TIF2012のお知らせ

2012年5月13日(日) 17:03 | アイドル

TOKYO IDOL FESTIVAL 2012

今年もやるんですね。よかったです。開催日は8月4日と5日の2日間です。
以前、プロデューサーの門澤さんが開催を危ぶむようなことを言っていましたが、費用のめどがついたのでしょうか。メイン会場にZeppダイバーシティを使ったりして、確実に去年より経費がかかりそうな感じですが、チケットは1日4800円、2日通し券は8000円なんですね。すぅちゃんの卒業ライブより安いです。この規模のイベントでこんなに安くして大丈夫なのでしょうか。メイン会場のキャパは去年の湾岸スタジオやおととしの品川ステラボールよりも多いですから、チケットの枚数そのものを増やすことで採算が取れると判断したのでしょうか。それとアイドリングのニコはちライブみたいに、メイン会場のライブをニコニコ生放送で有料配信することも考えられるでしょうし。あるいは、大口スポンサーが付くのでしょうか。
まあとにかく無事に開催にこぎ着けたということで、ファンとしてはひと安心です。

現段階で決定している出演者は、上のリンクを見ていただければわかるのですが、前回出演した主立ったグループは今回もほぼ出演します。今のところ名前がないのは9nineと私立恵比寿中学くらいでしょうか。新しいところではアップアップガールズ(仮)が出ます。
ハロプロ本体からの出演、去年は真野恵里菜さんが出たのですが、今回はあるんでしょうかね。別のイベントと日程がかぶっているという話がありますけど、去年の秋からの菊地さんと嗣永さんの関係を考えたら、Berryz工房には出てもらいたいのですが、難しいですかね。
あと今回もセクシーオールシスターズが出るそうです。すばらしい。
個人的には、トークが抜群におもしろいことをまだ世間に知られていないバニラビーンズのふたりと、トーク能力が高いけど最近ちょっと過大評価されつつある菊地亜美さんの絡みがものすごく楽しみです。

今日の午後、ニコニコ生放送でTIF2012の開催に関する発表がありました。
最初にアイドリングのプロデューサーでもある門澤さんがイベントの概要を説明して、そのあと出演者7組の代表者によるトークコーナーがありました。アイドリングからはリーダーの遠藤舞さんと朝日奈央さんが出演。ほかにはSUPER☆GiRLS、風男塾、ぱすぽ☆、YGA、さくら学院、Cheeky Paradeから各2人ずつが参加し、コーナーMCはアイドリングの菊地さんと風男塾の浦正さんが務めました。
たくさんのアイドルがいる中で、まいぷると朝日とあみみが話し始めると、まるでアイドリングのライブやイベントみたいなおもしろトークになって、放っておくとほかのアイドルが置き去りにされてしまうのですが、そこをMCの浦正さんがうまく軌道修正していました。あみみのMC力もなかなかのもので、それぞれのアイドルの発言や話題をうまく広げていました。みんなにとっていい宣伝になったと思います。
TIFの当日も、あみみはメインMCみたいな役割を任せられるんでしょうかね。去年秋から地上波のバラエティ番組に出まくって、トーク力は確実にレベルアップしているので、期待も大きいと思いますけど、出演時間が長くなりすぎて倒れてしまわないか心配です。演者以外でMC専任の女性を立てればいいと思うのですが、誰か適任はいないでしょうか。レプロつながりで小野恵令奈ちゃんとか。いやそれはさすがにやりすぎか。

TIFのホストであるアイドリングは、「他のアイドルをお迎えする」という重責を担っています。間違っても「他のアイドルをアイドリングの人気獲得のために使う」なんてことはできません。むしろ、他のアイドルの引き立て役に徹するくらいがちょうどいいわけです。「アイドリング目当てでTIFを見に行ったけどDorothy Little Happyのファンになった」という人が100人くらいいてもいいし、むしろそういう人を増やすためのイベントです。
だからドロシーやJK21やNegiccoやLinQやしず風が遠路はるばる東京まで来るわけです。アイドリングやスパガの人気に便乗して、ひとりでも多くのファンを獲得しようとアウェイの地に飛び込んでくるわけです。
門澤さんも「アイドルの多様性」「たがいに補完し合う」という言い方をしていました。たとえばアイドリングのファンにとっては、アイドリングに足りないものをさくら学院に見つけることができるでしょうし、ぱすぽのパッセンにとってもぱすぽに足りないものをバニビに見つけることができるかもしれません。そうやってみんなが興味の対象を広げていければいいし、おととしのTIFに出演したももいろクローバーもそうやって支持を増やしたわけですから。実際にTIF2010がきっかけでアイドリングからももクロに乗り換えた人も少なくないと思います。
すでにたくさんのファンを抱えているアイドリングは、「他のアイドルからファンを奪う」なんてことはあまり考えていなくて、それとは逆に、今日の会見のように他のアイドルの良さを引き出そうとします。もともとアイドリングは、TIFとは関係なく、普段からいろんなアイドルと仲良くしようとふるまっていることもあり、ぱすぽやスパガとの絡みも安定しています。
もっとも、今日の会見でも何度か見られたように、アイドリングにはメンバーが3人も集まればその場をアイドリング色に染めてしまう「濃さ」があって、いったん歯止めが効かなくなると他のアイドルはぽかーんとするしかないという点が心配ですが、そこは浦正さんやバニビのレナさんがうまくやってくれることを期待しています。
出演者の人気や知名度によって出られるステージや時間に差があったり、どうしてもホストのアイドリングの出演時間が圧倒的に長いのは事実ですが、アイドリングは自分たちのステージ以外では引き立て役に徹するはずなので、今年もすべてのアイドルのファンが満足できるイベントになると思います。TIFの現場がぎすぎすしていないのは、アイドリングの独特のゆるさというか、変に出しゃばらないところがひとつの要因だと思います。ホストのアイドリングがああいう感じだから、アイドリング以外の出演者はアウェイの環境でも変な緊張感を強いられなくて、その感じが観客にも伝わっているのではないかと思っています。

気になるのは、これから追加で発表される出演者です。AKB系からの出演があるかどうか、僕も注目しています。「ゆび祭り」にアイドリングが出演しますが、その逆があるのかどうか。フジテレビCSの「GIRLS' FACTORY」のMCを渡辺麻友さんが務めている関係で渡り廊下走り隊7の出演があるんじゃないかとか、YGAを派遣する吉本つながりでNMB48が出るんじゃないかとか、AKB本体だと角が立つから乃木坂46を出すんじゃないかとか、いろいろ妄想をふくらましているところです。でも、先日のアイドリングに指原さんが出たときの一部のファンの反応を見ると、AKB系が出るとそれだけで現場が荒れそうな気がするので、自重するのがおたがいのためかもしれません。

トラックバック

トラックバックURL: http://folky.saloon.jp/mt/mt-tbc.cgi/2642

コメント

今年も、開催。2010,2011と参加しましたよ。今年も岡山から行く予定です。

岡山からとは、すごいですね!
今年は同日にハロプロとももクロのライブがあるので、絶対に出られないグループがあるのは残念ですが、それでもすごいメンバーなので、今年も楽しみにしています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。