運転免許証の更新

2017年2月 5日(日) 23:58 | 日記

教本と免許証
なかなかゴールド免許をもらえません。
最後に違反をしたのは2013年11月16日。練馬区内の住宅街をバイクで走っていたときに進入禁止の標識を見落として、道路を逆走してしまったのが悔やまれます。
次の更新は5年後なので、5年間無事故無違反を続けないとゴールド免許をもらえません。都内在住なのにペーパードライバーではなく、わりと頻繁にバイクを運転している僕にとってはなかなか高いハードルです。それはそうと、平成34年なんて来ないことがほぼ確定しているので、こう書かなくてはいけない慣習はなんとかならないんですかね。さっさと西暦に統一すればいいのに。

府中の試験場へは自宅からバイクで10分ちょっとで行けます。日曜だから混んでるかなと思ったらそうでもなく、手続きはわりとスムーズに終わりました。朝早く行くより、遅めに行った方がいいんでしょうかね。これまでは混雑を避けようと、3年前はわざわざ大雪の直後に行ったり、6年前は東日本大震災の2日後に行ったりしたのですが、そこまで気をつかわなくてもいいみたいです。

1時間の講習では、いつものように安全運転を啓発する映像を流していました。9年前はビデオに有名な俳優を起用していたりもしたのですが、今はそういうことはしていないようです。その代わりに、水泳の金メダリストの瀬戸大也選手がビデオの冒頭と最後に登場して、安全運転の心構えについてコメントをしていました。有名な俳優は高額なギャラが発生しますが、アマチュアのスポーツ選手ならほとんどお金がかからず、それで見る人の興味がひけるのなら、こういう地方自治体が作るビデオとしてはうまいやり方だと思います。ただ、ビデオで瀬戸選手が泳いでいたプールは、エンドロールによると「JSS毛呂山スイミングスクール」でした。PASSPO☆の根岸愛さんの出身地。埼玉県のそこそこ遠いところです。東京関係ないやん。

講習の最後には、さだまさしさんの「償い」が歌詞とともに流されました。東京都の免許の更新のときにこの曲が使われるようになったことが、去年の夏にけっこう話題になってたんですね。知りませんでした。
歌詞もさることながら、若い頃のさださんのハイトーンボイスとスリーフィンガーピッキングの音が、フォーク好きとしては心に残りました。

運転免許の更新は3年に1回なので、講習の内容もビデオの中身だけでなくいろいろ変わります。今年で言えば環状交差点の話とか。田舎にしかないと思っていたら、都内にも1か所だけあると聞いて驚きました。場所は多摩市内の住宅街。自宅からバイクで30分もかからない場所なので、暇があったら見に行こうと思います。

トラックバック

トラックバックURL: http://folky.saloon.jp/mt/mt-tbc.cgi/3004

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。