雪ですのぅ

2010年2月 2日(火) 00:07 | 日記

雪景色
ここ武蔵野では、この冬初めての本格的な雪です。
外はそんなに寒くないから、明日の朝は道が凍結したり電車が止まったりすることはないと思いますが、地面がべとべとに濡れてたら嫌だなぁ。
今日に限って言えば、日記のタイトルのダジャレの方が寒いと思います。

おひさしぶりのマレッツ・トリプル

2010年2月 7日(日) 02:45 | 日記

マレッツ・トリプル
どうも、ごぶさたしております。
決してネタのない生活を送っているわけではないのですが、このところ仕事などいろいろと立て込んでおりまして、プライベートで長文を書く気力がなかったのです。
書きたい、伝えたいと強く思うことほど書くのに時間がかかるので、どうしても気軽に書けないんですよね。たとえば1月29日に書いたリモコンを分解した話なんて、書くのに何十分もかかってしまうわけです。
逆に、これから書くビールの話なんて、酔っ払っても書けます。

そんなわけで、今日飲むのは「マレッツ・トリプル」というベルギーのビールです。
過去に「マレッツ・ブロンド」というビールを飲んだことがありますが(参考…マレッツ・ブロンドと銀河高原のエール - フォーキー★カーニバル)、このビールはたぶん初めて飲みます。
買ったのはいつものイトーヨーカ堂西館の酒屋さんですが、もうすぐ西館の店内改装ということで、現在閉店セール中です。外国のビールは、先週は2割引でしたが、今日は半額でした。デュベルやヒューガルデンのような有名どころはさすがに売り切れていて、余りものから選んだのがこのビールです。
定価で612円、半額でも306円と、かなり高級品。売れ残るのも仕方がないかもしれません。これより100円ほど安い「マレッツ・ブロンド」は、すでに売り切れていました。
改装後も、これまでのようにマニアックなビールを扱ってくれればいいのですが…。

ここまでしらふで書きました。ここから先は酔っ払いの日記です。

ビールの色は薄い茶色。あるサイトでは「琥珀色」と表現していました。
ひと口飲んだ瞬間にずしんと来る重量感。次の瞬間、口の中に広がるフルーティーな香りと甘み。アルコール分10%という濃さもさることながら、しっかりと味がついています。これぞベルギービールという感じで、かなりおいしいです。有名どころでたとえると、オルヴァルの口当たりをよくした感じでしょうか。
高いけど、ぜひまた飲んでみたいです。

こわれる

2010年2月11日(木) 17:08 | 日記

自宅のパソコンのハードディスクが壊れてしまいました。
月曜日、帰ってパソコンを開いてみると、ディスクのボリュームラベルが消えて、空き領域が表示されなくなっていたのです。
ディスクのアイコンをダブルクリックしても、中のデータにアクセスできません。それどころかVistaは、僕の気も知らないで「フォーマットしますか?」と尋ねてきます。
ハードディスクそのものは、たとえばガリガリと嫌な音を立てたりするような、物理的な損傷はないように見えます。

過去にも何度かハードディスクが故障して困ったことがあったので、消えたらまずい重要なデータは毎日バックアップを取っています。でも、今回故障したのは外付けのハードディスクで、中に入っていたのはテレビ番組をハイビジョン画質で録画したデータのみ。それほど重要なデータではないし、そもそも1個で何十ギガバイトもあるようなデータなので、バックアップは取っていません。
とはいえ、実際にデータが消えてしまうとさびしいものです。どうにかしてデータを復旧しようと、日記を書く時間も惜しんで、いろいろ手を尽くしました。データ復旧ソフトも使いました。これまでにも同じような症状が別のディスクに発生していて、そのたびに危機を救ってくれたソフトでも、今回の故障には対応できませんでした。

やれることはすべてやりました。あきらめて、ハードディスクをフォーマットすることにしました。
現在、フォーマットは6割ほど進んでいます。同じ1テラバイトのディスクを新品で買うと7000円以上かかります。無事にフォーマットが終わり、元どおり使えるようになればいいのですが。
壊れた原因はわかりませんが、ここ2週間ほどでこのディスクにアクセスする回数が少なかったことと、ハードディスクに20分間アクセスしないと電源が自動的に切れる設定になっていたために、わりと頻繁に電源のオンオフが繰り返されていたことがまずかったのではないかと思います。そこで、ほかのディスクに同じことが起きないよう、ハードディスクの電源が自動的にオフにならない設定にしました。

タイトルの「こわれる」は、小川範子さんの往年のシングル曲のタイトルから取りました。
ひさびさに11時間ほど眠ったのですが、目覚める直前の午後2時ごろに、ものすごくリアルで、ものすごく欲求不満な感じの夢を見ました。「満たされてない」という現実から必死に目を背けようとしているのに、不意に僕の深層心理からむき出しの欲望を見せつけられた気がして、なんだか変な気分でした。
ハードディスクの故障より、自分自身が壊れてしまうことを心配した方がよさそうです。

ごろ寝

2010年2月15日(月) 01:54 | 日記

食べすぎてしまいました。
きのうの夜のことですが、部屋の整理をしていたら夜遅くなって、日付が変わったあたりから食べ始めたら、ちょっと食べる分量を間違えてしまいまして。大食漢で知られる僕ですが、もちろん限度はあります。
「青くなって戻しなさい、吐きなさいあげなさい」(なぎらけんいち「教訓II」より)という最悪の事態にこそならなかったものの、横になったまましばらく動けず、胃がぱんぱんになって眠ることもできませんでした。
そうこうしているうちに外が明るくなってきたので、洗濯をして、洗濯物を干して、ようやく眠りました。
目覚めたのは午後4時。だから今日は一度も外出していません。

このところ、休みになると必要以上に怠けてしまいます。家でごろごろしていたら、すぐに一日が終わってしまいます。11日も、先週の日曜もそうでした。
そうやって日頃の疲れを癒すことも必要だとは思いますが、もっと外に出て、楽しいことを見つけに行かなきゃだめだと思います。
でも、最近どうにも気分が盛り上がらないんですよね…。心におもりが乗っかっているような感じで。どうすれば軽くなれるのでしょうか。

アニメオタクな若い女性に遭遇した話

2010年2月17日(水) 22:56 | 日記

とある店で食事をしていたときのことです。
隣のテーブルに、20代前半くらいの若い女性が数名。見た目は普通のかわいらしいお嬢さんです。
テーブルでは、「レイアース」やら「マイトガイン」やらという言葉が飛び交っていました。
途切れることなくエンドレスに続く会話。新旧のアニメのタイトルに声優の名前、果てはゲームの登場人物について熱く語る女性たち。
気分が高揚するとどんどん声が大きくなり、あふれる言葉を早口でまくし立てるように吐き出す。まさにオタクの行動様式そのものです。普通の会話では出てこないような、独特の感嘆符を使うところなんかも。

アニメイトのことを「メイト」と略すことも初めて知りました。発音は「チームメイト」などと言うときの「メイト」とは異なり、「メイド喫茶」の「メイド」のように平坦な発音で「メイト」と言います。あと、ネット通販のアマゾンのことを「密林」と呼んでいました。
僕はひとりで来ていたので、会話は丸聞こえでした。最近のアニメショップ事情とか、DVDの特典がどうとか、アニメの世界を全く知らない僕にとってはものすごく興味深い話でした。

それなのに、見た目は決して「ザ・オタク」という感じではなかったんですよね。むしろシャレオツな感じですらありました。
芸能界には、中川翔子さんをはじめ加藤夏希さん、栗山千明さんなんかがアニメオタクであることを公言して、実際に好きなアニメに対する尋常じゃないほどの知識や愛情を堂々と表現しています。新しいところではAKB48のまゆゆ(渡辺麻友さん)やらぶたん(多田愛佳さん)、アイドリング!!!の長野せりなさんもそうです。
僕らの世代だと、アニメオタクというだけで偏見の目で見てしまうことが多いのですが、今の若い人はそういう感覚はないのかもしれませんね。

好きなことを仲間と熱く語る女性たちの姿を、とてもうらやましく思いました。
僕も日本のフォークソングについて、同世代の人と熱く語り合ったり、みんなで歌ったりしたいです。

おたんじょうび

2010年2月20日(土) 13:33 | 日記

今日が33歳の誕生日です。
よくもまあ、僕みたいな人間が33年も生きてこられたものです。僕を今日まで生かせてくれたすべての人たちに感謝します。
次の誕生日を無事に迎えられるかどうかは分かりませんが、先のことを考えても気分は明るくならないので、これからもただひっそりと、静かに生きていきたいと思います。

誕生日祝いにベルギーのビール

2010年2月20日(土) 23:24 | 日記

ステーンブルージュ・トリプル
年に一度の誕生日ということで、景気よくベルギーのビールを飲んでみました。
「ステーンブルージュ・トリプル」というビールです。

アルコール分が8.7%ということで、かなり濃厚な香り。でも飲んでみると口当たりがよくて、ハーブの独特な香りや甘みが効いていました。濃いわりには飲みやすく、日本人好みの味だと思いました。

正直言って、東京に引っ越した頃には、まさか4年後もひとりで誕生日を迎えているとは思っていませんでした。
身の程を知るのが遅すぎました。この現実が僕のすべてです。
けっこう飲んだはずなのに、あまり酔えませんでした。

別の月の日記を見る