。1000円しました。ドンキの3倍です。ああもったいない。

現場は名古屋の隣の都市にある金融機関。ひとりなので気楽ですが、取材が終わったらすぐに東京へ帰るので、のんびりできないのが残念です。

東北新幹線

2012年11月13日(火) 12:57 | 日記


ついこの間新幹線に乗って名古屋へ行ったばかりなのに、今日もまた新幹線の旅です。今日は北へ行きます。
たまに遠くへ行くのはいいのですが、実は今週末と来週にも出張の予定がありまして、決して遊びに行くわけではないので、けっこうたいへんです。

餃子の街

2012年11月13日(火) 18:07 | 日記


今日の現場は宇都宮でした。
宇都宮といえば、ベタですがこれは外せません。
取材先の近くにドン・キホーテがあって、その地下1階に餃子のフードコートがあったので、帰りに寄ることにしました。

ここには全部で5店舗の餃子専門店がありまして、そのうち1店舗は休みだったものの、それでも4店舗の餃子を選べるわけで、せっかくなので全店の焼き餃子を1人前ずつ食べました。
写真の左上が「ぎょうざの龍門」で、右上が「さつき」、左下が「宇都宮みんみん」、右下が「幸楽」の焼き餃子です。すべて1人前6個で、値段は240円から280円と、実に良心的です。

各店の餃子を食べてみた感想です。

・ぎょうざの龍門
肉の味がすごくジューシーで個性的。今日食べた中ではいちばん好きな味。

・さつき
スタンダードタイプの餃子。ニラを効かせているのが特徴です。

・宇都宮みんみん
具がごま油か何かで味付けされていて、餃子といっしょに別の中華料理を食べているかのようなぜいたくさを感じさせてくれました。

・幸楽
皮が厚く、肉の味も厚みがある。焼き餃子だけど水餃子のようなボリュームです。

「餃子の街」という看板に偽りはありませんでした。どの餃子も個性的なおいしさで、今後うちの近所にあるチェーン店で餃子を買うのをためらってしまうレベルでした。

写真の奥に見えるビールは「餃子浪漫」という地ビール。一般のビールよりくせのある、餃子の個性と張り合う濃さが僕の好みでした。

今日はとても有意義な出張でした。

二度めの北海道、初めての札幌

2012年11月16日(金) 16:45 | 日記


今日の出張先は、なんと札幌です。
北海道に来たこと自体が2回めで、前回もプライベートではなく、新聞広告関連の仕事で帯広へ行きました。もう5年も前の話です。
(参考…チー様の故郷、足寄町)

よくわからない飛行機のトラブルのために羽田で1時間も機内で待たされ、現場に大幅に遅れてしまうという不手際はありましたが、取材は無事に終了。明日は休みということで、これからフリータイムです。すでにホテルも予約しました。どこへ遊びに行くか、これからゆっくり考えます。
東京と違って、こっちはずいぶん寒いです。暗くなるのも早いです。遠くへ来たって感じです。

タワレコで見た地元のアイドル

2012年11月16日(金) 19:46 | アイドル

勝田梨乃
さっき札幌のタワーレコードに立ち寄ったときのこと。
エレベーターを出た瞬間、目に飛び込んできたのがこれ。
SUPER☆GiRLSの勝田梨乃さんのパネルです。
勝田さんといえば、アイドリングファンにとってはTIF前夜祭での「罰ゲーム嫌がりキャラ」でおなじみです。あのときは勝田さんを非難する声も多く聞かれましたが、あみみにきつく煽られてもキャラを貫き通したプロ根性はすごいと思ったし、何よりあの場ではアイドリングに欠けている「罰ゲームを本気で嫌がる」というピースを埋めてくれたわけで、その貢献度はもっと評価してあげていいと思います。

スパガといえば、今まさにものすごい問題を抱えてしまっているわけで、そのきっかけを作った週刊誌と話題を提供した男はクズ以下だと僕は思っています。指原さんのときとは話の深刻さが違いすぎる。エイベックスはどんな強引な手段を使ってでも、男に「あの話のうち重大な部分だけは作り話だった」と言わせるべきだと思います。

「知る権利」とは権力による情報の隠蔽を防ぐ意味においての権利であって、個人のプライバシーを知りたい欲求に応える権利ではない。
今回は女性にとっていちばん知られたくないところを私企業の横暴によって暴かれたわけで、それが本当でも嘘でも、言われた方はただ深く傷つくだけ。
個人が権力の横暴からプライバシーを守る「知られない権利」は、もっと大切にされるべきです。

別の月の日記を見る