モータースポーツや競馬、ときにはプロ野球やサッカーなど、
スポーツに関する話題について語ります。

2016年のF1の話

2016年11月30日(水) 23:59 | スポーツ

27日の夜はF1の最終戦を見ていました。最後はロズベルグが2位を守ってワールドチャンピオンを決めました。
アブダビのレースでは、ハミルトンがわざとゆっくり走ったことが「汚い」などと言われましたが、本気で走れば普通に優勝して、普通にロズベルグが2位になり、ベッテルやフェルスタッペンとの緊迫した争いは発生しなかったはずです。自分の逆転チャンピオンのためとはいえ、ハミルトンがチームの指示を無視して、体を張って2016年の最後のレースをおもしろくした功績は称えられてもいいと思います。

ニコ・ロズベルグの実力についてはいろいろ言われていますけど、ウィリアムズ時代には後にスーパーフォーミュラでチャンピオンになる中島一貴を寄せ付けなかったのを見て、これは将来のチャンピオン候補のひとりだと思いましたし、メルセデスに移籍してチームメイトにミハエル・シューマッハを迎えたときも、僕はシューマッハはニコには勝てないと確信していて、3年間の成績は実際にそのとおりになりました。
そんなロズベルグを凌ぐ走りを見せてきたハミルトンはやっぱりすごいドライバーで、デビューの年にアロンソと同じマシンで同じポイントを獲得した時点でそれは証明されていたわけですが、そんなハミルトンとマクラーレン時代にほぼ互角の戦いを見せたバトンはやっぱりチャンピオンにふさわしいドライバーだったと思います。
つまりはハミルトンとアロンソとバトンはたがいに遜色ない強さを持つドライバーで、ロズベルグもそこに肩を並べる実力があるということ。

ここまでは、競馬でよく使う「ものさし」の考え方で、ハミルトンを基準に各ドライバーの実力を見てきたのですが、フェラーリとレッドブルのドライバーは上記4人と同じチームになったことがないので直接の比較はできません。この4人の中だと、今年の成績と、2014年のレッドブルでのベッテルとリカルドの力関係を考えれば、リカルド≧フェルスタッペン>ベッテル>ライコネンという序列になるでしょうか。
ベッテルが、レッドブルのチーム力がまだそこまで絶対的でなかった2010年にアロンソを破っていることを考えると、アロンソとベッテルの実力は拮抗していると考えられます。その上にレッドブルのリカルドとフェルスタッペンがいるとしたら、順当にいけば、ふたりとも確実に一度はワールドチャンピオンになると思います。もしハミルトンとリカルドが同じチームになったら、リカルドが勝つんじゃないかと思っています。
そんな感じで今のF1の勢力図を見ています。

来年はレギュレーションが大幅に変わり、マシンがかなり速くなるようなので、高出力と前後左右上下のGをねじ伏せる腕っぷしがないとマシンの性能を引き出せないでしょうし、マシンの性能以外にドライバーの対応力も問われそう。だから来年は、レッドブルのリカルドがチャンピオンに近づくのではないかとなんとなく思っています。
あとは次世代を担うドライバーとして、ペレスに対するオコン、ボッタスに対するストロール、グロージャンに対するマグヌッセン、ヒュルケンベルグに対するパーマーが、それぞれチームメイトに大きく勝ち越すようなことがあれば、2~3年後にはチャンピオンを狙えるところに来そうです。このあたりの「中堅対若手」のチーム内バトルがいつになくおもしろそう。マクラーレンのバンドーンはさすがにアロンソにはかなわないでしょうけど。

来年は今までの燃費重視のマシンから、燃費を少し犠牲にしてもスピードを上げるという方向に舵を切るわけですが、追い抜きはむしろ今年より減るのではないかというドライバーもいるし、そもそも高出力のマシンを支えるタイヤの性能への懸念もあるので、「来年は今年よりおもしろくなるはず」と軽々しく言えませんが、ともあれ変化があるのはいいことです。来年もメルセデス無双だとさすがにつらいので、メルセデスとレッドブルとフェラーリと、できればマクラーレンも毎回優勝を争うような1年になってほしいと思います。

F1日本グランプリの事故

2014年10月 6日(月) 01:37 | スポーツ

何が起きたのかわかりませんでした。実況席にも情報が入っていなかったので、視聴者が分かるはずがありません。
F1日本GP1
こちらはフジテレビNEXTの生放送の映像(国際映像なので、全世界に同じ映像が流れています)。スーティルの単独クラッシュのあと、クレーン車で壊れたマシンを撤去しようとしているように見えますが、このときすでにビアンキのマシンがクレーン車に衝突していたようです。マーシャルの人たちが、何かを知らせるように両手を挙げています。
この時点では、実況でもビアンキのビの字も出ることなく、解説の川井さんは「暗くなるからもうセーフティカーは出ないだろう」と話していました。スーティルの事故の瞬間は映像でも流れましたが、確かにレースを止めなければならないほど深刻なものではありませんでした。

ところが、この直後にセーフティカーが出ました。メディカルカーもいっしょに走っていくという明らかな異常事態でしたが、実況席はそのことに少し触れただけで、関心はすぐに「誰がピットインしてタイヤ交換をするのか」に移りました。
上の画面が出てから2分24秒後、再び事故現場が映し出されたときにはすでにメディカルカーが到着していました。そのときも解説の今宮さんが状況をちらっと説明しただけ。2分以上前の段階ですでにクレーンにつり上げられていたスーティルのマシンが運び出されていないのは、よく考えたらおかしいのですが、誰もそこには突っ込みません。

さらに1分44秒後、突然マルシャのピットの様子が映し出されました。視聴者もF1公式サイトのライブタイミングなどでビアンキがリタイアしていたことは知っていたと思うので、このあたりで何かおかしいことに気づいた人は多いと思います。
その直後、三たび映し出された事故現場。実況席からはようやく、スーティルのマシンが撤去されないことへの疑問が呈されましたが、解説の川井さんは「マシンが電気的に危険な状態なのかもしれない」と、あくまで原因はスーティルとそのマシンにあるような言い方をしていました。
この時点で事故から5分近く経っていましたが、ビアンキの情報は放送席にもまるっきり伝わっていなかったようです。
F1日本GP2
テレビに映るのは4度めとなる事故現場。あとで見返してみたら、クレーン車の左側にマルシャのマシンのウイングを持ったマーシャルの姿を見つけました。中継では一瞬しか映らなかったので、リアルタイムでは気づきませんでした。
F1日本GP3
画面ではスーティルのマシンとクレーン車、メディカルカーくらいしか見えないのに、なぜかビアンキの名前。FIAが字幕を間違えたのかと思ったのですが、間違いではありませんでした。

このあとレースはセーフティカー先導で進み、その間も中継では深刻な顔をするマルシャのスタッフが何度か映されました。
46周めに赤旗が出され、日没が近いこともありレースは終了。ここに来てようやく、実況席が「ビアンキもリタイアしたけど何も情報が届いていない」ということに触れます。
10分前の大事故の情報が実況席に伝わってないなんて、長いことF1を見てきたけど初めてです。

事故から時間が経ち、現場の写真がニュースサイトに次々とアップされています。ドライバーを守るロールバーが吹っ飛んだマシン。一歩間違えたら、本当にたいへんなことになっていました。
ビアンキが手術を終えて集中治療室に移ったこと、意識は戻らないものの自力で呼吸していることが伝えられていますが、まだ安心できません。20年前のイモラでのラッツェンバーガーとセナ、11年前に同じ鈴鹿で帰らぬ人となった加藤大治郎のような姿は二度と見たくないので、ビアンキが元気な姿で戻ってくることを願います。

F1を見てました

2014年3月17日(月) 02:21 | スポーツ

今年のF1の開幕戦、オーストラリアグランプリ。フリー走行1から決勝まで全部見ました。今日は朝から夜まで外出していたので、決勝はリアルタイムではありませんでしたが。

エンジンの音は去年とまるっきり違って、まるで別のカテゴリーみたいだったし、一部のチームの張り型みたいで卑猥なノーズのデザインは見慣れるまで時間がかかりそうですが。
エンジンの規定が完全に今までと別物の最先端なハイブリッドカーになって、それなのに「経費の節減」を名目にテストの時間は限られていて、その限られたテストではパワーユニットが故障しまくって、チームによってはまともなテストをできなかったから開幕戦は間違いなく混乱すると思われたわけですが。
そのパワーユニットが最先端すぎて、まだレースを走りきるだけの信頼性がなく、決勝では上位チームから下位チームまでまんべんなく、まるでロシアンルーレットのようにマシンが壊れてしまったわけですが。
終わってみたら、「ああこんなもんか」って感じでした。

メルセデスは速かったし、マクラーレンも速かった。マグヌッセンはデビュー当時のハミルトンくらいの力がありそう。レッドブルのリカルドは2位に入りながら、燃料に関する違反で失格となりました。故意ではなくパワーユニットのトラブルに由来するものかもしれないし、そうだったらお気の毒としかいえません。でも実力は見せました。ウィリアムズは不運が重なりましたが、少なくともマクラーレンと同等のスピードはありそうです。
レースをいちばんおもしろくしたのはウィリアムズのボッタスですが、抜かれたマシンはたぶんボッタスではなく燃費と戦っていたわけで、純粋なドライバー同士の戦いとはちょっと違います。
純粋にレースとして見ると、今年のF1の開幕戦は地味なものでした。リタイアやクラッシュは多かったけど、それもドライバーが限界まで攻めた結果ではなさそうです。

F1は自動車レースの最高峰なんだから、世界一速いエンジンとマシンで世界最速のドライバーを決めるべきだという意見もあります。確かにそういうレースも見てみたい気もしますが、F1はそういうレースではありません。
速さを求めて燃費度外視で高出力のエンジンを開発したところで、そのエンジンはレースでしか使えません。これでは参加する自動車メーカーにとってあまりメリットがありません。それよりは、レースに勝つための努力が一般の自動車の技術革新に直接結びつく方が、自動車メーカーとしてはありがたいわけです。
今年の規則で、動力(「パワーユニット」と呼ばれる)が従来のエンジンにターボチャージャーと複雑なエネルギー回生システムが加わったのは、そういうことです。今年のF1はエネルギーの効率が大幅に上がって、燃料がより効率的に使えるようになります。具体的には、熱エネルギーを電力に変えてモーターを回す仕組みが追加されました。市販車でも使われていない、新しい技術です。ホンダが2015年から再びF1にパワーユニットを供給することを決めたのも、世界最高峰のレースで世界最先端の技術に挑戦することが、自動車メーカーとしてプラスになると考えたからです。

それに加えて、今年は使用できるガソリンの量が大幅に減らされ、時間当たりの燃料の使用量も規制が加わりました。これもエネルギー効率の向上を目指すためです。この規制がけっこう厳しくて、レース中に100%の力を出すとガソリンがなくなってしまうため、みんな燃料をセーブしながら走ります。それでドライバーの実力どおりのバトルがなかなかできないわけです。後方からスタートしたウィリアムズのボッタスがトロロッソやフォースインディアを抜きまくっていたのは、ウィリアムズのマシンのポテンシャルが現時点で相対的に高いのと、相手はそんなマシンと真剣に張り合うと燃費が悪くなるだけだから、抵抗するのは得策ではないと判断したからだと思われます。

とはいえ、決勝のタイムは去年より3分遅いだけでした。しかも今年はセーフティカーが一度入っているので、レースでのペースも去年と比べてそこまで極端に遅くありません。このぶんだと、夏頃には各チームのマシンもだいぶ仕上がってきて、これまでのように燃費をそれほど気にせず、ドライバー同士の真剣勝負が見られるようになるかもしれません。
大幅に規則が変わった最初のレースだし、半分以上のマシンが完走できて、主催者もほっとしているところではないでしょうか。
個人的には、F1にしかできない最新技術でエコなレーシングカーが競うのはいいことだと思うし、マシンの歴史的な変わり目を見られるのは楽しいと思っています。

今年のF1は予測しづらいですね

2013年3月20日(水) 00:34 | スポーツ

F1開幕戦、オーストラリアGPの感想です。

金曜のフリー走行の前には「今年はマクラーレンのバトンがチャンピオンだ」なんて書いてしまいましたが、実際のレースではいいところがありませんでしたね。新たに開発した野心的なマシンを持ち込んできたのに、現実問題としてテストの期間が限られている中で、マシンを煮詰める時間が足りなかったんですかね。マクラーレンにとってはヨーロッパに戻るまでがテスト期間で、スペインが本当の開幕ってことでしょうか。
まあ去年のフェラーリは、今年のマクラーレンと同じような状況からチャンピオンを最終戦まで争ったわけだし、今年より悲惨だった2009年でもシーズンの後半はトップチームと戦えていたわけですから、まだ逆転の可能性はあると思います。それでもフォース・インディアからあんなに遅れてしまったのはいただけませんが。

予選が終わった段階では、レッドブルが圧勝だと思っていました。ところがレースでは意外とフェラーリが速かった。フェラーリにとって得意ではないメルボルンでこれだけ走れたってことは、今年のアロンソは完全にチャンピオン候補です。

勝ったのはライコネン。同じような位置からスタートした同じチームのグロージャンが10位でしたから、いかにライコネンがロータスのマシンをうまく走らせたかということです。レッドブルはタイヤの摩耗にかなり苦しんでいたので、今後もタイヤに厳しいサーキットではロータスが有利になりそうです。

メルセデスとフォース・インディアは、去年のマシンに比べてタイヤに優しくなっているんですかね。この2チームは、展開が向けば優勝もあるかもしれません。

意外なのがウィリアムズ。今年は上位に食い込んでくると思っていたら、新人のビアンキと争うレベルだなんて。実際にビアンキは将来楽しみなドライバーではあるけれど、この結果はびっくりしました。

週末のマレーシアはメルボルンとはまったく異なる性質のサーキットなので、マシンの性能差がよりはっきり見えるはずです。ロータスが本当に強いのか、マクラーレンが本当に弱いのか、レッドブルとフェラーリの力関係はどうなのか、メルセデスGPやフォース・インディアの速さは本物なのか、楽しみに待ちたいと思います。

2013年のF1の予想をしてみる

2013年3月14日(木) 23:27 | スポーツ

2013年のF1がまもなく始まります。開幕前のテストも無事終了し、明日はいよいよオーストラリアGPのフリー走行です。
そういえば去年もシーズン前にドライバーズランキングの予想をしていたので、振り返ってみましょう。

1年前の僕は、こんな予想を立てていました。

1位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
3位 ジェンソン・バトン(マクラーレン)
4位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
5位 マーク・ウェバー(レッドブル)
6位 ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)
7位 ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)
8位 ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)
9位 キミ・ライコネン(ロータス)
10位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)

結果はこうでした。

1位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
2位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
3位 キミ・ライコネン(ロータス)
4位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
5位 ジェンソン・バトン(マクラーレン)
6位 マーク・ウェバー(レッドブル)
7位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)
8位 ロマン・グロージャン(ロータス)
9位 ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)
10位 セルジオ・ペレス(ザウバー)

10人もいればひとりくらい当たってもいいのに、見事に全部外れてしまいました。
ハミルトンは4勝で、チャンピオンのベッテルの次に優勝回数が多かったのですが、リタイアが多かったのが残念でしたね。ところどころで速さは見せたけど、バランスと信頼性ではレッドブルの方が上でした。
ライコネンがここまで上位に来るのは予想外でした。復帰初年度でいきなりこの成績。すごいドライバーです。
シーズン前にはメルセデスGPがトップ3チームに迫ると思っていたのですが、終わってみれば4位の座はロータスに持っていかれ、ザウバーやフォース・インディアといい勝負だったというのも予想外でした。

まるっきり当てにならない予想を、今年もしてみたいと思います。

1位 ジェンソン・バトン(マクラーレン)
2位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
3位 セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
4位 キミ・ライコネン(ロータス)
5位 ロマン・グロージャン(ロータス)
6位 マーク・ウェバー(レッドブル)
7位 ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)
8位 ルイス・ハミルトン(メルセデスGP)
9位 パストール・マルドナード(ウィリアムズ)
10位 フェリペ・マッサ(フェラーリ)

月並みな予想だとつまらないのでちょっとひねって、バトンが2回めのワールドチャンピオンになると予想します。

まず、今年は去年を上回る混戦になると思います。いろんな評論家が言っているように、チーム間の実力差が縮小し、コースによっては意外なドライバーが大活躍する可能性もあると思います。
ここで挙げた上位4人の差は拮抗していて、誰がチャンピオンになってもおかしくないと思います。

その中であえてバトンを選んだのは、マクラーレンからハミルトンが去ったことで、バトン中心のチーム体制が組まれることが考えられるためです。移籍1年めのペレスに、ハミルトンのような活躍を求めるのは難しいでしょうから。
また、今年のタイヤは作動温度領域が広がったものの、摩耗が早くなっているようで、タイヤを長持ちさせられるドライバーが有利になりそうです。バトンの走りは2013年シーズンに合っているのではないでしょうか。
ほとんどのチームが前年のマシンをベースに開発を進めている中で、マシンの形状を大幅に変えてきたことも楽しみです。

2位にはアロンソ。去年の前半は走らないマシンに手を焼いていましたが、今年は順調そうなので、シーズンを通して常にチャンピオン争いの主役を演じるはずです。

3位にベッテル。いくらなんでも4年連続チャンピオンっていうのはできすぎですから、そろそろお休みしてもいい頃。去年まではチームメイトのウェバーにマシントラブルが集中していましたが、今年はベッテルの方に不運が重なるのではないかという勝手な予想です。

4位はライコネン。あの安定性にマシンの速さが加われば、十分にチャンピオンを狙えます。チームメイトのグロージャンも今年はかなりやれそうな気配。

ハミルトンが加わったメルセデスGPは7位と8位。テストを見る限りでは速さはあるようですが、やはり去年までの「タイヤに厳しい」というイメージがぬぐい去れないのでこの順位にしました。もしこのマシンがタイヤをうまく使えるようだったら、ロズベルグがチャンピオン争いに加わるかもしれません。それでもハミルトンはタイヤに厳しいイメージなので、今年はロズベルグを下回ると予想します。

その他、注目したいのがウィリアムズ。3年めを迎えたマルドナードは、さすがにもう「壊し屋」ではいられないはずなので、きちんとポイントを稼いでくると思います。ボッタスも上位を食うシーンがあるかも。

ザウバーのヒュルケンベルグも、マシンさえよければトップ10を狙える位置。一方、フォース・インディアはスポンサーに問題を抱えているので、かなり早い段階で来シーズンの開発にシフトして、今シーズンの車にはお金をかけなくなりそう。ただドライバーはいいので、コンストラクターズではザウバーといい勝負をしそうです。
トロ・ロッソは安定のコンストラクターズ8位。あとはケータハムのピック、マルシャのビアンキが走らないマシンをどれだけ走らせるかに注目したいと思います。

オーストラリアGPは、このコースを得意とするバトンが勝つと予想します。でも予選は3位あたりで、フロントローはベッテルとハミルトンが来るんじゃないかと思っています。
レースでは、バトンとアロンソとベッテル以外のドライバーは壮絶にタイヤがたれて、中位争いはぐちゃぐちゃになるような気がしています。ザウバーのヒュルケンベルグがいきなり5位あたりに入ってくるかもしれません。

開幕が楽しみです。

鈴鹿サーキットとロンシャン競馬場

2012年10月 8日(月) 00:03 | スポーツ

今日はずっと外出していたので、F1日本グランプリはついさっきビデオで見ました。
予選3位の小林可夢偉が、初めて表彰台にのぼりました。
インタビューでもそれほど興奮するでもなく、感極まるでもなく、いつもの調子で軽妙なトークを聞かせてくれたあたり、やはりこれまでの日本人ドライバーとはものが違うと思いました。
表彰台
僕が初めてF1を見たのは1990年の鈴鹿。鈴木亜久里が日本人として初めて3位に入り、表彰台にのぼったレースでした。まさか、再び日本人が日本GPで表彰台に戻ってくるまで22年もかかるとは。でも来年は可夢偉がフェラーリに乗って優勝、というのも夢ではないかもしれません。

F1を見終わったあとフジテレビONEを見たら、ちょうど凱旋門賞がスタートしたところでした。日本のオルフェーヴル、最後の直線ですぱっと抜け出して、格上の馬が格下の馬相手に軽く勝つようなすごいレースを、フランス最高峰の競馬で見せてくれたと思ったら、最後の最後で差されてしまいました。直線で内によれなければ勝てたかもしれなかったのに。今年の阪神大賞典で逸走したくせの悪さは、ヨーロッパの一流の騎手をもってしてもコントロールできなかったようです。
凱旋門賞といえば、1999年にエルコンドルパサーが惜しくも敗れてしまったレースを、グリーンチャンネルで生で見ていました。あの頃はあんなに競馬にはまっていたのに、最近はほとんど見なくなってしまいました。そう考えると、F1を見る習慣だけが22年も続いたのはすごいことです。

ニコは決勝でも速かった

2012年4月16日(月) 02:03 | スポーツ

いやー、ニコ勝っちゃいましたねぇ。
F1中国GPの決勝。各チームのタイヤの戦略がめちゃめちゃで、最後の10周はどこのカテゴリーかよくわからないレースになっていましたが、メルセデスだけはそんな争いから離れた場所でレースをしていました。
いつものロズベルグだったら今回のライコネンみたいな役回りのはずなのに、今日はまるで2010年シーズンにおけるウェバーみたいな勝ち方でした。マシンがちょっと良くなっただけでここまで化けるとは。
派手に予想を外してしまって恥ずかしいですが、実におもしろいレースでした。