お台場合衆国でアイドリングNEOを見てきた

2013年9月 2日(月) 01:03 | アイドル

お台場合衆国
3日前の地上波アイドリングで発表されたばかりのアイドリングNEOが、さっそくライブで新曲を歌うという急すぎる展開。きのうのa-nationが初披露で、今日もぽにきゃんアイドル倶楽部の1部と2部、その合間をぬってお台場合衆国のメインステージでも歌うという、なんとも忙しいキャンペーンです。
これを逃すと次にNEOを見られるのはいつになるかわからないし、とりあえず楽曲だけは聴いておきたいので、はるばるお台場合衆国まで行くことにしました。

NEOの楽曲「mero mero」、けっこうよかったです。
楽曲を提供した伊秩さんは過去にSPEEDの楽曲を手がけていて、SPEEDっぽくならなきゃいいけどと思っていましたが、サウンドは完全に別物。イメージだけで言えばE-Girlsに近い感じでしょうか。アイドリング本体ではやりにくいような、きちんと「攻めた」楽曲を持ってきました。
特によかったのは、ひとりずつソロパートがまんべんなく割り振られているところ。これは大切なポイント。少人数という強みを生かした正しい戦略です。
ただ、今回のライブは口パクだったという話もあります。現場で聴いていて「なにこれすっげークオリティ高いじゃん」って思ったのですが、そういうことだったんですかね。入ったばかりの新人が1週間かそこらの練習で、一定以上の水準で生歌を歌うのはやっぱり無理だったのでしょうか。既存のメンバーも歌いながら踊るのは難しいって言ってるわけですから。
そこまでしてこのタイミングで新曲をライブで披露する必然性があったのかって話ですけど、たぶん9月と10月は大きなイベントに参加する予定がなくて、ここしかないから無理やり間に合わせたってことでしょうね。大きなライブで歌えばニュースでも取り上げられて、話題になりますから。でも本当は新メンバーのみんなも、ちゃんと歌えるようになってからファンの前に出たかったでしょうね。大人の事情に振り回されて気の毒です。次の機会にはぜひ生歌で聞かせてほしいと思います。

今日は午前中から別の場所にいたりした関係で、会場に着いたのはライブが始まる20分前でした。入場料1700円を払って会場に入ると、ステージでは整理番号順に入場が始まっていました。整理券で入った観客は600人強。残った席には僕ら一般客が案内されたわけですが、後ろの方の席は最後まで空いていました。
関係ないですけど、東京テレポート駅からダイバーシティ東京を抜けていくときにBiSのTシャツを着た人を見かけました。なにごとかと思ったら、Zepp Divercityでライブをやってたんですね。

9月だというのに外は暑く、日差しがきつくてたいへんな一日でしたが、16時半になってアイドリング!!!がステージに現れたとたんに雲行きがあやしくなり、太陽が隠れて過ごしやすい天気になりました。
1曲めは大川さんと伊藤さんを除く18人で「Don't think. Feel!!!」。その次がアイドリングNEOの出番でした。古橋さんは番組と同じように、野外のステージでもぐいぐい前に出てきます。すごいな。
そのあとは旧メンバーによるライブ。ほぼ全員のメンバーがそろうライブは貴重です。
亜美ちゃんのトークも切れてました。ただ歌って終わりじゃないのがアイドリングのライブのいいところ。必ずひとつかふたつはゆかいなネタをぶっ込んできます。「1期生が歌ってるときは『とんちゃん』とか言ってくれるけど、2期生が歌うと急に止まる。もう少し気をつかってほしい」なんて観客をあおって、観客もとっさのあみみコールで応えてみたり、アンコールで再び「サマーライオン」を歌うことになったときは「瑠夏ちゃんにもコールしてあげて」と言って、同じ曲を連続で歌うことになってもちょっと違った盛り上がり方を提案してみたり。たまたまお台場合衆国に来ていたアイドリングのファンじゃない人も、菊地亜美という芸能人は「生でもおもしろい」ってことを知ったんじゃないかと思います。
しかしアンコールに応じてサマーライオンを2回連続で踊って体力を使って、そのあとのぽにきゃんアイドル倶楽部の第2部はだいじょうぶだったんですかね。

トラックバック

トラックバックURL: http://folky.saloon.jp/mt/mt-tbc.cgi/2840

Nowpie (なうぴー) アイドル - アイドリング!!! 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル

アイドリング!!! の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど

コメント

フォーキーさん、こんにちは。

日曜日は、合衆国最終日に参加されたのですね。確かにほぼ全員が揃ったライブは貴重ですよね。たまたまワンデイパスを持っていて、アイドリング!!!と初めて遭遇できた方もいたと思いますね。

僕は、フォーキーさんが心配していたアイドル倶楽部第二部に行って来ました。観客の半分くらいがアイドリンガーかと思っていたのですが、他のグループのファンも結構いました。僕はその5チームを殆ど知らなかったのですが、中ではBump-yが良かったかな・・・。

で、アンカーとして登場したアイドリング!!!の24人(20号だけ残念)は、当日3ステージ目を感じさせない元気なパフォーマンスを見せてくれました。16号のときは、観客の声援が微妙にブーイングっぽくなり、これに亜美ちゃんが鋭くツッコミを入れるという流れも一つのスタイルになりつつありますね。NEOもデビュー曲を披露しましたが、あれは口パクだったんですか。。。決して大御所ぶらずにトークに切り込んでくる3号、6号、9号を見て、「やっぱりこういうところが好きなんだよなー」と改めて思い直したりして。

最後に出演者54人全員とのハイタッチ会があり、勿論僕も参戦しました。本人達を目の前にしてやっぱり緊張していたんでしょうね、6号、14号、15号、26号、28号辺りは全く記憶がない!! 印象に残ったのは、クールな印象のある17号がアイドルらしく結構弾けていたことと、21号の身長がかなり伸びていたことかな。

蛇足ですが、あと印象に残ったのが、観客が熱いようで意外と醒めていること。僕は、だんだん押し出されて結構ステージに近い位置に行ってしまったのですが、最初は暴動が起こるんじゃないかとちょっと怖かった。でも各グループのファンはお互いの立ち居地がよく分かっているようで、贔屓のチームのパフォーマンスが終わると場所を譲っていたり・・・。

ということで、やっぱりライブに行くというのは、色々な発見があるもんですね。これからも機会を見て積極的に足を運びたいと思います。

すみません、なんか自分のことばかり書いて・・・では、本日はこの辺で。

ぽにきゃん行かれたんですね。あの中だと、ウェザーガールズは片言の日本語とハイテンションさに目が行きがちですけど、実は楽曲もパフォーマンスもしっかりしていたりするので、自分も見たかったです。bump.yは派手さはないけれど技術はあるという印象です。
イベントの観客については、自分はTIF以外のアイドルの対バンを見たことがほとんどないのですが、去年のAeLL.との合同イベントや、今年のTIFの番組収録のときは、アイドリングのファンは他のアイドルのファンが出るときは前を譲っていましたし(TIFでは最前列にマナーが最悪のアイドリングTシャツを着た輩がいたようですが、大半のファンはきちんと譲り合っていました)、少なくとも自分が見てきたところでは、ファンはわりと冷静でした。アイドリングの場合はファンの年齢層が高いのも理由のひとつかもしれませんが。

三宅さんが弾けてたというのは意外でした。自分が一斉握手会なんかで見たときは、イメージどおりクールな感じでした。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。