先週の金曜日、バラーズのライブへ行った話

2011年6月10日(金) 21:57 | フォーク

1週間も前の話題で申し訳ありませんが…。

先週の金曜日、ライブへ行きました。
場所は、都営新宿線曙橋駅の近くにある「バックインタウン」。演者は、京都の女性フォークトリオ「バラーズ」の皆さんです。

ご本人から直接お誘いがありまして、昨年いらした時は仕事が忙しくて見に行けなかったのですが、今年は時間ができたので、行くことができました。
お会いするのは、2009年夏の「椛の湖フォークジャンボリー」以来です。
バラーズの皆さんは自分の母親と同じ世代なんですけど、今も月に2回以上は歌っているそうで、時にはこうして東京まではるばるやって来る、そんなバイタリティをついつい自分の母親と比べてしまいます。自分があまりにもだめな子供で、普通の家庭の10倍くらい子育てで苦労しただろうし、ほかにもいろいろつらいことがあったから、遠くへ旅行したり遊びに行ったりする気力や好奇心はもう残ってないのかな…。そう思うと、やり切れない気持ちになります。本当なら60代前半なんて、楽しいことにどんどんチャレンジできる時期なのに。

「フォークギターを弾いて歌う女性3人組」というのは、1970年当時はかなり珍しい存在だったと思います。というか、おそらく今にいたるまで、プロのミュージシャンで目立った人はいない気がします(デュオなら「メンボーズ」とか「花*花」なんかが思い浮かぶのですが)。
学生の頃に「中津川フォークジャンボリー」のライブCDに入っていた曲を聴いて「これいい!」と思ったのが、バラーズを知ったきっかけでした。それからずいぶん後になって、今も歌っていることを知り、初めてライブを見に行ったのが2008年、場所は京都のKBSホール。「やっぱりいいなぁ」と思いました。
(そのときのことを当時の日記に書いているので、ぜひご覧ください)

フォークソングという音楽は、歌い手の思いを音に乗せて聴き手に届けるもの。主役は言葉です。でももちろん、音そのものが心地よくないと聴き手の心には届きません。やさしい言葉、楽しい言葉、ときには辛辣な言葉が、軽快なギターの音やきれいなハーモニーとともに伝えられるから、聴き手は言葉に共鳴し、音楽に心を動かされるわけです。
バラーズの歌もまさにそうです。長く生きてきて、いろいろなことを乗り越えてきた人じゃなければ言えないこと。言葉のままだと重いかもしれないけど、きれいな音楽に乗せることで、自然に心の中に入ってくる感じ。

最近では、昔からの仲間が亡くなり、追悼コンサートを行う機会が増えているとのこと。「生きている人が、いない人の分まで楽しまなくちゃ、と思うようになった」ということをおっしゃっていました。このところ自分は生きることに対してあまり積極的になれなかったのですが、この言葉を聞いて、「楽しむ」ということを励みにして生きていこうと、少しだけ前向きになれました。今はあんまり幸せじゃないのに、これから楽しいことをしないで死んでたまるかよ。

ライブでは、数組のミュージシャンがゲストとして参加しました。その中のひとりが、かつてシューベルツにいたおちゆうじさん。自分にとってはシューベルツの一員というより、「1968京都フォーク・キャンプ」のCDで杉田二郎さんといっしょに歌っていた方というイメージの方が強かったりします。大昔のCDでしか知らないミュージシャンが目の前にいて、昔の歌(シューベルツの「風」も歌いました)だけでなく、新しい歌も聴かせてくれました。
フォークを「懐メロ」だと思っている人がいたら、それは間違いです。40年前のフォークブームを支えた歌い手の多くは、今もなお「現在」を歌っています。当時の歌を、今の時代にも通用するメッセージとして歌うこともあれば、生まれたばかりの言葉を歌うこともある。そりゃ中には懐古趣味一色の「フォークコンサート」もあるし、テレビの地上波でたまに放送されるのはそういうものばかりだけど、本当のフォークはそうじゃない。昔も今も、今という時代を生きる人間の思いを伝える音楽なのです。
フォークファンのひとりとして、このことをより多くの人に知ってほしいと思います。

扇風機

2011年6月11日(土) 23:32 | 日記

扇風機
三菱の「R30J-MM」という機種。通販で、7000円ぐらいで買いました。

機能は、昔からある扇風機とほぼ同じ。リモコンはなく、本体のスイッチですべてを制御します。首振りも、モーター部分の上にあるつまみを押したり引いたりするローテクです。
昔と違うところは、「切タイマー」が6時間まで設定できるなど、タイマー機能が充実しているところです。
古い扇風機と違うのは、モーターがコンパクトなこと。収納するのに便利です。それでいて、回転音は静か。さすがは10年代の最新マシンです。

最弱風量の「ベビー」は、思っていたより風が強いと思いましたが、まあ許容範囲内です。つけたまま寝ても問題なさそうです。

シェッファーホッファー・ヘフェ・ヴァイツェン

2011年6月12日(日) 22:13 | 日記

シェッファーホッファー・ヘフェ・ヴァイツェン
ローマ字で書くと「Schofferhofer Hefeweizen」(正確には最初のoはウムラウト)。ドイツのビールです。
近所の成城石井で買ったのですが、500mlで550円というのは、成城石井の洋ものビールにしてはかなり安い方です。
味は、「銀河高原ビール」を濃厚にした感じ。いい意味でも悪い意味でも値段通りです。さすが成城石井、はずれがありません。

新しいキーボードにもDvorak配列のシール

2011年6月19日(日) 05:05 | 日記

キーボード
この前買ったBluetoothキーボードに、自作のDvorak配列のシールを貼りました。

Bluetoothキーボードというのは、簡単にいえばワイヤレスのキーボードのこと。Bluetoothとは無線通信の規格のひとつです。
このキーボードは、枕元でパソコンの操作をするために、小型のUSBディスプレイといっしょに買いました。小さすぎて文字が打ちにくいのがつらいところです。

Dvorak配列というのは、キーボードの配列の一種です。母音(A・E・I・O・U)が左側の位置に固まっているのが特徴で、通常のキーボード配列(QWERTY配列)よりタイピングが速いといわれています。アメリカあたりではこの配列を使っている人がそれなりにいるみたいですが、大半の日本人はQWERTY配列以外の配列があることすら知らないでしょうし、もし別の配列があったとしても、わざわざ慣れ親しんだQWERTY配列を捨ててまで別の配列に乗り換える必然性はないので、Dvorak配列を使っている人なんてほとんどいないわけです。
僕はそんなレアなキーボード配列を5年前から使っている変人ですが、それでもキーボードに表示されている文字がQWERTY配列のままだと混乱してしまうので、このようにDvorak配列のシールを自分で作って、キーボードに貼っています。

ライター業なんかだとQWERTYよりDvorakの方が使いやすいと思うのですが、僕以外にDvrak配列を使ってる人はいるんでしょうかね。

似ているのです

2011年6月24日(金) 03:26 | 日記

女優の加藤ローサさんが、サッカー選手の松井大輔さんと結婚したそうで。
おめでとうございます。

なぜいきなり加藤ローサの話題に食いつくかといいますと、以前に「加藤ローサに似てる」と言われたことがあるからです。
あれは仕事の取材で、相手は女性の銀行員の方でした。
ああ、成績のいい銀行員の人ってこんなふうにしてお客の心をキャッチするんだな、と感心しつつも、きれいな女優さんに似てると言われて素直にうれしいと思いました。
確か当時も日記でネタにしてたよなぁ、と思って自分の日記を検索してみたら、加藤ローサに似ているというネタで5回も日記を書いていたことがわかり、異常に舞い上がっていた自分が恥ずかしくなりました。
加藤ローサ
この顔から、髪の毛を短くして、まゆ毛を濃くすればほぼ僕の顔になります。
反論は受け付けます。

これからアイドリング!!!の10thライブが始まりますが

2011年6月26日(日) 15:01 | アイドル

先行予約の抽選で外れてしまったので、参加しないことにしました。
生放送があるからいいやと思っていたら今回はなくて、放送されるのは7月9日です。フジテレビNEXTではF1の生放送があるから、枠が取れなかったんでしょうかね。

今回は10回目の節目ということか、谷澤さんやひぃちゃんのブログの内容がちょっと重い感じだったのが気になっています。僕が見に行った年末の9thライブでは特に何もなかったのですが、今回のライブでは何か重大な発表があるのかどうか、気になっています。
やっぱり、悪い席でもいいからチケットを買うべきだったかも。

10thライブの昼公演は

2011年6月26日(日) 17:56 | アイドル

春に出たアルバムの中で新しめの曲を中心に、夏によく歌われる曲とか、来月出る新曲とか、そんな感じのセットリストだったみたいです。
古い曲の多くはフルコーラスではなくメドレーで歌ったみたいですが、生バンドの演奏で、もちろん生歌なので、何度も聴いた曲でも十分に楽しめたと思います。やっぱり見に行きたかったなぁ。

新しい話題としては、「ぷよぷよアイドリング!!!」の再結成が発表されたそうです。今度はメンバー全員が参加するそうで。とあるニュースサイトでは、ライブで新曲が歌われる前に記事が出ていました。ぷよぷよのコスチューム姿、年長メンバーには無理がありすぎる感じがいいですね。
それ以外は、今のところ重大発表はないみたいです。

夜講演は18時30分スタート。1時間そこそこの休憩で、また2時間以上歌ったり踊ったりするんですね。たいへんだ。

別の月の日記を見る