エロ本編集者同士の再会

2007年2月 2日(金) 00:44 | 日記

夕方、会社の近くにあるコンビニに向かって歩いていたら、突然声をかけられました。
見ると、そこにはかつての会社の先輩が、見たことのないスーツ姿で立っていました。

僕が名古屋で風俗情報誌の編集者として働いていたのは、2004年3月まで。その先輩は僕が辞める1年くらい前に去ったので、ほぼ4年ぶりの再会です。
共通の知人を通じて、おたがい東京で働いていることは知っていましたが、まさか会社の近所で会うことになるとは思いませんでした。
先輩は去年6月から、神楽坂駅の近くの職場で働いているとのことです。僕の職場の移転は8月なので、実に半年近くニアミスを繰り返していたことになります。

かつての会社では、2年先輩でした。社員の回転がやたらと早い職場にあって、2年上は大先輩です。年齢も3歳ほど僕の方が下でしたが、おそらく給料にはそれほど差がなかったと思います。
先輩は、5年近く会社にいました。あの会社で5年はかなり長い部類に入りますが、ベテランとしては珍しくリベラルな思想の持ち主でした。仕事ができる人や、能力と賃金のバランスが明らかに悪いと感じた人から順番に辞めていくため、あの人が会社に長くとどまったことは不思議でした。
ただ、今もエロ本の編集者として働いているところを見ると、当時の仕事を「将来のための下積み」と割り切っていたところがあったのでしょう。僕もそうでした。

とにかく、かつて同じ職場で働いた仲間が、外で活躍しているところを見ると、うれしくなります。

当時の同僚のデザイナーも、同じ会社で働いているそうです。彼も名古屋にとどまることより、東京で勝負することを選びました。
単純に、名古屋ではフリーで食べていくだけの仕事にありつけないという事情もあったのかもしれませんが、東京も東京で、名古屋より数段上のクオリティを求められるわけで、デザイナーとしての実力がなければ務まりません。
でも彼の腕なら、きっとうまくやっていけることでしょう。

先輩は、仕事があるからといってすぐにその場を立ち去りました。おたがいの会社も近所なので、また近いうちに、飲みにでも行けたらと思います。

なんか、めちゃめちゃ寒い

2007年2月 2日(金) 00:53 | 日記

今、吉祥寺で電車を待っているのですが、急に恐ろしく冷たい風が吹いてきました。
そういえば去年の冬は、毎日こんな寒さでした。

高尾行きの最終電車が遅れて着きました。
今日もいろいろ疲れました。今の僕はかなり打たれ弱いみたいです。

ごぶさたな井の頭公園

2007年2月 4日(日) 15:11 | 日記


ひさびさに来たら、去年と同じように店を広げている人の姿があります。
みなさん東京都から許可をもらって出店していると思いますが、結局のところ、都の狙いは「店や演奏者を制限して静かな公園にする」ことではなく、「外国人の排除」のみにあるんでしょうかね。
もちろん、日本人に対しても出店する場所とか時間帯とか、ルールは決められていると思いますが。

歌う人も年明けに比べると増えました。スチールギターのおじさんも復活してるし。やっぱり演奏も許可がいるんでしょうかね。僕が勝手にクレアの曲を弾き語りしたら、つまみ出されるのでしょうか。

東京都の土地だから、仕方ないのかもしれないが

2007年2月 4日(日) 15:22 | 日記


これはすべて都が管理してますよ、というのがあからさまなのは嫌だけど、土地はただではないので、逆らうこともできないわけで。井の頭公園の管理者は三鷹市や武蔵野市ではなく、東京都なんですよね。
とにかく、これでよっぽど演奏に自信のある人でないと、出るに出られなくなったわけですね。

「歌の練習だから」と言ってひっそりと歌うのもなしなのかなぁ。いや別に歌わないけどさ。たぶん。

今日からゲームどころじゃない

2007年2月 5日(月) 08:05 | 日記

いよいよ、仕事が本格的に忙しくなります。
ここを乗り切らないと、40歳で飢え死にするような社会のゴミになりかねないので、なんとしてでも結果を出さないと未来はありません。
誇張ではなく、本気でそれくらいの危機感を持たなければいけないと思っています。
やるべきことを早く終わらせて、ゲーセンへ行ったり音楽を聴いたり本を読んだりする時間を自分で切り開くようにしなければと思います。働くことしか能のない人間になっても、未来は暗いので。

人間としての力量とセンスが問われています。逃げ場はどこにもありません。

電車は荻窪駅を出るところです。昨夜遅くまで日記を書いていたので、かなり眠いです。

電車の中からひとりごと

2007年2月 6日(火) 01:05 | 日記

予想通り仕事が押して、帰りがこんな時間になりました。
明日もきっと、こんな感じなんだろうな。
家に帰っても話し相手がいないのがつらいけど、そろそろ慣れないとね。

誰かに干渉せず、誰にも干渉されない時間を幸せだと思えるような生き方を見つけること。
社会にとって不要な人間にならないように、常に周りの人たちに気を配り、思いやりを持って接すること。
社会に「お前は生きていてもいい」と認められるよう、与えられた仕事を満足にこなすこと。
誰かが幸せに生きることを、決して邪魔しないこと。誰かに対して、精神的に依存しないこと。自分と関わる相手に対して、ほんの少しでもいいから「あいつと関わるのは悪くない」と思ってもらうこと。

そうやって初めて、僕は生きている状態を継続できるし、誰かに対して深く関わるための最低限の条件を満たすことになるんだろうな、と思う。
さらに欲を言えば、もっと人としての知恵や知識が欲しいとか、このだらしない体をどうにかしたいとか、もう少し服装に気をつかおうとか、キモヲタ風なルックスを少しは改善しようとか、考えたらきりがないのですが、まずは最低限の「生きることを許されるための条件」をクリアすることから始めたいと思います。

なんか毎年この時期って、必要以上に暗い気分になる気がします。今日みたいに仕事が遅くなったうえ、極限状態の眠さの中ではなおさらです。
今の僕と同じように、小さな悩みを大げさに考えている人がもしいたら、ともにがんばりましょう。
どうでもいいことに考えがおよんでしまうのは、それだけ頭がよく回るということで。とはいえ、問題を提示するだけ提示して、肝心の解決策まで考えがおよばない中途半端な頭を呪いたくもなりますが。

だったら休みの日にゲーセンなんて行かないで、他にすることがあるだろうという話ですが。
確かに「精神を安定させる手段」と「まともな大人に近づく手段」を兼ね備えたいい方法があれば、それに越したことはないんですけどね。あるとしたら、読書かなぁ。哲学とか社会学とかそっち方面の。

今のままじゃいけないと思いながら、この1年でほとんど何も変わっていません。
「本当に生きる気があるのかお前は」と言われたら、返す言葉が見つかりません。

ひとりごとは尽きませんが、もうすぐ武蔵境に着きます。
電車には、たくさんの人が乗っています。

また電車が遅れてるよ

2007年2月 7日(水) 01:08 | 日記

吉祥寺駅のホームで、禁煙の場所で堂々とタバコをふかすバカがいました。でも、誰もそいつを注意していませんでした。もっとも、僕も通りすがりにそいつの目をにらむくらいで何もしなかったので、同罪なわけですが。
バカという自覚がまるでないバカは本当に憐れだ。底辺を見て、自分はまだましだと思ってしまう僕もちょっと憐れですが。

高尾行き最終、今日も遅れました。新宿で京王線を待ち合わせる関係で、この電車はよく遅れるんですよね。
ようやく武蔵境に着きました。

別の月の日記を見る