アイドリング!!!の渋はちライブへ行きました

2013年3月 4日(月) 01:17 | アイドル

いつもは平日に開催されている渋はちライブ。日曜日にやるのは初めてです。このところ当日券の立ち見席ばかりでしたが、ひさびさに指定席で見ました。
今日は2公演ありまして、僕が見たのは15時スタートの方です。
当日券が出ていたようですが、僕が会場に着いたときはさすがに売り切れていたようで、立ち見席までいっぱいでした。
席は前の方の右端に近いところ。向かって右側のメンバーは間近で見られたのですが、反対側の端はけっこう距離がありました。でもアイドリングは曲によって立ち位置がころころ変わるので、今日の10人のメンバーみんな近くで見ることができました。

今日は収録用のテレビカメラが入っていました。ライブの様子は後日放送されるそうです。だからここでネタバレしない方がいいのかなと思いましたが、メンバーがブログにセットリストやライブのことをいろいろ書いていたので、こちらもライブの感想を遠慮なく書かせていただきます。

・衣裳はTIFのときの白と金のやつ。ひな祭りを意識したのかどうか知りませんが、朝日さんが髪の毛をちょこっと編んで女の子らしくしていました。

・外はね頭の三宅さん。髪の毛の長さと形を見て、漫画「アストロ球団」に出てきた「バロン森」を思い出しました。でも前髪の感じは、同じ森つながりでPASSPO☆の森詩織さんみたいな感じでした。ていうかよく見ると顔の形ももりしに似てるような。

・遠藤さんと河村さんと酒井さんと菊地さんと尾島さんがいないだけでこんなにアイドルっぽくなるなんて。横山さんと三宅さん以外はみんな高校生以下。小柄なメンバーが多く、三宅さんも年齢より若く見えるせいか、最年長の横山さんがまるで引率の先生のようでした。

・今回のライブでトークを仕切った横山さん。おもしろい発言をきちんと拾って、話を広げて笑いにつなげるのが実にうまい。ひな祭りのエピソードを聞かれて返答に困った朝日さんに対して、すかさず「朝日は兜の方だからね」と定番の男の子扱いをしてみたり、伊藤さんと後藤さんが学校のテストの点数でハイレベルな争いをしているときに、急に朝日さんに話を振ってみたり。さすがベテランです。

・自己紹介のときや曲の合間のトークで、楓ちゃんと瑠夏ちゃんが向き合って言葉を交わしているところを何度も見ました。あと伊藤さんと後藤さんも。仲いいんだねえ。普段のライブでもよく見られる光景ですが、たぶんテレビ放送ではほとんど映らないところです。

・今日のライブでいちばんよかったのが、渋はちソングリクエストでの楓ちゃんのソロ。横山さんに呼ばれてひとりで前に出るのですが、ひとりになるのが不安なのか、すぐに後ろに下がってしまう楓ちゃん。横山さんが「今日は楓祭りだから!」と言って促してもなかなか前に出られず、番組でもよくやっている、手を握って口のところに持っていくあのしぐさで恥ずかしがっていました。かわいすぎる。

・そんな楓ちゃんが歌ったのは松田聖子さんの「赤いスイートピー」。楓ちゃんの音域とぴったりで、思いのほかはまっていました。まさかアイドリングのライブを見に行って本物のアイドルに会えるとは。ファンのリクエストの中から森ディレクターが選んだとのことですが、声の高さがあの曲に合うことを見抜いたうえでの選曲だとしたらすごい。

・生声は「レイニィガール」。ギターの伴奏だと、サビ前の転調で音が取りにくいんじゃないかと思ったのですが、さすがにスムーズに歌っていました。あとこの曲だったか記憶があいまいなのですが、楓ちゃんがソロパートを歌っているときに横で瑠夏ちゃんが真剣に見ていて、うまく歌い終えたら満面の笑みを浮かべていたのが印象的でした。

・アンコールの「eve」では、外岡さんと遠藤さんのソロパートをなんと両方とも朝日さんが歌いました。声量はないけど、音程とリズムはしっかりしてるんですよね朝日さん。

・ひとつだけ気になったのは、三宅さんが元気がないように見えたこと。歌っているときや話しているときはいつもどおりでしたが、ときおりつらそうな表情をしているような気がしました。後藤さんがいつにも増してにこにこしていただけに、なおさら三宅さんの表情が気になりました。前日は元気に新潟でテレビ出演していたのに。ブログを見る限りはいつもと変わらないようですが、本当に何もなければいいのですが。

コメント

渋はちやニコはちは放送で観るだけなんで自分的にはこのようにセットリストからはっきりレポを書いてくださった方がより臨場感が伝わってきて読んでいて楽しいです。放送なんてそんな力入れてみてないですしね(笑)高一カルテットは本当に仲が良いみたいですね。昨日の午前中には楓ちゃんとくるみんが都内某所で楽しそうに話しながら歩いている目撃の呟きがあったりしてまぁメンバー全員が全員と仲がいいというのは人間だからないでしょうけど、いかに隠してもギスギスしたものが見えてくるアイドルさんに比べアイドリングの良さはこの点にもありますよね。昨日の渋はちはひな祭りスペシャルという事もあり行ったお客さんの満足度もすごく高かったみたいですね。

楓ちゃんの歌など聴けて本当に羨ましいです。前のコメントでも書かせて頂いたのですがリリイベ行ってみて本当に痛感した事、そしてそれはアイドリングの抱えている困難さでもあると思うんですけど、ライブが本当に面白いんですよねこのグループは。でもこれは映像になると半分ぐらいしか伝わらないもんなんだぁって。アイドリングがトップアイドルの一員でもあり7年目に入ってビジネス的にも十分に成功しているほうだといえる。しかしファンもメンバーも忸怩たる思いが拭えない、―もうひとつ向こうの到達点までは行けてないーそれはバラエティとライブの素晴らしいアイドリングという二つを抱えているからなんだなとリリイベで直接見て改めて思いました。

つまり、升野さんがあみみのラジオで語っていたことですがアイドル番組という冠が付く時点でバラエティ好きのかなりの層がそれだけで敬遠してしまうと。またこれは個人的見解ですが業界にファンが少ないというのも芸人からしたら自分の領域を荒らしている存在に見えてるからかも知れませんよね。そしてライブの面白さは現場に来て見ないと伝わらない。でもアイドリングの場合ほとんどのイベントは東京のみで地方では行われない。そうするとこのライブの魅力ってなかなか多くの人には伝わらないですもんね。アイドル曲に子供の頃からまったく偏見の無い自分でも正直ニコはちとか見てても面白いけど他のアイドルより格段に素晴らしい!…とは失礼ですけどあまり感じてなかったんです、フォーキーさんの記事は楽しく読んでましたけど。でも生で観るとあぁまた観てみたいなぁと思わせるグループなんですよ。アイドリングがその先…になかなかいけないのはもちろん今回の新曲でも発売したらもうほとんど何もしないという戦略はどうなの?というもうなるべく損失を出さず小さくまとまっていこうということなのかもしれませんけど、そいう戦術面の問題だけじゃなくてバラエティとライブの面白い集団として売り出したからこそトップアイドルになれた側面とそれゆえに一定以上に広がりにくいという難しさがあるんだろうなとは思いました。自分は爆発的に売れて欲しいとはそんな希望はしてないですけど、やはり業界人ングとかみてメンバーのもやもや感を見るにつけ複雑な感情は抱きます。

フジテレビ本体が視聴率で苦戦しているせいなのか、これまで以上に採算にこだわってる印象がありますよね。赤字になってまで続けるべきだとは思いませんが、東京以外の場所に行く機会が減ると、ますます「ライブの楽しさ」を体感できる機会が減るわけで、仕方がないとはいえ、もったいない気がします。
アイドリングは、たぶん業界内では普通のアイドルではなく「テレビ番組の企画」という見られ方をしているので、それで損をしているところが多いように見えます。メンバーは純粋にアイドルとしても評価してほしいと思ってるでしょうから、本人たちももどかしさを感じているのかもしれません。
ファンは「なんかおもしろいことをやってる女の子たち」という感じで見ているんでしょうけど、ほかのアイドルのファンとは違う、一般的とはいえない視点ですから、結果としてアイドリングはニッチな存在からなかなか抜け出せないんでしょうかね。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。