ゆび祭りに対する雑感

2012年7月 1日(日) 00:17 | アイドル

古い話になってしまいますが、「ゆび祭り」は特に混乱もなく、無事に終わったようですね。
主役にいろいろなことが起きたとはいえ、日本を代表するアイドルグループが一堂に会する貴重な場で、出演者も期待以上のパフォーマンスを見せたようですから、日本武道館に集まったどのアイドルのファンも変なことを気にするより、素直にアイドルの競演を楽しもうという気持ちになれたんだと思います。
このライブは後日NHKのBSで放送されるみたいなので、楽しみに待ちたいと思います。

ライブの中身と同じくらい興味深いのが、ライブ後に書かれた出演者のブログです。いつも見ているアイドリング以外に、スパガやぱすぽなどのメンバーのブログもいくつか見てみたのですが、いろんな人がいろんなグループの女の子といっしょに写っている写真がたくさんアップされて、なかなか楽しそうな雰囲気でした。
もともとグループ間に敵対関係があるわけではないし、高校生のメンバーは同じ学校の芸能コースに通っていたりするので、意外な人同士仲がよかったりするんですよね。アイドリングでいえば、伊藤祐奈さんと渡り廊下走り隊7の小森さん、同じ尾木プロで舞台でも共演したうめ子とはるごん、少し前にあみみのラジオにゲストで来ていたぱすぽの岩村さん、同じくぱすぽの玉井さんと朝日さん、なぜか仲がいい長野さんとスパガのリーダー八坂さんなどなど、いろいろと個人的なつながりがあったりします。
出演者のブログを見ると、たとえばスパガとぱすぽは意外に仲がよさそうとか、ももクロと東京女子流は他のアイドルからも一目置かれていることがあらためてわかったりとか、いろんな発見がありました。

もちろん、アップされた写真の中には「ビジネス仲良し」も含まれているとは思いますが、ここで重要なポイントは、「仲良しであること」がファンへの訴求ポイントになるという事実です。僕もそうですけど、異なるグループのアイドル同士が仲よさげにしている姿が好きだという人はけっこう多くて、運営側にとっては「あみみと岩村さんが仲がいいからぱすぽにも興味がわいた」みたいな広がりが期待できるわけです。
中にはBerryz工房の嗣永さんがアイドリングの菊地さんとつるむなど、ひいきのアイドルが他のグループのメンバーと仲良くするのを苦々しく思ったり、あるいは「芸歴が短いのにタメ口で話すのが気に入らない」という意見もたまに見かけますが、実際にそういう人はあまり多くないみたいです。おたがいよそよそしかったりギスギスしていたりする姿より、たとえ表面上だけであってもフレンドリーな方が、見る側にとっては気持ちがいいものです。
これまではあまり見られなかったアイドル同士のからみを一度にまとめて見られただけでも、今回のゆび祭りは大きな意義があったと思います。うがった見方をすると「アイドル好きアピール」、あるいはさらに踏み込んだ「女の子大好き百合アピール」でファンを増やそうという戦略もあるのかもしれませんが、それもひっくるめてプロレス的に楽しむのがDD(アイドル界隈の用語で「誰でも大好き」の略)の正しい姿ではないでしょうか。

ただ今もわからないのが、主催のAKBサイドにとって、ゆび祭りが「指原さんのCDの売り上げ増に貢献した」以外にどれほどのメリットがあったのかということです。外側から見ると、AKB系以外のグループの方が相対的にメリットが大きかったような気がします。ももクロのステージは評価が高かったみたいですし、アイドリングもトークで笑いを取っていたようですし。
それでもこのイベントを敢行したAKB運営の意図がどこにあるのか、気になります。

自慢したいだけの日記

2012年7月 4日(水) 02:03 | 日記

いろいろなことがうまくいかない中で、唯一成功しているのが「投資」です。
去年の4月に銀相場のバブルに目をつけ、バブル崩壊を見越して銀CFDのショートポジションを仕込んだところ大成功しまして、その後も銀と原油先物のCFDでちまちまお金をもうけています。
どのくらい利益が出たかを自慢しますと、2011年の4月から12月までが約95万円。そして2012年の1月から6月までの半年で、すでに190万円の利益が出ています(いずれも税引き前の金額です)。
片手間にやってこの成績ですから、CFD専業でも食べていけそうな勢いです。
これだけの利益があったから、バイクの修理に22万円もかけたり、好きなアイドルを見るためだけに新幹線に乗って名古屋まで出かけたりできるわけです。
本当はもうけたお金を特定の誰かのために使えたらいいのですが、そんな相手はどこにもいないので、これからも自分の楽しみのためだけに使うことになりそうです。

ただ、利益を出す過程では一時的に60万円くらいの含み損を抱えたりする場合もあって、それでもあせらずじっと耐えることが必要になります。
実は今も、きのうの夜に仕込んだ原油先物CFDの83.3ドルショートが裏目に出て、現在30万円を超える含み損が出ています。現在の原油価格は87ドル台ですが、つい2か月前には105ドルを超えていたわけで、中東あたりで何かが起きたら再び100ドルを超えることだって十分にあり得ます。仮にそうなると、場合によってはロスカットが発動して証券口座のお金が消えてしまいます。上半期に稼いだ利益の大半が吹っ飛んでしまう可能性もあります。
そんな感じで、実はけっこうきわどいギャンブルをしているわけです。もし負けても自分がくやしい思いをするだけで、誰かを困らせたり傷つけたりすることは一切ないので、気兼ねなくギャンブルに興じることができます。
独身でちょっとお金に余裕があるという人にCFDはおすすめです。一日の値動きが為替より大きいので、うまくやれば短期間で利益が出せます。

コンタクトレンズを新調した話

2012年7月 7日(土) 01:10 | 日記

3週間ほど前から左目の調子が悪くて、常に視界にもやがかかったような感じで、なおかつ乱視がひどくなりました。原因は古くなったハードコンタクトレンズです。おととしの9月に買ったコンタクトでしたが、花粉の季節を2シーズンまたいだのがまずかったようです。タンパク質が付着しすぎて雑菌が繁殖しやすくなったようで、目にかなりの負担がかかっていました。
このままの状態でコンタクトレンズを交換しに行くと、左目の視力が正確に測れない可能性があるので、まずは左目をなんとかしなければいけません。幸い右目は比較的ダメージが少なかったので、ここ2週間は右目のみコンタクトをつけ、左目は休ませました。片目が視力1.2、片目が0.05だと視界が変な感じになって不便でしたが、そのかいあって左目のかすみ目や乱視はほぼおさまりました。
それで今日の午後にコンタクトレンズを交換しに行ったわけですが、新しいコンタクトの快適なこと。今まで目が痛かったのがうそのようです。こんなことなら、去年のうちに行っておけばよかった。

眼科では、傷んだ目を治療するために目薬を処方してもらいました。
薬を買うために調剤薬局へ行ったのっていつ以来だろう。ていうか医者に行くこと自体がものすごくレア。コンタクトレンズを使ってるから眼科にはたまに行くのですが、風邪とか体調不良で医者に行ったことは、たぶん19歳の頃までさかのぼらないとありません。あのときは数日間微熱とだるさが続いたのと、当時通っていた大学の大学病院に行ってみたいという好奇心から診察に行ったのですが、その後は39度の熱が出たときすら医者に行かず、市販の薬だけでどうにかしてきました。気がつけば15年以上も内科医にかかっていません。
それでひさびさに薬局へ行ったのですが、目薬の処方箋を渡したら、通常の薬品とジェネリック医薬品を選べるようになっていたことに時代の変化を感じました。ジェネリックを選んだら、保険が効いて目薬2点でわずか460円。めちゃめちゃ安いですね。
それよりなにより、薬剤師の女性がとてもかわいくてどきどきしちゃいました。

8年ぶりのコラボレーション

2012年7月10日(火) 02:53 | 日記

先日、ある経済アナリストにインタビューする機会がありました。
そのとき撮影を依頼したカメラマンは、かつて同じ会社で働いていた人。名古屋の出版社で風俗情報誌の編集者をしていたときに、いっしょに風俗店へ行って、風俗嬢の撮影をしていました。

そのカメラマンと仕事をするのは8年ぶりでした。東京に来ていたことは以前から知っていて、過去に何回か撮影を依頼したもののスケジュールが合わず、今回ようやく念願のコラボが実現しました。
かつての被写体は下着姿の若い女性でしたが、今回はスーツ姿の初老のおじさん。名古屋と東京、風俗と金融。何もかもが異なる環境で、同じ編集者とカメラマンの組み合わせで仕事をするという、何とも不思議な時間でした。

今回取材した写真と原稿は、今月下旬に某新聞に掲載される予定です。
東海ローカルの風俗誌と、全国で売られる新聞。かたや偏見の目で見られがちな業界、かたや社会的地位が高いとされている業界。何が高くて何が低いかなんて僕にはわからないし興味もないし、僕らのやってることは昔も今も変わりません。違うのは待遇と給料です。

急に日記のアクセスが増えた理由

2012年7月12日(木) 01:43 | 日記

このサイトの7月10日のアクセス数がいつもの倍くらいに増えていて、何が起きたのかと思ってアクセス解析を見てみたら、ある特定の検索ワードが急激に増えていました。
その言葉とは、

「無戸籍 デメリット」
「無戸籍問題」

でした。

ヒットしたのは、今から5年前に書いたこの日記です。
無戸籍問題、本当の問題点はどこなのか

なんでも無戸籍の少女を主人公にした「息もできない夏」というテレビドラマが始まるそうで、その発表が7月10日にあったようです。それでみんな気になってネットで検索したのでしょう。

上記の日記では、自分がたいして知識もないのにえらそうに社会問題について語っていて、今読むと恥ずかしかったりするわけですが。
今でももちろん、DVによって無戸籍状態になってしまった子供は無条件に救われるべきだと思っています。いわゆる300日問題によって無戸籍状態になった子供が、法的にも両親の子供だと認められるためには神経をすり減らすような手続きが必要で、それをすべて女性だけが負わなければならない今の現状は変えなければいけないと思います。
当時の事件を検索してあらためて思ったのが、DVの卑劣さを理解していない人が多かったこと。あの状況で母親を非難できるなんて、人としてどうかと思います。そんな人間たちの中にも、家庭を持って子育てしている者がいると思うと寒気がします。
最近の大きなニュースで、いじめが原因で自殺してしまった人がいましたけど、いじめの内容も卑劣極まりないのに、いじめをなかったことにしようと必死になっている学校や教育委員会の姿と重なります。

いつだって100%悪いのは暴力を振るう側なんだよ。例外なんてない。

話題のテレビドラマも、僕が日記で触れた実際の事件を参考にしていることが、フジテレビのホームページで明らかにされています。
問題提議がドラマの主題ではないと思いますが、このドラマを通じて「苦しむ必要がないのに苦しんでいる人がいる」という現実に目を向ける人が増えればいいと思うし、カビの生えた固定観念や間違った規範意識が苦しみを増長させる愚かさに気づいてほしいと思います。

検索ワードでひとネタ書こうと思ったら、なんだか重たい話になってしまいました。

どうも調子が悪い自宅のパソコン

2012年7月23日(月) 22:39 | 日記

こんばんは。11日ぶりのごぶさたです。
日記の更新が滞っていたのは別に忙しかったわけでもなく、体調を崩したわけでもなく、何か悲しいできごとがあったわけでもなく、ましてや「日記なんて書いてる時間がもったいない」なんて思えるほどラブラブな日々を過ごしているわけでもありません。無気力でものぐさな性格のために、ついつい放置してしまっただけです。
なにぶん一般個人が趣味でやっているウェブサイトなもので、少々の気まぐれはお目こぼしいただければ幸いです。
僕は元気です。いちおう生きてます。

さて、そんな僕にとって最近の悩みの種となっているのが、再び調子が悪くなったパソコンです。
6月頭にCPUグリスを塗り直して、オーバークロックの設定を変えてからおかしくなりました。
まれにですが、パソコンが突然フリーズするようになったのです。

パソコンの電源が突然落ちたり突然フリーズしたり、ブルースクリーンが発生したりする問題、いわゆる「Kernel-Power41問題」には年末年始にずいぶん悩まされて、最終的にはBIOSの「Intel SpeedStep Technology」を無効にすることで解決したのですが、ここに来て再びKP41の亡霊に悩まされることになりました。
6月の終わりには、アイドリング!!!の「ニコはちライブ」をリアルタイムで見ていた途中でフリーズ。大川藍ちゃんが大写しになったまま画面が止まってしまいました。1200円払ったのに、ひどい仕打ちです。

BIOSは年末にアップデートして以来替えていません。チップセット用ドライバーも2011年時点と同じです。変わったのはおそらくオーバークロックの倍率のみ。でも、Core i7 2600Kで4.2GHz(100MHz×42。定格は100MHz×34)くらいのオーバークロックでCPUが音を上げるとは思えません。
「Kernel-Power 41」というエラーメッセージは電源に関するものなので、「Auto」になっていたVCore電圧などを手動で少し高めに設定したり、オーバークロックの倍率を40倍とか39倍とかに下げてみたりしましたが、それでも週1回くらいの頻度でフリーズします。
動画サイトを見ているときに固まることが多いことを思い出し、Firefoxとの相性が悪いFlash Playerを旧バージョンに替えてみたりもしましたが、昨夜はFlashが起動していないのにフリーズしました。もう何が原因なのか見当もつきません。動画のエンコードでCPUに負荷をかけていたのが悪かったのでしょうか。でも、去年の今ごろは同じことをしても全く問題が発生しなかったわけで。うーん。

ネットを調べると、フリーズが発生する原因は多種多様で、グラボの故障とか、場合によってはキーボードやマウスが原因になることもあるそうで。そういえば僕も、過去にグラボの不具合が原因でパソコンがしょっちゅうフリーズしていました。そのときは、画面の一部に変な「線」が見えるなど目に見える異常があったのですが、今のところそういう症状はありません。グラボのドライバーもときどき新しくしていますけど、それが原因ということはあるんでしょうかね。

今もいつフリーズするかわからない恐怖を感じながらパソコンを動かしています。あとでBIOSとチップセットドライバーとSATAドライバーを新しくして、BIOSの設定をSpeedStep以外すべてデフォルトにして様子を見てみたいと思います。

週刊フォーキー☆カーニバル

2012年7月31日(火) 03:51 | 日記

またまた1週間ぶりのごぶさたです。僕は元気です。

・パソコンはBIOSを新しくして、オーバークロックを100MHz×38(定格は100MHz×34)にしたところ、今のところフリーズはなく、夏の暑さや高負荷にも負けず元気に動いています。

・7月のCFD投資は38万円の利益が出たのですが、調子に乗って新しく建てたポジションが裏目に出て、含み損がたいへんなことになっています。今のうちに撤退すべきかどうか考え中です。

・最近になってようやく「ゆび祭り」のビデオを見ました。驚いたのは指原さんが生歌だったこと。歌詞と字幕が違ってて、つまり指原さんが歌詞を間違えたのを見てびっくりして、それから息が切れそうなのに必死で歌おうとする姿にぐっと来ました。ただでさえきつい立場なのに、イベントの直前にあんなことがあって、HKT48に移籍して、そんな状況でよく生歌でやりきりました。秋元さんが彼女を推し続けていた理由がわかった気がしました。

・もうすぐTOKYO IDOL FESTIVAL。タイムテーブルが発表されましたが、問題は1日めの夜をどうするか。スナックうめ子とセクシーオールシスターズが思いっきりかぶってるんですけど。あと1日めのZeppダイバーシティにLinQとNegicco(とバニビ)がいるのは「嶺脇社長枠」なんですかね。Zeppはドロシーと9nineと女子流とトマパイとバニビが見たいです。あ、まだチケット買えるんですね。

・夏休みは8月11日から19日の予定。どこかのタイミングで愛知県に行きます。できればひさびさにふらりと遠出してみたいです。

別の月の日記を見る