何年前に買ったんだろう

2011年12月 3日(土) 21:53 | 日記

さっき買い物から帰宅したときに、ドアノブに手の甲を思いっきりぶつけてしまいました。
あざができたうえ、血まで出てきたので、ばんそうこうを貼ることにしました。
バンドエイド
引き出しから出てきたのが、これ。ジョンソン・エンド・ジョンソン社のバンドエイド。
箱はつぶれ、色もくすんでいます。

箱にスギ薬局のテープが貼ってありますが、高浜のTぽーとの近くにあるあのスギ薬局です。
東京に引っ越す前だから、確実に6年以上前の製品です。バンドエイドなんて年に何回も使うものじゃないから、まだ半分近く残っていました。
古すぎるせいでテープの粘着力が必要以上に強くなってて、テープから紙がなかなかはがれませんでした。箱の下を見たら、品質保持期限が2006年10月と書いてありました。

そういえば僕が実家に住んでいたときの話ですが、けがをしたので台所にある棚の引き出しからばんそうこうを取り出そうとしたら、箱の中からゴキブリさんが出てきたことがありました。
めったに使わないからこういうことになるんですね。

一般の家庭だと、こういうのは全部救急箱に入れて管理して、古くなったら買い換えたりしてるんでしょうかね。

今日はアイドリングのライブ

2011年12月 4日(日) 15:09 | アイドル

ライブのチケット
アイドリングの11thライブの昼公演が、ちょうど盛り上がっている頃ですね。
僕は18時30分から始まる夜公演に行きます。今はまだ自宅にいます。

今日は、来年の春に加入する5期生の候補者が初めて出演するのと、もうひとつ重要な告知がありそうなので、今からそわそわしています。
あるメンバーのブログで、それをほのめかすようなことが書かれていたから、ショックのあまり目覚まし時計をセットし忘れて、寝坊してしまったこともあります。
ファンとしてはできれば聞きたくないことですが、ひとりの女優として、タレントとして今以上に活躍できるのなら、アイドルグループの一員としての活動にどこかで区切りをつけるべきだろうし、アイドリングはもともとそういうコンセプトだし、少なくとも来春以降は新しいメンバーとともに活動を続けるわけだから、これからのアイドリングに期待したいと思います。

東京ドームシティホール

2011年12月 4日(日) 17:59 | アイドル


あー、めっちゃ緊張する。

何が起きるかはわかりませんが、テレビの前ではなく、みんなと同じ場所でその瞬間を迎えたい、そんな思いでここに来ました。
ライブは30分後に始まります。

ライブからの帰り

2011年12月 4日(日) 21:44 | アイドル

アイドリングのライブは、中学生が出られる9時ぎりぎりまで再アンコールを演じて、ハッピーエンドのうちに終わりました。
とても楽しく、幸せなライブでした。この高ぶった気持ちのまま、あと1日くらい何もしないで過ごしたい気分です。

心配してた「告知」はありませんでした。考えてみれば、せっかくライブで盛り上がってるのに、それに水を差すようなことはしないですよね。発表があるとしたら、3年前のように地上波の番組の中で告知するのでしょうか。

再アンコールの最後の曲では、何人かのメンバーが目に涙を浮かべていました。まなちゃん(野元愛さん)は泣き虫だから仕方ないとして、さかっち(酒井瞳さん)が泣いてたのは意外でした。アイドリング史上最も大きな箱を満席にした達成感と、それを故郷の宮崎から来た親御さんに見せることができて感極まったのか、それとも別の感情があったのか。
さらに意外だったのは尾島さん。場内のモニターにはほとんど映っていませんでしたが、何度も涙を拭く仕種が見えました。先輩の谷澤さんはいつもと同じテンションでしたが……。
フォンチーさんも涙でメイクが落ちかけていました。やはり、何か思うところがあったんでしょうか。
それと、ライブの最初の方から、後藤さんの表情がやや堅いように見えました。ちょっと気になります。
逆に、番組でよく泣く朝日さんと大川さんは、最後までしっかりした表情でした。

今日のライブがすごくよかっただけに、このメンバーでのライブがもう見られなくなるかもしれないと思うと、よけいに寂しくなります。
この先アイドリングがどうなるのか知らされないまま、いつもの生活に戻らなければいけないことに、もどかしさを感じます。

ライブの感想は、帰ってからあらためて書こうと思います。

アイドリング!!!11thライブの感想など

2011年12月 5日(月) 03:22 | アイドル

11thライブ
録画した11thライブを見終わりました。
会場では3階席の最前列で見ていました。去年行った中野サンプラザの2階席よりステージが近くて、みんなの様子を一望できてとても見やすかったのですが、さすがにメンバーの細かい表情までは見えなかったので、あらためてテレビで見て、やっぱりアイドリングっていいなぁと思いました。
ただ、テレビだと実物より太って見えるのは気のせいでしょうか。現地で見て「まなちゃん、やせたんだ」と思ったけど、テレビだと以前とそれほど変わらない感じでした。野元さんに限らず、テレビ映りで損してる人は多いと思います。

アイドリングのライブを生で見るのは8月の「TOKYO IDOL FESTIVAL」以来で、単独ライブとしては、1年前の大晦日に中野サンプラザで行われた9thライブと「カウントダウンパーティーング」以来になります。
先ほども書いたとおり、とても楽しいライブでした。
あらためて、ライブを見て思ったこと、感じたことを記録しておきます。

●おでこを出したすぅちゃんがめちゃめちゃかわいかった。
すぅちゃん
たぶん台本にないやり取りで、いつものキャラと違うことをした直後のすぅちゃん(森田涼花さん)。谷澤さんの陰に隠れて照れるところがかわいいですね。

●かおるんがメイクのせいなのか、いつも以上に大人びて見えた。
かおるん
もともとふけ、じゃなかった大人っぽいかおるん(後藤郁さん)ですが、今日はいつにも増して大人びた雰囲気でした。前髪が長いせいなのかな。

●まいぷるの声が絶好調だった。
まいぷる
基本的にまいぷる(遠藤舞さん)は歌がとてもうまいのですが、日によってムラがあったりします。でも今日の歌声は、今まで見た中で最高に近いできでした。
放送内では「Don't think. Feel!!!」の出だしをソロで歌い、再アンコールではアコースティックギターの伴奏で「Like a Shooting Star」をひとりで一曲歌いきりました。
癒されました。

●でもやっぱり自己紹介は必要だと思うんだ。
10thライブにはあった、メンバーの自己紹介は今回はありませんでした。
9thライブのときも書いたのですが、CS放送で初めてアイドリングのライブを見る人もいるはずだから、メンバーの自己紹介は入れるべきだと思います。ほかのアイドルでも、大きなライブのときは必ず自己紹介をしていますし。
メンバーが20人もいるうえ、AKB48やももクロみたいに各メンバーのキャッチフレーズがあるわけでもないので、自己紹介で時間を取るなら歌った方がいいという考え方もあると思います。しかも今回は5期生オーディションとか、「癒しムービーコンテスト」の1位の発表とかいろいろ立て込んでいたので、時間的に厳しかったのかもしれません。
それでも、自己紹介は入れるべきだったと個人的には思います。

●新曲「MAMORE!!!」を見て思ったこと。
「Don't think. Feel!!!」や「S.O.W.」と同じ系列の正統派路線。曲自体はなかなかよい。でもこれ、タイトルや歌詞や衣装からして、自衛隊応援ソングってことでしょうか。うーん。そうだとしたら、勘違いしたファンが付かなければいいんだけどな。

●アイドリングのガシャポンを買ってみました。
ガシャポン
物販コーナーにあったので、記念に試してみました。
「サウンドロップング」はうめ子(河村唯さん)。ボタンを押すと声が出る仕掛けですが、なんだか怖くて押せません。
プレートの方は、12月23日の番組観覧(たぶん生放送)が抽選で当たるガシャポンだったのですが、普通にプレートが出てきました。中身はゆりっぺ(橘ゆりかさん)。ただ残念なことに、工程ミスなのか、顔のところに黒い汚れがついています。ちょうどうめ子さんのホクロの位置です。

●帰りに「香味焙煎」を4本もらいました。
香味焙煎
これは普通にありがたかったです。さっそく一本飲みました。
ラジオ番組とタイアップして、ネスレのホームページに載っている「癒しムービーコンテスト」の人気投票の1位をライブで発表するなど、スポンサーとしてアイドリングを応援してくれているのに、肝心の「香味焙煎」がなかなか売ってないんですよね。昔は「サンタマルタ」とかそこらじゅうで買えたのに。
ずっと前に某所で見つけて1回飲んで、なかなかおいしかったので、もっといろんなコンビニで買えるようになればいいんですけど。

●5期生について
2年前の4期生のオーディションもずっとテレビで見ていたのですが、あのときに比べて「場慣れした人」が多かったように思いました。
候補者15人のうちひとりは「どこかで名前を見た人」だったし、2年前に落選した人もひとり来てたし。
帰ってからネットを見てみると、さっそく5期生の候補者に関する情報が出ていました。すでに芸能人やモデルとして活動している人が多いんですね。納得しました。
4期生オーディションと違って、今回は芸能活動をしている人、すでに芸能事務所に所属している人にも応募資格がありましたから、実績がある人が最終選考に残るのは当然といえば当然なんでしょうね。僕としても、新メンバーにはアイドリングにふさわしい実力さえあればいいと思っているので、素人であることは望みません。
現実問題として、「事務所に所属している人がアイドルグループの一員として活動できる手段」が、その事務所が新たにグループを立ち上げる以外では、現状ではアイドリング以外になさそうなんですよね。複数の事務所のアイドルで構成されるグループは、主立ったところではアイドリングとAKB48くらいですが、AKBのオーディションは確か、事務所に所属している人は受けられなかったと思います。

でもそれにしても、メンバーの橋本楓ちゃんといっしょに「ChocoLe」として活動している高橋胡桃さんと玉川来夢さんが、アイドリングのオーディションに来たのはびっくりしました(高橋さんの名前は知っていましたが、玉川さんは知りませんでした)。これって本人たちの希望で、アイドリングに入りたいからオーディションを受けたってことなんでしょうかね。それとも大人の事情なのでしょうか。気になります。それにもしオーディションに落ちたら、楓ちゃんとの関係がぎくしゃくしそうで嫌です。ひとりだけ落ちたらもっとヘビーです。どうするんでしょうか。事務所の先輩のひぃちゃん(三宅ひとみさん)も心配でしょうね。
あとは、朝日奈央さんと同じ雑誌でモデルをしている女の子が何人かいて、朝日さんと面識がある子もいるでしょうし、候補者同士も知り合いだったりするでしょうから、そこで受かる人と落ちる人が出てしまうのもつらいところです。

あと気になるのが、ファンによる投票のこと。来年発売されるシングルに投票券が同封されているそうで、メンバーになってほしい候補者に投票できるとのことですが、この投票がメンバーの選考にどこまで反映されるかが問題です。
たとえば新メンバーが5人だとすると、得票数ベスト3は無条件に加入決定で、残りの2人はスタッフの推薦で決める、といった方法が取られるのではないかと想像しています。さすがに全員を投票だけで決めることはしないと思います。
僕も投票に参加するつもりです。候補者の一覧はすでにアイドリングのホームページに出ていますし、これからいろんなメディアで紹介されると思うので、じっくり考えたいと思います。
できれば公式ホームページで、歌ってる動画を見せてもらえるとありがたいです。やっぱり歌唱力の強化は重大なテーマだと思うので。

すでに芸能人として活動している人、テレビの仕事はないけれど雑誌のモデルをしている人が過半数を占める中で、そうした活動の経験がない人たちの緊張っぷりが際だっていました。でも逆に、そういう女の子こそ化けるかもしれません。リーダーのまいぷるだって、アイドリングの番組が始まる直前まで普通の地味な高校生だったわけだし。
候補者の自己紹介のあと、CS放送には入りませんでしたが、「ガンバレ乙女(笑)」を歌ったときにバックで候補者15人が踊っていました。体が動いている子、がちがちになっていた子、いろんな子がいました。すでにアイドルとして完成されている子を避けて、緊張で動けなかった子にあえて投票する人も多いかもしれません。

アイドリング5期候補生、石田佳蓮さんの1年前の出演番組

2011年12月 8日(木) 00:31 | アイドル

石田佳蓮1 石田佳蓮2
細っ!

アイドリングの5期生の候補、石田佳蓮さん。「ラブベリー」という雑誌でモデルをしているそうです。つまり朝日奈央さんの後輩ということです。
石田さんは、すでに芸能人としてボックスコーポレーションに所属しています。もしかしたらと思って調べてみたら、やっぱり出演していました。
スカパーのPigooHDでやっていた「BOX TV」という番組です。

同番組は月1の放送で、タイトルのとおりボックス所属の女の子が出演するバラエティ番組。MCはアイドリングのリーダーでもある、まいぷること遠藤舞さんが務めていました。
石田さんは2010年12月と2011年1月の2回にわたって登場しました(僕が見たのはリアルタイムではなく、今年9~10月にやっていた再放送です)。収録はいずれも2010年11月と思われます。
石田佳蓮3
オープニングの自己紹介。テーマは「2010年を振り返って」。

石田「石田佳蓮です。私は中学2年生になってはじめて後輩ができたことです」

遠藤「若っ! 中学2年生!」

隣にはなにげにアイドリング23号の伊藤祐奈さんもいます。もちろんこの時点では、ふたりは単なる事務所の同僚という間柄です。
石田佳蓮4
ガールズトークコーナー。お題は「かっこいい男ってどんな男性?」

石田「じゃん!」

遠藤「あ、寡黙な人。あんまり話さない」
石田佳蓮5
この角度で見ると、SKE48の松井玲奈さんに似ています。

石田「えー、なんかこれ、あの、かっこいい男性ってのを考えたときに、なんかずーっとしゃべってる人よりも、なんかたまにさらっとしゃべるみたいな人の方がかっこいいかなーって思う」

遠藤「でも逆にさぁ、クラスで人気ある人って、すっごいあの、めちゃくちゃ明るい人とかじゃないの? クラスの中で要は人気者タイプの方がすごいモテたりとかしない?」

石田「でも意外に、しゃべる人はみんなの中で好きってなるんですけど、裏で好きなのはこういう感じ」

遠藤「これ見た男の人は一気にこれ無口になるよー。明日から無口ですよもう」

石田「それもそれで…。しゃべってほしいんですけど、そんなにべらべらしゃべらずみたいな」

遠藤「でもあれじゃない、普段しゃべらないんだけど、ふたりっきりになったら気ぃつかってさぁ、さりげなく…」

秋月三佳「ツンデレだ! 祐奈ちゃんだ」

祐奈「私ツンツンですよ」

遠藤「えっ?(怒)」

参加者のセリフを忠実に起こしたら、石田さんのセリフがなんだかバカっぽくなっちゃいました。
話し方は、アイドリングだと尾島知佳さんに似てます。なんとなくイメージがつかめるのではないでしょうか。

今までのが2010年12月放送分。続いて、2011年1月放送分です。
石田さんと祐奈ちゃん、秋月三佳さんの3人が料理で対決するという企画でした。
石田佳蓮6
遠藤「この3人はみんな料理はできるの? おうちでやったりしてる?」

石田「お母さんの手伝いをしてるだけですね。あんまりできないです…」
石田佳蓮7
料理経験がほぼゼロなのに大根を手に取った石田さん。驚く一同。

遠藤「大根!」

秋月「チャレンジャー!」

石田「でも…シャキシャキ感が」

れいこ「ちょっとまいぷるさん、シャキシャキ感ってことは生ですか?」

遠藤「まじですか? 生大根は辛いんじゃないですかね…」

この後も石田さんは自由すぎる行動で、MCのまいぷると伊藤れいこさんを困らせていました。
彼女はバラエティ番組の経験はほとんどなかったと思うのですが、周りの先輩がみんなふわふわした性格のためか、あまり緊張することなく、のびのびとしているように見えました。
石田佳蓮8
最後に、バレンタインの告白の体でひとこと。

石田「ずっと前から好きでした。がんばったので、ぜひ食べてください。大好きです」

遠藤「かわいー! ちょっと、いいじゃんこれ。甘酸っぱい気分になったわ。がんばって作ったんだ」

石田「がんばって作りました(照れながら)」

そんな先輩まいぷるさんとの掛け合いが、来年の4月からも見られるのでしょうか。

東京エキゾチカ

2011年12月10日(土) 03:15 | 日記


大学時代の友人と、ザギンで忘年会をしていました。
場のノリでこんな時間まで飲んでいたのですが、みんなはタクシーで帰ってしまい、僕は東京駅でひとりどうしようか迷っているところです。

自宅までタクシーで帰れば1万6千円コース。そういえば1年ほど前にも同じメンツで飲んで、酔って電車に乗ったら眠ってしまい、自宅から遠く離れた駅からタクシーで帰るはめになったことを思い出しました。
でも実は、今日こっそりCFD投資で8万円の利益を確定させたので、少しくらいのぜいたくならいいかと思いつつ、あと1時間半待てば始発が来るんだから我慢すべきという判断ができるくらいに酔いがさめていて、でも外は寒いし携帯の電池も切れそうだし、どうすればいいのか悩みます。

別の月の日記を見る