もはや懐かしいというレベル

2009年6月 2日(火) 00:45 | 日記


ある方が韓国のソウルへ出張へ行ったときのおみやげ。「冬のソナタ」のホワイトチョコレートです。

いまだに韓国といえば冬ソナなんでしょうか。もう5年以上前の作品で、むしろ懐かしいというレベルなのですが。
そういえば、冬ソナ以来日本でヒットした韓国ドラマを知りません。見たことがあるのはせいぜい、NHKでやってた、チャングムのなんとかってアニメぐらい。単に僕が流行に疎いだけで、たぶんいろいろあるんでしょうけど。
それでもやっぱり冬ソナなんでしょうかね、ソウルのみやげもの屋的には。

パスカルズと遠藤ミチロウのライブ

2009年6月 3日(水) 01:32 | 音楽

スターパインズカフェ
今日は「パスカルズ」のライブを見るために、仕事を早めに終えて、吉祥寺のスターパインズカフェへ行きました。

少し早めに現地に着くと、ちょうどスターパインズカフェから出てきたロケット・マツさんとすれ違いました。マツさん、どこへ行かれたのでしょうか。
開場は6時半。それまで、外で予約の整理番号順に並びます。僕はチケットを予約したのが遅かったために、整理番号は85番。それでもわりと前の方の席に座ることができました。
しかし、席についたとたんにドリンクチケットを紛失するというトラブルが発生。店員さんに事情を話して、チケットが見つからないのにジントニックだけいただきました。店員さんごめんなさい。

パスカルズは14人編成のバンド。ギターやバイオリン、チェロ、トランペット、ピアノなどのアコースティックな楽器から、アコーディオンやピアニカ、パーカッション、さらにはおもちゃを楽器代わりに鳴らすなど、多彩な楽器で多彩な音を奏でます。
言葉で伝えるのは難しいので、YouTubeの動画を紹介します。

パスカルズ - Taking Dog Fields

パスカルズ - だんだん畑

僕がパスカルズを見たのは、2007年1月に行われた「高田渡生誕会59」が最初でした(「高田渡生誕会59」レポート - フォーキー★カーニバル)。遊び心がいっぱいの、幻想的で楽しい音楽が印象に残りました。あれから2年が経ちましたが、ようやくパスカルズのライブを見る機会に恵まれました。

7時半。ステージいっぱいに並べられた楽器のもとに、パスカルズのメンバーがひとりずつ順番にやって来ました。
さっき見たときとは服装の違うロケット・マツさんの合図で、演奏が始まりました。
14人のメンバーと、14個の楽器が奏でる音楽に、心の中が明るく晴れわたっていくような感じでした。

数曲の演奏のあと、ゲストの遠藤ミチロウさんが登場。
ミチロウさんはパスカルズの演奏をバックに、「電動こけし」など4曲を歌いました。この前の春一番で見たばかりですが、やっぱりミチロウさんはかっこいいです(「祝春一番」5月3日のレポート)。
おととしの高田渡生誕会では、パスカルズを従えた友部正人さんの「6月の雨の夜、チルチルミチルは」を聴いて、思わず鳥肌が立ってしまいました。パスカルズのふわふわした音には、友部さんやミチロウさんのような強烈な言葉を持つボーカルが合うような気がします。

アンコールでは、石川浩司さんが客席からジェット風船を飛ばしたり、客席でマイクなしで歌ったり、ミチロウさんが歌う横でシャボン玉を吹いたりしていました。ロケット・マツさんも、ピアニカを吹きながら客席に来てくれました。音だけでなく、パフォーマンスでも楽しませてくれました。

楽しいライブを見て、僕も明るい気持ちになれました。

ひさびさにゲームの話題でも

2009年6月 5日(金) 00:44 | 日記

この日記の前身「フォーキー★カーニバル」はもともと、ゲーセンのクイズゲーム「クイズマジックアカデミー」(QMA)の成績を記録するために始めたサイトでした。過去には「2ちゃんねる」でちょっとだけ評判になったり、日記の記述が一部で物議をかもしたこともあって、QMA関連のブログのリンク集「Library of MagicAcademy」でも紹介していただいたのですが、そのサイトに、律儀にも現在の「フォーキー☆カーニバル」のリンクを追加してくださった方がいらっしゃいました。どなたかは存じませんが、ありがとうございます。
それで、今でもたまに同サイトからのアクセスがあるのですが、これまでゲームの話題には全く触れておらず、「なんだこれ、単なるおっさんのつまらない日記じゃん」と期待を裏切られた方もいらっしゃると思います。2004年以前から僕のことを知っている方にも、「もうやめちゃったのかな?」と思われているかもしれません。

そんなわけで、ひさしぶりにゲームに関する近況をお伝えしたいと思います。
今も息抜き程度に、といっても月平均1万円というハイペースでゲーセンに立ち寄っています。今日もアドアーズ荻窪北口店で遊んできたばかりです。
主にプレイしているのはQMAと「Answer×Answer」、「ポップンミュージック」の3つです。それぞれの現在のプレイ状況は、以下のとおりです。

■クイズマジックアカデミーVI

ドラゴン組で優勝
通算85戦め、ドラゴン組での59戦めにして、ようやく初優勝。初めてのプラチナメダル獲得の瞬間です。

ご覧のとおり、現在の階級は大魔導士7級。魔力はこの優勝で、2323ポイントになりました。
ここまで全プレイのうち7割以上を、最も強いプレイヤーが集まるドラゴン組で迎えました。ただ、今作では準決勝が必ずノンジャンルで、問題数も6問から8問に増えたために、紛れが出にくくなり、実力のないプレイヤーが決勝に進むのが難しくなりました。これまでのドラゴン組での59戦のうち、決勝に残れたのはわずか11回。うち優勝は今日の1回だけという情けなさです。
一方、ドラゴン組のひとつ下のフェニックス組では、20戦して決勝進出が14回、うち優勝は4回。いかにドラゴン組とフェニックス組のレベル差が大きいかがわかります。
正解率グラフ
現在の正解率グラフはこんな感じ。左端のアニメ&ゲームが最低なのは、問題が難しくてマニアックすぎるので当然です。対照的にライフスタイルは問題が全体的に簡単で、他のプレイヤーの正解率グラフを見ても、ライフスタイルが最も高い人が多いようです。
意外なのは、芸能と社会が低いこと。苦手意識はないんですけどねぇ。なぜだろう。
ちなみに、全体の総合正解率は65%程度です。

ところで、5月31日まで第1回全国大会が開催されていたんですね。いろいろと忙しくて、ここ2週間以上QMAから離れていたので、思いっきりスルーしてしまいました。

■Answer×Answer2

フォーキー九段
最上位リーグであるSS1リーグになかなか上がれず、ずっとやきもきしていたのですが、5月21日のプレイでようやくSS1リーグに行くことができました。初めてSS2リーグに上がってから3か月半、実に92プレイを要しました。いやぁ長かった。
5月22日には全国ランカーに勝って、SS1リーグでの初優勝を果たしたのですが、今日のプレイでは最下位になってしまいました。やはり最上位リーグは僕には厳しすぎるようです。次のプレイで3位以下になったらSS2リーグに逆戻りです。
これまで193回プレイして、現在の段位は九段。通算の決勝進出率はついに60%を切り、58.54%になりました。優勝と2位の回数はほぼ同じで、勝率は29.02%です。

今日から全国大会が始まりました。2回プレイして、対戦成績は1勝5敗とぼろぼろでした。土曜日に挽回しようと思います。

■pop'n music 17 THE MOVIE

いい年してポップンを叩くのもいいかげん恥ずかしいのですが、相変わらず人目を気にせず必死にやってます。
前作から何度も挑戦しているレベル39の「エピックポエトリーEX」を、先月ようやくクリアしました。僕にもまだまだ上達の余地があると思って喜んでいたら、レベル38の新曲「エナジーロックEX」でつまずいてしまいました。譜面の傾向としては、僕が大の苦手としている「ニンジャ卍ヒロインEX」や「ニンジャヒーローEX」に似ているのですが、あの手の譜面は何度プレイしても克服できません。
NET対戦の戦績
NET対戦では、「はるかなる大海原」から上がりも下がりもせず、43戦してご覧のような戦績。2位の回数がやたら多いのがなんとも中途半端です。
それでも、今日のプレイでようやく「竜神の島」に昇格できました。
竜神の島
昇格後、1回だけ竜神の島でプレイしてみたのですが、やはり対戦相手のレベルは大海原よりずっと上でした。「カウガールソングEX」で、相手の素点が85000点前後だったのに対し、僕は75000点。これでは相手になりません。

僕のポプともIDは「3272-1115-5206」です。気が向いたら登録してあげてください。

以上、ゲームをやらない方には全く意味のわからない日記になってしまいましたが、どうかご勘弁を。

雨上がりのグリーンパーク

2009年6月 6日(土) 16:23 | 日記


昼に雨が上がったので、ひさしぶりにバイクでふらふらと走っていました。
帰る前に、武蔵野中央公園に立ち寄ってみました。ここはバイク専用の無料駐輪場があるのがありがたいです。
ずっと天気が悪かったせいか、いつもより人は少なめです。

公園の周りを走っている人たちの姿を見て、僕もそろそろ取り返しのつかないことになりそうなので、今度こそまじめにジョギングを始めようと思いました。

吉祥寺駅前がすごいことになっている

2009年6月 7日(日) 14:49 | 日記


吉祥寺駅の北口に人がやたら集まっていると思って見てみたら、自民党がえらい人を呼んで演説をしていました。
どうやら麻生首相も来るらしいです。細田幹事長の姿も見かけました。元テレ朝アナウンサーの丸川珠代さんもいました。
演説会場の近くでは、この暑さにも関わらずスーツ姿の党員らしい人や、警察の人たちが周りを囲んでいます。

肝心の演説の内容ですが、民主党の悪口と、北朝鮮問題への言及ばかり。そりゃ確かに拉致問題も大切でしょうが、目の前で苦しんでいる国民の姿は見えないんでしょうかね彼らは。
野党に転落する危機なのに、不況や雇用や年金や社会保障などの現実から目を反らして、ミサイルがどうこうと危機を煽っているようでは、議席をさらに減らすだけだと思うんですけどね。
…などと書いていたら、ようやく年金制度についての話が始まりました。

マスコミのカメラもいっぱい来ています。それにしても、なぜわざわざ自民党の幹部が吉祥寺なんかに来るのでしょうか。菅さんを選挙区で落とすつもりなのでしょうか。

護送車もいます

2009年6月 7日(日) 14:56 | 日記


自民党の演説会場の近くに止まっている、誰かが何かをやらかした時のための護送車です。
学生のころ、大学の近くでよく見ました。きのうは東村山市内でも見かけたのですが、何かあったのでしょうか。

石原伸晃氏の演説が始まったようです。すごいなぁ、有名人がいっぱいだ。

吉祥寺に来た麻生首相

2009年6月 7日(日) 23:54 | 日記

麻生首相の演説
あのあと、3時すぎに麻生首相が吉祥寺に来て、演説を始めました。
みんなが暗い色のスーツを着ている中で、ひとり水色っぽい明るい色のスーツが目立ちました。
きのうのサッカーのことを話していましたが、ウズベキスタンをカザフスタンと言い間違えていたようで、相変わらずですね。
テレビで見るのと同じような、やたらと前のめりな内容の演説でした。

もうすぐ都議会選挙というタイミングでの演説はいいのですが、それにしてもなぜ吉祥寺だったんだろう。やっぱりよく分かりません。

別の月の日記を見る