新しいバイクはカワサキのZZR400

2017年10月31日(火) 23:45 | 日記

ZZR400横
ZZR400正面
19年間乗り続けたホンダのNSRに代わり、ようやく新しいバイクを入手しました。
カワサキのZZR400です。250ccから400ccにステップアップしました。2007年製だから10年落ちの中古です。
前のNSRが排気量のわりにパワーが出るマシンだったので、今回もパワーを重視して選びました。

手続きをしたのは9月8日。本来なら9月15日から24日にかけての長期休暇に間に合わせたかったのですがさすがに無理で、納車となったのは9月30日のことでした。
バイク屋さんが家から遠かったので、買ったばかりのバイクに乗って1時間かけて帰りました。4ストロークのバイクを所有するのは1996年から98年まで乗っていたスズキのGSX-R250以来で、同じ4気筒のエンジンということで乗り心地も似ていました。
NSRとの最大の違いはギア比です。NSRでは1速で40km/hあたりまで引っ張るのですが、ZZRでは1速は完全に発進用のギアです。40km/hで快適に走るためのギアは3速です。ギア比の感覚は普通車に似ていて、僕が以前乗っていたシビックのローギアに当たるのがZZRでは1速と2速。セカンドギアが3速で、サードギアが4速。80km/h以上で走る場合は車ならオーバートップ、ZZRなら6速という具合です。いまどき教習所以外でマニュアル車を運転したことがある人は少なそうなので、この説明で分かってもらえるかどうか微妙ですが。
NSRだと80km/hを超えるくらいでようやく5速に入れて、6速を使うのは高速道路などで100km/hを……ときだけです。同じ中型のバイクでもギアの使い方がずいぶん違います。

任意保険に加入して、翌週の週末にさっそく高速道路を走らせました。調布インターから国立府中インターまでの短い距離でしたが、あまり大きな声で言えない速度での運転を試してみました。バイク自体の重量とエンジンの排気量の違いで、NSRより安定して走らせることができました。
ただ気になったのは、高速道路を降りたあと、低速で運転しているときにノッキングのような現象が起きたこと。ひさびさにハードにエンジンを回したことによる一時的なものなのか、そもそも5万キロ近く走ったバイクなのでエンジンが慢性的に弱っているのか、現時点では分かりません。
というのも、10月の週末は3週連続で雨が降り、とてもバイクに乗れるような状況ではなかったから。本当なら22日と29日は、あるイベントを見るためにバイクで遠出しようと計画していたのですが、悪天候のためにすべて流れてしまいました。

ZZRを買って1か月が経つのに、これまでに乗ったのは納車日とその翌週のたった2回だけ。このタイミングで台風に当たるなんて、あいかわらず運がありません。もたもたしていたらずいぶん寒くなってきました。今週末こそバイクで遠出したいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。