まだ積もってる

2012年3月 1日(木) 08:49 | 日記


アパートの通路に積もる雪。この前降ったときよりたくさん積もりました。
5センチ以上の積雪なんて、記憶にあるのは1998年に東京へ遊びに行ったときくらいです。あの日は友達と中山競馬場へ行って珍しく大勝ちして、終わったあとに池袋の「養老乃瀧」で飲みまくりました。

「雪が降ったらもうかる」というジンクスは今も生きているようです。今も銀と原油先物のCFDで小遣い稼ぎに勤しんでいまして、雪が降ったきのうは、莫大な含み損を抱えた銀CFDのショートポジションが、銀価格が一日でいきなり6%以上も下落したことで含み損が半分に減ったという幸運がありました。
さらに、昨夜仕込んだばかりの原油先物CFDは、こちらも原油価格の急落で、一時は15万円の含み益が出ました。
でも今日の天気は快晴。雪の魔法が解けてしまったのか、原油価格は一晩で元に戻ってしまいました。ああ、こんなことなら寝る前に決済しておけばよかった。

ペヤング激辛やきそばを食べてみたよ

2012年3月 2日(金) 00:14 | 日記

ペヤング激辛やきそば1
車でいえばフェラーリ。高貴ささえ感じさせる深紅のフォルム。
先日コンビニで見かけて、ずっと気になっていたあいつ。発売日は2月20日。ということは僕と同じ誕生日。これって運命かしら。
ペヤング激辛やきそば2
実はペヤング好きなわたし。ノーマルのペヤングは2週間に1個くらいのペースで食べてます。
ペヤング激辛やきそば中身 ペヤング激辛やきそばソース
ふたを開けると、そこには見慣れた光景が。いつもの麺にいつもの具、そしていつもより少しだけ赤いソース。青のりとスパイスの入った袋がないこと以外は、僕が愛するペヤングソースやきそばと何も変わりません。
ペヤング激辛やきそば調理後
お湯を入れて、3分後に湯切りして、ソースを混ぜる。これまで幾度も繰り返してきた作業。見慣れた光景。だけど、何かが違う。ソースの香りがいつもと違う。

3月最初の朝食に選んだ、ペヤング激辛やきそば。
辛い。
辛さ以外の味が感じられないくらい、辛い。
花粉症のせいで鼻がつまり気味だったこともありますが、いつものペヤングとソースの味がどう違うかを判断することすらできませんでした。ただ「辛い」という記憶しかありません。
食べ終わるころには、顔にうっすら汗をかいていました。

レトルトカレーでたとえるなら、たぶん「LEE」の20倍と同じくらいの辛さです。
東京近郊にお住まいの方なら、「蒙古タンメン中本」の蒙古タンメンに匹敵する辛さ、といえばイメージしていただけるでしょうか。
ただ、ネットのとある記事では「舌の感覚ない」「人生一辛い」なんて刺激的なことが書いてありましたが、そこまで驚くほどの辛さでもありませんでした。夢を壊すようで申し訳ないですが、辛いのが好きな人だったら普通に食べられるレベルだと思いますよ。

アイドリング!!!の新メンバー

2012年3月 4日(日) 17:49 | アイドル

アイドリング!!!5期生
おとといの生放送で、ついにアイドリング!!!の5期生4人が発表されました。
27号高橋胡桃
27号の高橋胡桃さん。これまでのメンバーにひとりもいない「アイドル成分100%の女の子」という印象です。
でも、正統派だと思わせておいて実はぶっ飛んだ性格だった伊藤祐奈さんの例もありますから、今後どのように本性が明かされるのか楽しみです。
アイドリングの候補生になる前から、橋本楓ちゃんと「ChocoLe」というユニットで活動していたこともあり、初めての生放送でもなかなか堂々としたふるまいでした。
28号石田佳蓮
28号の石田佳蓮さん。アイドリング加入以前の活動として、Pigoo HDの「BOX TV」という番組に出ていたのを見たのですが、遠藤舞さん以外のボックス所属の子(外岡さん、長野さん、伊藤さん)に共通する「トークにゴールがない」という系譜を忠実に受け継いでいるように見えて、今後トーク面ではいろいろ苦労しそうな感じです。
それにしても何ですかこの細さ。3期生が加入したときの橘さんの細さにもびっくりしましたけど、そのとき以上の驚きです。さすが元モデルさん。
29号玉川来夢
29号の玉川来夢さん。高橋さんと同じChocoLeのメンバーで、そのときから元気なキャラとトーク力は一目置いていました。今回の生放送でも物怖じせず、既存のメンバーに対して堂々と話していたのを頼もしく思いました。
高橋さんや石田さんは緊張のせいか表情が固かったのに対し、彼女は表情が豊かで、動いてる方が写真よりかわいく見えます。
それにしてもこの画像、Superflyに似てる。
30号清久レイア
30号の清久レイアさん。なんと小学6年生の12歳。番組では、加入当初の楓ちゃんを思い出させる幼さあふれる天然ボケを連発しつつ、でも見た目は妙に大人びているという、将来が楽しみな逸材です。今後の活躍次第では、同じ大阪人の倉田さんの存在がかすんでしまうかも。
11thライブで初めて見たときはすごく好印象でしたが、その後の「イマつぶ」での写真うつりがあまりよくなかったので、正直言ってそれほど推していませんでした。彼女の加入は意外でしたが、今回の放送を見て、かつての楓ちゃんのようにいろんな化学反応を起こしてくれるのではないかと期待しています。
アイドリング22人1
あらためて見ると、22人って多いですね。

過去に3期生と4期生が加入したときに書いた日記はこちら。このときに載せた画像は、メンバーの名前をGoogleで検索するとけっこう上位に出てくるので、すでにご覧になった方もいるかもしれません。
アイドリング!!!の新メンバー(3期生)
アイドリング!!!4期生

さて、多くのファンと同じように、僕も5期生の選考結果は意外だと思いました。
現メンバーの朝日さんと橋本さん、新メンバーの石田さんと同じく、先ごろ休刊した「ラブベリー」のモデルだった高見さんと大矢さん。菊地さんと大川さんの事務所の後輩でもあるふたりが、両方とも選ばれないとは思いませんでした。
投票結果がどのように今回の結果に反映されたのか、裏でどんなやり取りがあったのかはわかりませんが、別にレプロとアイドリングの間で何かあったとは思えませんし(亜美ちゃんはあんなに忙しかったのに、アイドリングの活動もできる限り参加していました。地上波を優先させて、アイドリングの方は少し休ませてあげればいいのに)、実はそれほど支持が集まっていなかったんでしょうかね。僕もこのふたりは「むしろアイドリングにはもったいない」と思って、投票しませんでしたし。でも半年後には9nineの新メンバーになっているかもしれませんね。うっきー食われちゃいそう。
ほかにも沖口さんとか谷中さんとか松本さんとか、気になる子はいたのですが、いい意味でアイドリングには不向きだと判断されたのでしょうか。
彼女たちの即戦力っぷりとは真逆の井関さんは、おそらくかなりの票数を集めたと思いますが、年末の特番での様子を見ると、本人が辞退したのかもしれませんね。
ちなみに僕が投票したのは、泉さんでした。アイドリングよりアイドルらしいアイドルグループなんてたくさんいるのに、あえてアイドリングのオーディションに2回も突っ込むという心意気を買ったのですが(もしかしたらNMBなどのオーディションで落選しているかもしれません)、関西枠は清久さんに取られてしまいました。

5期生の選考過程と結果についていろいろ言われていますが、個人的には候補生15人の中から誰が選ばれてもいいと思っていましたし、11人が選ばれなかったことは確かに残念ですが、新メンバー4人を含めた22人のアイドリングを、これからも楽しんでいきたいと思います。
アイドリング22人2

ぼかーしぼかーし、あのところに

2012年3月 4日(日) 21:41 | アイドル

AKB48
「AKBINGO」の特番がやってたから、とりあえず録画して、最初のところだけ見てみたのですが。
4年くらい前の映像で、メンバー3人の顔にボカシが入っていました。
たった4年しか経ってないのに。
犯罪沙汰で脱退した人なんて誰もいないんだから、隠す必要はないと思うんですけど。それとも、明るみに出てないだけで、どうしてもテレビに出せない理由でもあるのでしょうか。
なんか、もやもやした気分になりました。

立川から蒲田へ友達に会いに行った話

2012年3月12日(月) 00:13 | 日記

きのうの夜はなぜかひとりで立川にいまして、ゲーセンでクイズゲームをしていたら、ある友人からメールが届きました。
蒲田で飲んでるから、よかったら来ないか、とのこと。
突然の誘いでしたが、別の友人も遠くから来ていたので、すぐに行くことにしました。
立川から南武線に乗って川崎まで出て、そこから京浜東北線に乗るのが正解だったのですが、間違えて東海道線に乗ってしまい、品川まで行ってしまうというマヌケっぷりを発揮しながら、蒲田駅に着いたのは夜10時20分でした。

幼稚園と小学校と中学校がすべて同じの3人が、故郷から遠く離れた場所でいっしょにお酒を飲むというのも、なんか不思議な気分でした。
有名な中華料理屋さんで、夜0時までボーイズトーク。電車がなくなったので友人の家に泊めてもらい、朝に帰宅しました。

そのお友達は自転車が好きで、広い部屋の一角を自転車コーナーが占めていました。デブ化が止まらない僕も、状況が許せば自転車に挑戦してみたいのですが。もう少し考えさせてください。
そんな彼が2年前にあるトライアスロンに参加したそうなのですが、その大会が偶然にも、あの横山ルリカさんと河村唯さんがテレビの企画で参加した大会だったのです。
テレビカメラが来ていて、スタッフの会話などからふたりがアイドリングの一員であることは分かったらしいのですが、ファンが騒いだりする様子はなかったそうです。
その番組とは、つくばテレビの「ルーリーうめ子のなんでもやります課???」の第5回。オンエアは2010年10月です。もしかしたらどこかに彼が映ってるかもしれないので、また録画した動画を見てみたいと思います。

今日はいい天気

2012年3月13日(火) 15:49 | 日記


陽射しの向こうに国際フォーラムが見えるところにいます。
現場と現場の間で中途半端に時間が空いたので、ベンチに座って休んでいます。
3月中旬なのに外は寒いです。花粉も飛んでます。僕はそこそこ元気です。

2012年のF1の予想をしてみる

2012年3月16日(金) 03:22 | スポーツ

あと何時間かしたら、F1開幕戦のオーストラリアGPが始まります。
6人のワールドチャンピオン経験者が集うのは史上初ということで、フリー走行が始まるのが待ち遠しいです。もちろん明日は仕事なので、残念ながら生で見るのは無理ですが。
というわけで、さっそく今シーズンのランキングを予想してみたいと思います。

1位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
3位 ジェンソン・バトン(マクラーレン)
4位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
5位 マーク・ウェバー(レッドブル)
6位 ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)
7位 ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)
8位 ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)
9位 キミ・ライコネン(ロータス)
10位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)

普通に考えればベッテルの3連覇なんでしょうけど、それだとあまりにもひねりがないので、2012年のワールドチャンピオンの予想はハミルトンにしてみました。
2011年シーズンは悪いことが重なりすぎました。今年は公私ともにレースに集中できる環境が整っているうえ、その才能は現役ドライバーの中ではベッテル、アロンソと並んでトップだと思っているので、今年はピレリタイヤにも順応できると思います。さすがに2年連続でチームメイトのバトンに負けるわけにはいかないでしょうし。

たぶん今年は、去年以上にタイヤの使い方が鍵になると思います。去年タイヤに順応したドライバーは今年も優位に立つでしょうし、逆にタイヤで苦しんだドライバーは今年もつらいシーズンになると思います。その意味でバトンを3位、アロンソを4位にして、ウェバーは5位に下げました。
いろいろ言われているフェラーリですが、ここ数年と同じようにシーズン後半には帳尻を合わせてくると思います。ただ、バトンは最後までチャンピオン争いに残りそうですが、アロンソはかなり厳しいと思います。
ウェバーはタイヤに苦しんだあげく、シーズン後半にはモチベーションを失ってしまいそうな気がします。

6位以下は混戦です。その中で、テストで速さを見せたメルセデスGPのロズベルグをトップに持ってきました。見た目はブサイクなマシンですが、あのWダクトと呼ばれる特殊なフロントウイングの効果で、一発の速さは見せてくれそうです。何度かポールポジションを獲得するかもしれません。ただ、それだけにタイヤの消耗の早さが懸念材料で、去年と同じように、10周くらいでトップ集団から置いていかれるシーンを見せられることになる気がします。ただマシンは昨年より相対的に速いと思うので、何回か表彰台フィニッシュを見せてくれるでしょうし、マッサを上回る6位は堅いのではないかと思っています。

7位はミハエルでもマッサでもなく、フォース・インディアのポール・ディ・レスタを選びました。見るからに速そうなんですよね今年のマシン。今年は3回くらい表彰台に乗れるんじゃないかと思います。
みんな大好きライコネンは9位。やはりタイヤで苦労させられて、今年はミハエルの後塵を拝するのではないかと予想します。ロータスのマシンもかっこいいんですけどね。ただ、ミハエルともども1回か2回は表彰台に乗れると思います。
そして10位はマッサ。去年の成績が悪すぎました。2008年の頃の輝きはもう戻らないんでしょうね。

次点としてはザウバーの小林可夢偉とペレス、フォース・インディアから復帰したヒュルケンベルグ、ロータスから復帰したグロージャンの4人が挙げられます。彼らもうまくいけばトップ10どころか、7~8位あたりもうかがえると思います。

さて、この予想はどれくらい当たるでしょうか。

別の月の日記を見る