ドルも日経平均も上がり、ガソリンも食料品も上がり

2008年5月 1日(木) 00:35 | 日記

毎日家計簿をつけている、意外とマメなフォーキーです。
血液型はO型です。よくA型っぽいと言われます。
最近、上地雄輔に似てると言われました。鼻から下が。
きっと、目から上を含めたトータルの顔は、上地さんよりかっこいいということなんでしょう。うん、そうに違いない。

月末にはいつも、1か月分の収支を計算します。食費や娯楽費、ゲーム代などを月にどれだけ使ったか算出し、「今月も使いすぎたなぁ」とため息をつくひとときです。
また、僕はお金の一部を、というか大部分をETFという商品に投資しています。月末は毎月の収入と支出に加えて、ETFの損益も計算します。
3月はひどいものでした。ドルは100円を割るし、日経平均は1万2000円台。それにつれて各国の株式市場は軒並み下落。元本の10%以上が目減りしてしまいました。
ところが、4月は大きく持ち直しました。ドルは104円台、日経平均は1万4000円。気になるインドの株価も上昇基調です。収支はほぼトントンのところまで来ました。
とはいえ、ドル高になったからといって喜んでばかりはいられません。
暫定税率復活で、ガソリンの大幅値上げが決まったからです。

きのう給油へ行こうと思いましたが、やめました。ニュースを見ると、どこも行列ができているようだったので。
明日から、東京ではガソリンが1リットル160円になるようです。一気に3月末より高くなるわけです。
税金分以上にガソリンが高くなるのは、原油の値上がりだけでなく、ドル高もその要因です。原油が米ドル建てで取引されているためです。
この1か月でドルが5円ほど上がったので、ガソリンの値上がりの3円分くらいはドル高の影響といえます。
当然、今後はガソリンにとどまらず、さまざまなエネルギーが値上がりします。鉄道やバスも値上がりするでしょうね。夜行バスで東京から京都へ行く場合、今なら4500円程度で行けますが、年末には6000円くらいになっているかもしれません。

暫定税率の話はうんざりですが、原油の値上がりや為替の変動はどうしようもないので、こればかりは消費者に転嫁するしかないでしょう。でなければ、働く人が報われません。仕事ばかりが増えて給料が全く増えない、ボーナスも雀の涙という悲惨な環境で働いている人も少なくないと思います。
自分は編集者ですが、原油高は決して他人ごとではありません。たとえば、印刷会社なんて大変です。原材料の紙の値上がりは死活問題です。
先日、とある印刷会社の方と話す機会がありました。以前に大手製紙会社が再生紙の偽装を行った影響で、ほとぼりが冷めるまで原材料の値上がり分を価格に転嫁することができず、かといって卸売価格はちゃっかり上がっているらしく、印刷会社で値上がり分を吸収しているようです。
それでもやはり、近日中には末端価格も値上がりするようで、そうなれば制作側のコストが増え、利益がそのぶん減ります。

誰が悪いか、という単純な話ではなさそうです。
確かに、原油や金属、穀物などの値上がりは適正価格を超えていて、その背後には巨額の資金を動かしている人なり組織なりがいるのかもしれないですが、それを誰かがどうにかしようと思っても、どうにもならないわけで。
現状を受け止めたうえで、値上げすべきところはする、わけの分からない税金は取らないなど、現実に即した対応をすべきところですが、それがものすごく難しいんですよね。僕よりずっと頭がいい人が考えてもなかなかうまくいかないのですから、僕にいい方法が思いつくはずがありません。
僕を含め、日本で働くすべての人が労働に相応の価値を生み出し、相応の対価を受け取り、消費を行うようになればいいのでしょうけど、日本の多くの企業で効率的に価値を生み出せていないことが問題なんでしょうね。
でも、もう何十年もそういう体制でやってきたわけだから、簡単に状況が変わることはないでしょう。
この先、僕たちはどうなるのでしょうか。

家計簿をつけながら、ついそんなことを考えてしまいました。

表現の自由も言論の自由も、先人たちの血と涙で勝ち取った尊い権利だということを忘れないように

2008年5月 2日(金) 00:54 | 日記

たまたま見ていた「NEWS23」の「もの言えぬ人々」という特集が興味深くて、思わず見入ってしまいました。
特集の内容は、「あらゆる圧力によって、言論の自由が脅かされている」というもの。
以前にこの日記でも書いた日教組がプリンスホテルに集会の開催を拒否された事件や、立川の反戦ビラ事件の最高裁での判決、あるいは公立学校での国歌・国旗問題などが取り上げられていました。
いつの世も、国家権力に異議を申し立てる者は徹底的に弾圧されます。たとえば安保闘争。たとえば長野での聖火リレー。権力とはそういうものです。
問題は国家権力の横暴ではなく、国家権力の横暴に対してあまりにも寛容な国民だと思います。中には権力の横暴に対して異議を申し立てる者を糾弾する「国民」すら存在します。プリンスホテルの肩を持つ人間が少なくなかったことには閉口しました。

表現の自由や言論の自由が認められたのは戦後のこと。選挙権でさえ、20歳以上のすべての国民に与えられるまでには、日本国憲法の公布を待たなければいけませんでした。
今、僕たちが当たり前のように享受しているさまざまな権利と引き替えに、戦争でたくさんの日本人が命を落としました。
言論の自由も、選挙権も、戦争で亡くなった先人たちの尊い命の上に成り立っているわけです。
そんな尊い権利を、権利を行使すべき国民が自ら否定するとしたら、これほど愚かなことはありません。
「自分と相反する主張は認めない」という理由で、気に入らない人の言論の自由を許さない人は、いずれその仕打ちは自分に返ってきます。せめて、それくらいは理解してもらいたいものです。

人権にしても、平和にしても、放っておいたらすぐに壊れてしまいます。
権力の横暴を許さず、今日を幸せに暮らすために、僕たち全員が権利を守る意識を持つことが大切です。
たとえば、次の衆院選。「表現の自由や言論の自由を大切にする政党、しない政党はどこか」という観点も、投票の基準になりうると思います。

「与えられることが当たり前」だと考える、受け身な人が増えているんでしょうかねえ。あるいは、自分の頭で考えない人が増えているのでしょうか。いろいろなことに無自覚な人が増えているように見えます。
あまり大げさに考えない方がいいのでしょうけど、楽観視するのも危ない気がします。

もうすぐ出発です

2008年5月 2日(金) 23:03 | 日記


新宿駅西口に来ています。
バスは間もなく、京都駅へ向けて出発します。

今年に入ってから、茨城県を除く首都圏1都6県の中だけで過ごしてきました(逆に言えば、山梨県も群馬県も栃木県も訪れたことがあるわけですが)。5月になってようやく、首都圏を離れて京都と大阪まで行きます。

明日は一日中京都で過ごします。京都へ行くのは昨年の10月以来です。
今回はベタな観光地を巡る予定です。過去、京都に4年近く住んでいたことがありますが、一度も足を踏み入れたことのないお寺があるので、この機会に見に行こうと思います。
とはいえ、基本的には気分にまかせて動こうと思っています。何が面白いものに出会えたらいいなぁ。

東京は雨が降っていますが、明日とあさっての関西は晴れるようです。気温も27度まで上がるとのこと。もう春を通り越して夏ですね。
ここ何年か、旅行やイベントで雨が降ったことがありません。僕には雨を寄せ付けない強烈な力があるようです。

2時間近く走って、ようやく談合坂

2008年5月 3日(土) 02:36 | 日記


夜行バスが予定どおりの時刻に出発することはまれで、たいてい誰かが遅刻するため、10分ほど遅れるのが普通です。
ところが今日は30分近い遅れ。ここまで遅くなるのも珍しいです。

大型連休前の夜ということで、高速道路が大変なことになっているようです。
新宿から2時間近くかかって、談合坂サービスエリアに到着。普段なら調布インターから30分程度で行けるところなので、すでに倍以上の時間がかかっています。
サービスエリアは、深夜なのに人がいっぱいでした。

京都に着くのは何時ごろになるでしょうか。予定では午前6時半ということですが…。

やっと岐阜県

2008年5月 3日(土) 05:17 | 日記

恵那峡サービスエリアに着きました。
6時間近くかかって、ようやく岐阜県です。
京都東インターまで200キロ弱。名神が渋滞してなければあと3時間ほどで着く計算ですが、どうでしょう。

意外に早く着いた

2008年5月 3日(土) 08:01 | 日記


8時前に京都駅に着きました。途中からはひどい渋滞にかからずにすんだようです。
駅は朝から観光客でいっぱいです。

このあとバスは大阪に向かいますが、京都から大阪の間がものすごく渋滞していて、着くのが11時近くになるそうです。大阪行きの皆さんはお気の毒ですが、時期が時期だけに仕方ないところです。

東福寺

2008年5月 3日(土) 09:56 | 日記


学生の頃、ひとりで考えごとをしたいときによく立ち寄ったのがこの東福寺です。
広い境内に厳かなお寺。大通りから離れたところにあるので静かです。夜中に行くと誰もいないので、自分だけの世界に没入することができました(さっき注意書きを見たら、日没後に境内に入ってはいけないそうです。10年前はどうだったのでしょうか)。

東福寺は、禅宗のどこかの宗派の総本山なのですが、何宗なのか知らなかったりします。何回も行った大好きな場所なのに、そんな基本的なことも知らないなんて情けない話ですが。

昼間にここに来ることは少なかったので、いろいろな発見があります。何より、明るくないと景色が楽しめないですからね。

もう少しだけ、お寺を散歩しようと思います。

別の月の日記を見る