3か月ぶりに戻ってきたバイク

2012年6月25日(月) 00:17 | 日記

NSR
3月25日に高速道路で壊れて動かなくなった僕のNSRが、ようやく修理から帰ってきました。
先日の日記で書いたとおり、時速100キロで走行中に突然エンジンが動かなくなったわけですが、その原因はエンジンのシリンダーが焼き付いたことでした。さらにその原因は、冷却水が不足していたこと。つまり僕がちゃんとメンテナンスしてなかったから壊れてしまったわけです。アホですね。
シリンダーやら何やら重要なパーツを交換して、修理代はなんと22万円。NSRと同じ排気量の250ccのバイクなら、中古の安いマシンなら余裕で買える費用です。だったら新しいの買えばいいじゃんって話ですが、投資で利益が出ていたのと、買い換えるとバイクを探したりお店へ行ったり手続きしたりするのが面倒なのと、実家にいた頃から13年半も乗っているマシンなので愛着があるという理由で、今回は修理することにしました。

さっそく中央道を走ってみました。高回転と高速走行を試してみたところ、ほぼ以前と変わらないパワーが出たのでひと安心。エンジンから少し異音が出るのが気になりますが、パワーにも燃費にも影響がないみたいなので、「完全復活」といってもいいと思います。
ひとつだけ問題があるのは、おそらく修理のときのミスだと思いますが、水温計が動かなくなったこと。夏場はオーバーヒートが気になるので、来週直しに行きたいと思います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。