アイドルの解散に立ち会った報告

2018年9月30日(日) 23:59 | アイドル

中野サンプラザ
9月22日、中野サンプラザ。PASSPO☆解散。

山中湖交流プラザきらら
9月24日、山中湖交流プラザきらら。ベイビーレイズJAPAN解散。バイクで片道2時間の長旅でした。

先日の3連休はこの2組のほかにベボガ!、AISも解散しました。

年初からGEM、アイドルネッサンス、Cheeky Parade、チャオ ベッラ チンクエッティが解散して、もうすぐバニラビーンズも解散するという、僕らアイドルファンにとっては時代の転換点となった2018年。中でもPASSPO☆は個人的に大好きなアイドルグループだったので、自分にとっては大きな衝撃でした。

実際に2組の最後のライブを見に行ったわけですが、解散を見届けたあと、アイドル全般への興味自体が失われてしまうのではという心配というか、それは心配と呼ぶべきではなくて順当な心の移ろいなのかもしれないけど、そうした変化が起こるのかなと思っていたけれど、今のところはそうでもないみたいです。
とはいえ、アイドルのライブを見に行く機会や、アイドルの動画配信やSNSなどを見る機会はこれまでと比べたら減っているのも事実で、昔から見てきたアイドルが解散するかどうか以前に、アイドルとの向き合い方が変わっているのかもしれません。

つい先ほど、SUPER☆GiRLSの5人のメンバーが1月に卒業することが発表されました。新メンバーの加入が決まっているとはいえ、9人中5人が一度に去るというのはメジャーなアイドルでは異例なこと。3人は初期から8年半、あとの2人も4年間在籍しているから、アイドル活動をやりきったうえでの卒業ではあるのですが。

とはいえ、長期間活動してきたアイドルの解散や卒業を惜しむことができるのも、その姿を長期間見てきたからこそ。サッカーや競馬などのプロスポーツもそうですが、長く見てきたからこそ楽しめることは多くて、たとえば自分にとってプロ野球はそれほど熱心なファンではないけれど、昔の選手を知っているからこそ最近の試合を楽しめる部分があるし、アイドルも90年代と比較するという視点があるし(分かりやすい例だと、ハコイリムスメがカバーしている昔のアイドルの楽曲をリアルタイムで知っていたりします)、たぶん飽きない限りは今後もアイドルをゆるく眺め続けるんじゃないかなと思っています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。