9月の休暇に東北へ行った思い出(1)栃木・会津編

2017年12月31日(日) 22:44 | 日記

かなり前の話になってしまいましたが、忘れないうちに記録しておきます。
今年の9月15日から24日にかけて長い休みを取ることができたので、ひさびさに遠出をしてみようと思い立ち、9月21日から23日までの3日間、ひとりで東北地方をさまよってきました。

本当なら新しいバイクで旅をしたかったのですが、残念ながら9月9日に購入手続きをしたバイクの納車は今回の休暇には間に合わず、届いたのは9月30日でした。代わりに車を借りて出かけることにしたのですが、あとで振り返ると、バイクではなく車にして正解でした。
9月9日の時点で、納車が長期休暇に間に合いそうもないことが分かったので、バイクの購入手続きをしたその帰りに「タイムズカープラス」の会員登録をして、旅行に備えました。最寄りのタイムズのステーションが自宅から歩いて行ける場所にあり、駅の駐輪場の近くにもあるので、自分にとっては好都合でした。

「タイムズカープラス」の使い勝手

23日は祝日のため、最寄りのステーションの車は空いていませんでしたが、武蔵境駅の近くに1台だけ使える車があったので、21日の10時から23日の22時までの60時間パックで予約を入れました。
カーシェアのいいところは、すべてオンラインで完結するところ。車に乗って出かけて、最後に給油して、もとの場所に車を止めておしまい。レンタカーのような手続きはいりません。そのぶん利用者の良心にゆだねられているところが大きく、心ない会員が時間を守らなかったり、車を汚したりというトラブルが起きやすいと思われますが、そのあたりは利便性やコストとのトレードオフということだと思います。

最新鋭の車に乗れるのもうれしいところです。いまどきの車はエンジンをかけるときに鍵を回したりしない。基本はリモコン操作。Bluetoothも標準装備です。この日のためにウォークマンにアイドルの曲をたくさん入れたのですが、ペアリングの操作に手こずって、5分くらい迷ってしまいました。

60時間パックの料金体系は、基本料金が18000円(税込み)。これに走行距離に応じて、1キロあたり16円が加算されます。ガソリン代はこの料金に含まれていて、指定のガソリンスタンドで給油すればお金を払う必要はありません。
今回は1033キロ走って、料金は合計34528円でした。これに有料道路の料金を足すと43000円くらいになります。2泊3日の旅行でこの交通費は決して安くはないのですが、これをたとえば3人で使ったと考えると、ひとり15000円弱。僕のようなぼっちに厳しくて、リア充にやさしいサービスです。

個人的におせっかいだと思ったのが、急発進や急ブレーキに対する警告でした。言うほど急発進じゃないし、言うほど急な止まり方をしていないのに、音声アナウンスとともに「急発進○回目です」という文字情報が画面に表示される。本当に危険な運転をしてしまう前の警告としては有効だとは思いますが、そこまで厳しく取らなくてもいいのにと思います。

それより僕が不安に思ったのが、この急発進や急加速の情報が個人情報とともに記録されて、別のサービスに使われてしまうこと。たとえば自動車保険の保険料の算定とか。それだけでなく、僕がこの車でどこを走ったか、どこに滞在したかなどの情報はすべてタイムズ24に記録されているから、やろうと思えば広告会社と手を組んでスマホにターゲティング広告を出すこともできるわけです。行き先がゴルフ場であればゴルフ用品の広告、釣りスポットであれば釣り用品の広告といった具合に。実際にタイムズ24が顧客情報をどこまで商売に利用しているかは分かりませんが、カーシェアのビジネスを始めるときに、データの使い道をいろいろと想定していたんだろうなとは思います。

カーシェアに限らず、「顧客情報の転用の促進」というのは、Tポイントカードあたりから火がついた不可逆的な流れということで、ユーザーはそういう前提のもとでサービスを利用しなければならないということでしょうね。現代ってめんどくさい。
タイムズカープラスの車で東北地方をめぐりながら、そんなことを考えていました。

宇都宮餃子からの鬼怒川温泉

出発は9月21日朝10時。平日なので車も少なめです。喜多方市の旅館に泊まることが決まっているので、福島県方面に向かってのんびりと車を走らせます。
群馬県の南部から北東に走り、宇都宮市に入ります。せっかくなので餃子のお店へ行きました。国道沿いにある、「正嗣」というお店です。
正嗣
太陽の光が当たって、うまく撮れませんでした。
平日の2時だというのに混んでいました。確かにおいしいのですが、個人的な好みとは少し違うかなと思いました。
ずいぶん前に宇都宮へ行ったときに、商業施設の地下の餃子コーナーで4店舗ぐらいの餃子を一度に食べて、それがとてもよかったので、またいつか別の店へ行ってみたいと思います。

ここから鬼怒川温泉に向かって北上します。
国道121号
国道121号。絶景です。
170921_161022.jpg
鬼怒川公園駅。左奥に電車が見えます。白タク行為ダメゼッタイ。Uber? 何それおいしいの?

鬼怒川温泉といえば有名な温泉地ですが、一部では「旅館がどんどん廃業して寂れている」みたいな言われ方をしています。確かに一時期に比べたら観光客が減っているんでしょうけど、実際に行ってみたらそういう印象は受けなくて、平日でも次々と観光バスがやってきました。下の写真のように廃墟のようなビルも確かにありましたが、それはごく一部であって、大半の旅館は建物もきれいで、普通に営業しているように見えました。何より景色がいいですよね。大都会で暮らしていると、ど田舎の風景が恋しくなります。
鬼怒川温泉のホテル
鬼怒川温泉のホテルのプール跡
プールのような施設も見えます。奮発して豪華なホテルを建てたけど、老朽化のタイミングと観光客が減るタイミングが重なって、どうにもならなかったんでしょうかね。

喜多方の宿とラーメン

せっかく車を借りたので、ディープな山道を走りたくなります。有料道路の「日塩もみじライン」という道がくねくねして楽しそうなので、入ってみました。
料金所からすぐのところで、カーナビの地図に「太閤おろしの滝」というのを見つけました。まだ明るいので、写真を撮りに立ち寄ってみました。
太閤おろしの滝
「もみじライン」なんて名前が付いているくらいだから、ここも紅葉の時期はきれいなんでしょうね。
170921_164042.jpg
道中で見られる木の一覧。9月はさすがに緑一色でした。

もみじラインを抜けて、国道121号線をひたすら北上します。福島県の南会津町あたりも温泉街なんですね。硫黄の匂いが漂っていました。鬼怒川と違って秘境っぽい雰囲気が興味をそそりました。

山あいの風景を抜けると会津若松市。このあたりはちょうど8年前に自家用車で走ったことがありました。当時の日記のリンクはこちら。

会津若松の鶴ヶ城
会津若松で喜多方ラーメン

ここより北は未体験ゾーンです。喜多方市は会津若松市から少し北へ行ったところ。この日泊まる旅館に、夜8時前に着きました。
こちらが旅館の外観です。風情がありますね。
旅館外観
中に入るとこんな感じ。
旅館の廊下
部屋もまさに旅館です。普通に4人くらいくつろげる広いスペースを独占する。これこそぼっち旅行の醍醐味です。
旅館の部屋
せっかく喜多方に来たから、喜多方ラーメンを食べようと周りを車で走ってみましたが、このあたりは夜閉まるのが早いんですよね。ネットで見つけためぼしいところはほとんど閉まっていました。
ほぼ唯一開いていたのが、旅館から少し歩いたところのお店。醤油味のスープとたっぷりのチャーシュー、そして一杯のビールで、ひさびさに長い距離車を運転した疲れを癒しました。
喜多方ラーメン
旅館の宿泊料金は、朝食込みで6000円ちょっと。旅館の朝ご飯って、決して豪勢ではないけど、地元ならではの食材があってうれしいんですよね。ビジネスホテルのバイキング的なやつも好きですけど、やっぱりレジャーのときはこういう非日常の体験ですよね。写真を撮ってないので、何を食べたか忘れてしまいましたが。

朝9時頃に旅館を出て、山形県に向かいます。2日めの宿泊地は仙台の中心部。山形県はほぼ未踏、仙台も昼間の数時間滞在しただけなので、わくわくしながら車に乗り込みました。

(山形・仙台編へ続く)

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。