後藤さんにとって最後の渋はちライブ

2014年5月22日(木) 01:03 | アイドル

後藤さんの卒業が発表されてからあわてて買った渋はちライブのチケット。アイドリング!!!25号後藤郁さんの定期ライブでの最後の姿を、2階席から見ていました。

今回はリクエスト曲特集。最初のカバー曲は、この日出演した10人全員で歌ったチェキッ娘の「はじまり」という曲でした。
卒業をテーマとする曲の、卒業する気持ちをつづるソロパートを歌ったのは後藤さんでした。いつになくはっきりした声と音程で、いつもみたいに曲より歌が先走ることもなく、しっかりと歌ってみせました。
今日の後藤さん、なんかいつもと違う気がする。俗っぽい言葉でいえば「いい女」。体型も細くなった気がする。あと少ししたらアイドリング!!!を辞めてしまうというのに。

仲良しの伊藤さんといっしょに歌ったKiroroの「Best Friend」。渋はちではおなじみの関口Q太さんがアコギで生演奏する、今夜限りのスペシャルバージョン。
昔からのアイドリングファンにとっては、いつかの品はちライブで森田涼花さんと朝日さんがふたりで歌った特別な曲。あのときは卒業するとかそういう事情も何もないのに、すぅちゃんも朝日さんも感動して泣いていました。
後藤さんにとって最後の渋はちライブで、ファンにとって思い出深いこの曲を歌うなんて、見てるこっちも心が動かされます。伊藤さんもがんばって泣くのをこらえていました。でも最後のサビの入りで後藤さんが豪快に間違えて、湿っぽいムードは一気に吹き飛びました。それなのに、歌い終わったあとに倉田さんが涙で顔をくしゃくしゃにしながら「感動した」って言っていた。そこにすかさず突っ込む、当事者としていちばん感動していたはずの伊藤さん。涙と笑いがワンセットの、いつものアイドリングの風景。

河村さんも言っていましたが、今回の渋はちはあえて「普通」を意識したものでした。そうはいっても今日は特別な日。「One Up!!!」では、遠藤さんのソロパートを後藤さんが歌いました。後藤さんってこんなに歌がうまかったっけ。今日だけAeLL.の西恵利香さんが入れ替わってるのでは。実際に2階席から見た後藤さんはどことなく西さんっぽかった。
それはともかくとしても、後藤さんがいつも以上にドヤ顔だったおかげで変に湿っぽくなることもなく、いつものように楽しいライブでした。

今まで見た中で、歌もビジュアルも今日がピークだったのではないかと思わせてくれた後藤さん。いちばんいいときに惜しまれながら辞めるというのも、いい辞め方だと思います。ファンとしてはすごくさびしいけど。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。