親に大三元を振り込むなんて

2007年9月 2日(日) 12:09 | 日記

ミスチョイスR
きのうは吉祥寺の「ミスチョイスR」という雀荘で麻雀をしていました。漫画家の片山まさゆきさんの店として、ファンの間では名の知れた場所です。
結果は半荘9回でマイナス101という悲惨な成績でしたが、その中には「親に大三元を振り込む」というとんでもない大事故があったわけで…。
最初の5巡くらいで、白と中をポンしていました。仮にここで発をツモったとしても、万が一のことを考えて切るようなことはしません。僕はどちらかといえばかなり慎重派で、降りるときは徹底的に降りるタイプです。満貫手でも平気で捨てます。
確か8巡めか9巡めだったと思います。まだ手がまとまり切らない僕が、なにげなく捨てた五萬に「ロン」の声。そこには発の暗刻と、五萬と五索の対子が。大三元はすでに完成していたのです。
48000点。当然ハコで終了です。
大三元なんて見ること自体珍しいのですが、まさか自分が振り込むなんて。しかも親に。一生のうちに一度あるかないかの大事故でした。

ただ、正直いってこの大三元はほとんど防ぎようのない、まさに事故だったので、驚きこそすれ悔しさはなかったのですが、それ以外の対戦では手作りをミスしてあがれなかったり、読みを間違えて振り込んでしまったりして、そっちの方がよっぽど悔しい。そうしたミスが重なった結果がマイナス101だったわけで。こういう人のことを世間では「カモ」というのでしょう。

今のところ約1168円のマイナス

2007年9月 3日(月) 03:55 | 日記

8月中旬から投資を始めたのですが、8月31日現在で、資産価格は1168円のマイナスとなりました。
この数値は、証券をすべて売却し、外貨をすべて円転すると仮定した際に発生する手数料や所得税の概算値を引いた分です。
100%正確な計算ではないし、そもそも僕の計算方法が間違っている可能性もあります。こんな時間まで眠気に耐えながら計算していたから、まるっきり見当違いのことをしている可能性もなくもないですが、だいたい合っていると思います。

現在持っているのは、国内外のETF(上場投資信託)を4種類。これらの価格はすべて上がっていますが、ドル建てのETFは売る時にも手数料が26.25ドルかかることや(行き帰りで53.5ドル、約6200円)、円高気味な為替レートに影響され、全体としてはマイナスになってしまいました。
せめて1ドル=116.5円くらいになってくれないと…。

資産運用は現時点ではプラス

2007年9月 5日(水) 02:45 | 日記

ETFという投資信託の一種を買って、毎日その値動きをつぶさに見ているわけですが。
米ドルや香港ドルを買う時、ETFを買う時にそれぞれ手数料が発生するので、買った時点ですでにマイナスです。さらに解約する時、米ドルや香港ドルを円に替える時の手数料まで考えると、マイナスの量はけっこうバカにならないわけで。
全部で56万円を証券会社の口座に入れて、その大部分を米ドルと香港ドルに替えました。そのまた大部分で、計3本のETFを買いました。
米ドル建てのETFを取引する時は、26.25ドルの手数料がかかります。買う時と売る時の両方にかかるので、最後に売却するところまで考えると、合計51.5ドルが必要となります。約6000円です。
つまり、この6000円をしのぐだけの利益を、ETFの値上がりなりドル高なりで出してもらわなければ困るわけです。
そして、今日調べてみたら、国内分を含む僕の全資産が、わずか854円ですが上がっていました。
56万円に対する854円なので本当に小さなお金ですが、やはりお金が増えるのは気分がいいものです。

大学の同窓会

2007年9月 6日(木) 04:18 | 日記

同窓会
大学の同窓会に参加してきました。
半年に一回ほどこうした集まりが催されます。大学が京都にあって、僕がいた学部は歴史が浅いうえに、1学年あたりの人数も100人強と多くありませんが、それでも東京で働いている卒業生がけっこういるので、このような会が成立するわけです。

全部で20人ほど集まりました。うち女性は6人。1~2年先輩の方が数人と、同期が5人ほど。あとは僕よりずっと若い人々です。
同期のうち2人は当時から親しかったのでよく知っているのですが、他の2人は申し訳ないですが知りませんでした。学年と学部が同じというだけで何の接点もなかったのですが、その方々に言わせると「名前は知らなかったけど、学校で見たことは覚えている」とのこと。僕の容姿はそんなに覚えやすいのかなぁ。眉毛が太いからなのか。しかも同期だけではなく、1年先輩の方も僕を見たことがあったとのこと。なのに、僕はその相手のことを何も覚えていませんでした。学校にはそれなりに真面目に通っていたのに。みなさんごめんなさい。
初対面の人だけでなく、2年ぶりくらいに会った人、昨年末の同窓会で一度お会いした方もいました。みんな変わらず元気そうでした。

京都からわざわざ東京に出てきているだけあって、みんな名のある企業で働いています。エロ本編集者を経て、今も小さな編集プロダクションで働く僕は明らかに異端です。僕の過去の経歴は「つかみ」としてはかなりインパクトがあるのですが、そろそろ次のネタが欲しいところ。一流企業で出世するというレールを自ら踏み外したのなら、異端の道をさらに奥まで進んでやろうと思ったり思わなかったりします。

僕のいた学部は理系も文系もごちゃごちゃだったので、卒業後の就職先もばらばら。今日集まった中では、広い意味での金融関連企業に勤務する方が多かったのが印象的でした。同じ金融業界で食っている人間として、かなり興味深い話が聞けました。ほかにもメーカーやIT系企業で働いている方々とも話せました。なかなかこういう機会は持てないので、ものすごく貴重な時間でした。
ネタで塗り固められた僕の生き方とは全く違う、各分野の最前線で活躍する皆さんの姿に刺激を受けました。やっぱりもっと真面目に、ちゃんと生きていこうと思いました。

今日の朝はハンカチを電車で落としてしまい、夜には同窓会の二次会の会場に傘を置いてきてしまいました。忘れ物をすること自体少ないのに、一日でふたつも忘れるなんて変な日です。とはいえ、ハンカチも傘もお金があれば簡単に代用品が手に入ります。物を粗末に扱うのはよくないですが。
お金がいくらあっても代用できないものはたくさんあります。「人とのつながり」はそのひとつです。僕はこれまで、さんざん人間関係をないがしろにしてきました。仕事の殺人的な忙しさに甘えて、大切な人間関係がいくつも切れてしまいました。
当時に比べれば、少しは心に余裕を持てるようになりました。もう昔みたいな失敗はできません。これからも僕がこの世で生きていくことを望むのであれば。

台風

2007年9月 6日(木) 20:41 | 日記


風と雨が強くなってきました。電車も遅れているみたいです。
首都圏の皆さまもお気をつけて。

無残

2007年9月 6日(木) 23:31 | 日記

折れた傘
突風が吹き荒れる中、傘をさして歩いていました。
安物だから、骨が曲がるのは仕方がない。でも、柄の根元が折れるのはなしだろう。
駅から自宅まで1キロの道のりを自転車で帰りました。柄が使いものにならないので、傘の真ん中あたりを持って必死に支えながら自転車をこぎました。周りに気を配りながら、ゆっくりと。雨がそれほど強くなかったことが救いでした。

きのう、店に傘を置いてきてしまったので、あわててドンキホーテで500円の傘を買ってきました。ところが、その傘はわずか1日でパー。完全に柄が折れてしまいました。いくら500円とはいえ、ここまで派手な壊れ方をするとは。
もともと持っていた傘は1000円。それでも今日の風だったら、さすがに柄が折れるようなことはないでしょうが、骨は曲がっていたでしょうね。

こんな日に簡単に壊れるような傘を持っていたこと自体が、いろんな因果応報が重なった結果だと思います。単に「運が悪かった」というだけでは片づけられない、僕の普段の行動や生き方の不誠実さがすべての背景にあるのでしょう。「お前の存在はこの傘のようなものだ」と、現実を突きつけられた気がしました。

F1イタリアGP予選

2007年9月 8日(土) 21:15 | スポーツ

イタリアGP予選
フリー走行でライコネンが不可解なクラッシュをして、フェラーリの動向が気になるところです。ここまではマクラーレンの方がリードしていますが、差を埋めることはできるのでしょうか。Q1でもマクラーレンが速いようですね。
今日は自宅に引きこもっています。一歩も外に出ていません。予選を見終わったらちょっと出かけようと思います。

別の月の日記を見る