熱っちいパソコンを冷ますんだっ

2012年6月 3日(日) 01:41 | 日記

グリス
去年の年末から年始にかけてパソコンがおかしくなったとき、故障の原因が特定できなかったために、故障してないマザーボードを買い替えて交換してしまったのですが、そのときにCPUクーラーのグリスを、通常の塗るタイプではなく、貼るタイプに交換しました。
貼るタイプというのは、CPUとクーラーの間に両面テープみたいなやつを貼ることでクーラーを密着させて、CPUの熱をクーラーで冷ますというもの。熱伝導シールというやつです。
ところがこの熱伝導シール、ぜんぜん効果がないんですよ。
真冬なのに、CPUを全力で回すと温度が軽く70度を超えてきます。仕方がないのでオーバークロックを控えめにして使っていたのですが、夏が近づいてくるとパソコンもどんどん熱くなり、動画のエンコード中はCPUが最高で78度まで達するようになりました。これって、たとえば「アイドリング!!!」のレギュラー放送を1本編集すると、動画のエンコードにだいたい40分くらいかかるので、CPUが75~78度の状態が40分間続くということです。
さすがにこれはまずいということで、塗るタイプのグリスに戻すことにしました。

冒頭の写真が今回使ったグリスです。1個1550円の高級品です。純銀の粒子が入っていて、熱伝導率を高めてくれるみたいです。
グリスを塗り直すのはたいへんです。まず、パソコンの配線をすべて外し、ケースを開けて、CPUクーラーを外さなければいけません。クーラーを外すときも、いったんファンを外さないとうまくいきません。
時間と手間をかけてCPUクーラーを外して、CPUの裏面にグリスを塗り、再びクーラーを取り付けます。パソコンを組み立てたことがある人ならわかると思いますけど、CPUクーラーって外すのは簡単ですけど、取り付けるのって難しいんですよね。ファンも取り付けがたいへんです。
苦労してパソコンを元に戻して、今は動画のエンコード中ですが、CPUの温度が12度くらい下がりました。効果てきめんです。これで暑い夏も70度以下で乗り切れそうです。CPUが壊れないですみそうです。

DA.GA.NE

2012年6月 3日(日) 19:30 | 日記

明日は愛知県某所で朝早くから取材があるため、前日に名古屋入りです。
今日は高浜市内の実家で寝ます。

もともと、2週間後にZepp Nagoyaで行われるアイドリング!!!のライブを見るために、名古屋へ行く予定を入れていました。それなのに、チケットを予約した直後に愛知県の仕事が決まるという間の悪さ。出張先が四国とか北陸とかならよかったのに。

…なんか、メールでブログを更新するサービスが不調なのか、画像を送信できません。せっかく夕暮れの名古屋駅の写真を載せようと思ったのに。

一宮市より

2012年6月 4日(月) 10:47 | 日記


今日の現場は愛知県一宮市です。
写真の看板は、風俗誌の編集者だったときに「ここを右に曲がるとヘルス街」という目印として使っていました。
あれから8年経つのに、看板は昔のままでした。懐かしいというか何というか。

ヘルス街も少し歩きました。この地域を代表する店が、別の名前になっていて驚きました。経営者があの人じゃなくなったんでしょうかね。

本郷亭の四川らーめん

2012年6月 4日(月) 14:39 | 日記


現地取材を終え、東京へ戻る前に、名古屋駅のすぐ近くにある本郷亭というラーメン屋さんで「四川らーめん」というラーメンを食べました。
ここのメインメニューは「白湯らーめん」で、過去に何十回と本郷亭の名駅店や千種店や本郷店や焼山店で白湯を食べてきましたが、四川は今日が初めてだったりします。

白湯のクリーミーな味とスパイスの辛味が溶け合って、これはこれでいい感じの味です。でもちょっと辛味の調味料の出張が強すぎる感もあります。やっぱり僕は白湯の方が好きです。
あとここ、平日昼はライス無料なんですよね。いつものように茶碗にご飯を山盛りにして食べてやりました。

最近のアイドリング!!!をめぐる動きについての感想

2012年6月 6日(水) 00:54 | アイドル

・TIF2012にSKE48の出演が決定したそうで。TIFの発表の日に「SKEと出演交渉中」というのを匂わせる演出がありましたけど、本当に出るとは。AKB系から出るとしたら乃木坂46だと思っていたので、びっくりしました。エイベックスさん完全に本気モードですね。チームK兼任の珠理奈ちゃん、体を壊すことなく無事にZeppダイバーシティのステージに立てればいいのですが。AKB系は一度も生で見たことがないので、ぜひ見てみたいです。

・そのTIFに今回も行きます。去年とおととしは土曜日のみの参加でしたが、今年は2日通し券を買いました。去年は一日中立ちっぱなしで足が限界だったので、二日間体力が持つかどうかとても心配ですが、見たいアイドルがたくさん出るので、元気にがんばりたいと思います。おっぱい!おっぱい!

・今月末の「ゆび祭り」にアイドリング枠で申し込みました。アイドリングのファンの場合「行けるけどスルーする」という人が多そうですが、一方で「345円だったら行ってみてもいいんじゃね?」という人も多いと思うので、競争率は高くなりそうです。当選するといいなぁ。

・Zeppツアー東京公演の生放送を、1日半遅れできのう見ました。おなじみの曲のアレンジを変えてくるあたり、東京パフォーマンスドールの横浜アリーナを思い出しました(TPDの横アリは生で見たわけではなく、2005年に初めてビデオで見ました)。2009年以降、はちたま~品はち~ニコはち~ジュクはちと続く実験的なライブの集大成的な内容と、4・5期生を立たせる構成が新鮮でした。バンドなし、セットも簡素なのは、4都市を無理なく回るために金銭的な事情でそうなったんでしょうかね。もっと売れてほしいなぁアイドリング。CDの枚数でいえば今の2倍くらい。
Zeppング
・Zeppツアーの東京公演で、初期の曲が歌われなかったことについて不満の声もあるようですが、そのぶん最近の曲が多かったり、旧曲の歌詞を新メンバーに合わせて変更したりと、見どころはたくさんあったと思います。持ち歌がどんどん増えていく一方で、ライブの時間は限られているわけだから、これから大きなライブのたびに、セットリストをどうするか今まで以上に悩まされることになりそう。まあファンの聴きたい曲がそれだけいっぱいあるということで、ぜいたくな悩みといえます。

・「Iのスタンダード2012」で、レイアちゃんのパートをどうするかと思ったら、しれっと4小節追加するという荒技。なんて無理やりな21人バージョン。そう来たか。でもそこまでしてセットリストに入れたのは、きっとアイドリングにとってこの曲がとても大切だから。もちろん僕も好きな曲です。谷澤さんとフォンチーさんの卒業ライブ以来だから、半年ぶりですね。
One Up!!!
・新曲「One Up!!!」は門澤プロデューサーや朝日さんが言ったとおり、スーパーマリオを意識した曲。「いつの間にテレビ」でニンテンドー3DSにおもしろコンテンツを提供してきたアイドリング、ついに任天堂とのビッグなタイアップが来るのでしょうか。フジテレビとしては「夢工場ドキドキパニック」以来のコラボじゃないですか。ああ若い人は知らないですね。ファミコンのディスクシステムの名作なんですけどね。

・Zeppツアーは16日の名古屋の昼公演のみ参加するんですけど、前日に握手会が組まれたんですね。さすがに金曜日は仕事だから行けません。会場のエアポートウォーク名古屋って、調べてみたら小牧空港のとこなんですね。これ地元の人も行くのたいへんだ。でもアイドリングが愛知県で握手会なんて珍しいですから、近隣の方はぜひ無理してでも会いに行ってほしいと思います。

・アイドリング公式サイトで突然始まったアンケート。2つの質問のうちのひとつが「一番好きな曲」ですが、今僕が何も考えずに答えるとしたら「レモンドロップ」ですかねぇ。先に挙げた「Iのスタンダード」もそうですが、「レモンドロップ」も「Don't be afraid」も「GO EAST!!! GO WEST!!!」も「サラサラ★キューティコー」もカップリング曲なんですよね。シングルのタイトル曲以外にもいい曲がいっぱいです。

AKB48の選抜総選挙を見て思ったこと

2012年6月 8日(金) 00:22 | アイドル

AKB48の選抜総選挙は、YouTubeでリアルタイムで見ていました。
大島優子さん、1位だけど票数は去年よりずいぶん少なかったんですね。去年の総選挙でどんな競争意識が働いて、今回の総選挙では働かなかったのか。いろいろと考えさせられる結果です。
指原さんついに4位に来ましたか。これで「ゆび祭り」にも箔が付くってもんです。あみみやあみたやももちやかなこぉから大スター扱いされるさっしーの姿が見てみたいです。
意外なのは、まゆゆ以外の尾木勢が奮わなかったこと。小嶋さんが7位にとどまったり、らぶたんやはるごんが大きく順位を落としたり。週刊AKBで大きく取り上げられた野中さんの圏外も意外でした。一方で、去年苦戦したホリプロ勢の中で河西さんが順位を上げたのは、なんかうれしかったです。河西さんには変な逆境に負けずがんばってほしいです。
チーム4も厳しかったですね。市川さんも大場さんも50位台。島田さんにいたっては圏外でした。島ちゃんのがさつなキャラ大好きなんだけどな。唯一アンダーガールズに食い込んだ23位の島崎さん、どうしてひとりだけ飛び抜けた順位なんだろう。確かにかわいいと思うし、個人的には好きなんだけど。
あと、36位のなかやんはコメントがとても素敵だったので、応援したくなりました。

今回1位の大島優子さんも、前回1位の前田敦子さんも、「AKBにすべてを賭けている」という思いが言葉の端々から伝わってきます。その思いがいちばん強いのが、今回も順位を上げて泣き崩れた横山由依さんでしょうか。
AKB(やSKEやNMBやHKT)に人生のすべてを賭けてます、という強烈な思いが人々の心とお金を動かして、そういう思いをあまりアピールしなかった人は総選挙で順位が伸びなかったように見えます。前年より順位を上げたSKEの松井珠理奈さん、NMBの山本さんと渡辺さんのコメントも、見ていて胸が苦しくなるような内容でした。
10代の女の子がここまで自分自身を追い詰める姿が「感動」を呼んで、それがビッグビジネスになっている、つまり「大きな需要がある」という現実に思いをはせると、なんだかもやもやした気持ちになりました。

そうしたコメントと異なる印象を受けたのが、今回順位を下げた大家志津香さんと増田有華さんでした。しーちゃんは「バラエティで生きていきたい」と明言し、ゆったんは女優と歌手で成功したいという個人としての夢を語っていました。どちらもAKBの活動とは直接関係がない、ひとりの芸能人としての活動です。あの場でこういうことを言えるのはえらいと思うし、今まで以上にこのふたりを応援したくなりました。
だからといって、このふたりがAKBの活動で手を抜いているかといえば決してそんなことはないはずだし、そのことはファンがいちばんよく知っているはずです。

うがった見方かもしれませんが、「AKBにいるときだけはAKBの仕事を全力でがんばるけど、個人仕事やプライベートは別」という考え方が一部のファンにはなじまず、それが増田さんの支持が伸びない理由のひとつではないかと思っています。どこかの市長が職員の入れ墨の有無による差別を公然と口にしてみたり、別の市長が職員に対して外での飲酒をやめろと言ったりしても、「バカじゃねーのこいつら」という反応があまり見られないのが不思議だと思っているのですが、どうやらこれが日本人のマジョリティなんですよね。初対面で真っ先に職業とか会社名を尋ねる合コンでのやり取りや、犯罪の報道で容疑者の勤務先をいちいち公表するマスコミに垣間見える、個人より組織が優先される風潮。どこかの組織に帰属していないと不安で耐えられない人たちの、組織への帰属意識の強さイコール人間としての価値の高さであってほしい、そういう風潮を維持させてほしいと願う声なき叫び。
公務員に対してプライベートの部分にまで「品行方正さ」を押しつけたがる日本人のように、ステージ上やテレビに映っていないところでも、AKBのメンバーに「24時間365日AKBであること」を求めるファンが一定数いる。運営もそれに極力応えようとして、「Google+」などでメンバーに情報発信の頻度を増やすように仕向けて、しかもそれを競わせるために「ぐぐたす選抜」のような仕掛けを用意したりもする。
本来の目的は、単純にファンとの接点を増やして、AKB系グループや個々のメンバーに対するロイヤルティを高めることだと思うのですが、結果として「メンバーを四六時中AKBに縛っておきたい」という一部のファンのニーズを満たすためのツールになってしまっているような気がします。そこから逸脱した行動を取ったメンバーが速攻で解雇された今年1月の事件を思い出すと、「(一部の)ファンがAKBに対して何を求めているか」がなんとなく見えてくるし、今回の総選挙の結果からもそういう傾向が見てとれます。

自分は部外者なので、そうしたファンのニーズに対して運営が応えようとする姿について、あるいは自ら進んで「24時間AKBでいること」を引き受けているメンバーに対しては何も言えません。でも一部のメンバーにとっては、常にAKBでいることを強いられたり、AKBにすべてを賭けているメンバーと比較されるのはつらいだろうなぁと思います。いくらステージ上で高いパフォーマンスを発揮しても、それ以外の関係ないところでファンの支持を失ってしまうとしたら、本当に気の毒です。

個人的には、アイドルが悩み苦しむ姿とか、悔しくて泣いたりする姿はあまり見たくありません。
総選挙での順位発表後のコメントで、笑いを取っているメンバーは数えるほどしかいませんでした。票数という「ファンの金銭的な出資」を背負っているために、あの場でふざけたことは言いにくいのでしょう。リアル選挙で当選した政治家以上にまじめなコメントばかりでした。いつでもどこでも貪欲に笑いを取りに行くアイドルグループを見慣れている僕にとっては、ぜんぜん笑いが起きないのは異様な光景でした。

向上心をむき出しにして、身を削って努力をする姿に価値を見出す人。とにかくおもしろさや楽しさを優先したい人。受け手にも人それぞれの価値観があります。どちらが正しいアイドルの鑑賞法なのかという話ではないし、両方の要素を楽しんでいる人もいると思います。
僕は「所属するアイドルグループでの活動にすべてを賭けていない」「四六時中アイドルでいるわけではなく、プライベートもそれなりに楽しんでいる」という人の方が好きだし、応援したくなります。必死に努力してはい上がろうとする姿より、みんなで仲良くきゃあきゃあ騒いでいる姿が見たいのです。
最近、アイドリングの森田涼花さんがグループを卒業しました。ドラマや舞台などの仕事が忙しく、グループの活動にあまり参加できなかったすぅちゃんが、ファンやメンバーにあれだけ愛されたのは、メンバーに「アイドリングにすべてを賭けているわけではない」もしくは「自分はアイドリングにすべてを賭けているけど、そうじゃないメンバーの考えも尊重する」という意識があり、ファンもそれを支持しているからです。「アイドリングを差し置いてドラマを優先するようなメンバーは応援しない」という声より、「番組やライブで見られないのはさびしいけど、個人仕事をがんばってほしい」という声の方が多かったのです。

「組織への帰属意識の強さ」より「組織と個人との適切な距離感」を支持するファンが増えるような世の中になれば、今の日本を覆ういろいろな息苦しさが少しはましになるのではないか、フランスみたいな個人主義が日本にも根付けばいいのに、という無駄にスケールの大きな願望で今回の話を締めたいと思います。

ひさびさにクイズゲームの話題

2012年6月12日(火) 03:19 | 日記

この日記はもともと、ゲーセンのクイズゲームの戦績を紹介するために作ったものです。もしかしたら当時からずっとこの日記をご覧いただいている方もいらっしゃるかもしれませんので、たまにはそちらの話題について書いてみたいと思います。

まずは、セガのクイズゲーム「Answer×Answer Live」について。
最近はプレイ回数が減っているのですが、ようやく「A級プロアンサー」から「S級プロアンサー」にランクアップするための「S級ライセンステスト」に挑戦できました。
S級ライセンステスト 1億パワー
クイズ力(プレイすると増えていく点数みたいなもの)が1億パワーに達すると発生するライセンステスト。A級からS級に上がる条件は「5戦中4戦決勝進出」です。4人対戦で決勝に残れるのはふたりだから、単純に考えると決勝進出率は2分の1。その場合、5戦中4戦以上決勝に進出する確率は16分の3=18.8%(で合ってますか?)。かなり厳しい戦いです。
ただ、僕の過去100戦の決勝進出率は平均より高い54~59%程度ですので、仮に55%で計算すると、ライセンステストに合格する確率は25.6%程度となりますが、これでも心許ない数字です。58%でも30.3%にしかなりません。
そこで、プレイするリーグを最上位リーグのSSリーグから、ひとつ下のSリーグに落としました。SSリーグだと普通に全国ランカーと対戦させられてしまうので、ランカーのいないリーグでなんとか決勝に残ろうというもくろみです。
Sリーグなら、10回中7回か8回は決勝に残れるくらいの力があります。仮に決勝進出率を75%とすると、ライセンステストに合格する確率は63.3%。これならなんとかなりそうです。

ライセンステストの最初の2戦は、わりとすんなり決勝に進めました。ところが3戦めは3位に沈み、早くも崖っぷち。Sリーグといえど、実力者が一時的にSSリーグから落ちてくることも多いわけで、相手が悪いとあっさり負けてしまいます。
4戦めはなんとか決勝進出。最後の5戦めは、よりによってこのタイミングで発生した特番サバイバルバトル。第5ラウンドまでもつれる大激戦でしたが、なんとかぎりぎりで予選通過。しびれる戦いを乗り越えて、ついにライセンステスト合格です。
ライセンステスト合格 S級プロアンサー
S級プロアンサーの上には「SS級プロアンサー」「ブロンズプロ」「シルバープロ」「ゴールドプロ」「プラチナプロ」というランクがあって、S級なんて全国ランカーから見ればしょぼいんですけど、それでもかなりやり込まないと到達できない称号です。がんばりました。

ついでに、もうひとつのクイズゲームについても紹介します。
コナミの「クイズマジックアカデミー賢者の扉」。シリーズ9作品めです。
QMA賢者の扉
今日はドラゴン組ハイクラスで珍しく決勝まで残れたのに、4位に終わってしまいました。
現在の階級は賢者三段。こちらものんびりマイペースでプレイしています。使用キャラは2005年のQMA3からずっと同じです。
今作は、いくら成績が悪くてもなかなか最上位クラスのドラゴン組から逃げられない仕様なので、決勝に残れる回数が前作よりずっと少なくなりました。この仕組みなんとかならないもんですかね。
検定モードに「アイドル検定」が出たら、またやり込みたいと思います。

別の月の日記を見る