高速道路でバイクが壊れた

2012年3月25日(日) 17:35 | 日記


いい天気だからとバイクで遠出してみたら、自宅から100キロ以上離れた高速道路上で、NSRのエンジンが突然止まってしまいました。
とりあえず保険会社に電話して、レッカー車を呼んでもらうことにしました。

ついさっきNEXCO東日本の人が来て、事情を聞かれました。「事故車あり」の表示が出ていたらその原因は僕です。

「高速道路で止まって人を呼ぶ」という経験は初めてではないので、特にあせっているわけでもないのですが、前回は車で、今回はバイク。この違いは大きいです。外で待つのはつらいものです。

F1なんかを見てると、たまにエンジントラブルでリタイアするドライバーがいますが、まさにああいう感じ。いきなりエンジンの音が変わって、急ブレーキがかかったかのようにスピードを失いました。道がすいていたのですんなり路肩に寄せることはできましたが、今はエンジンをキックでかけようとしても、キックすら動かないという状況。このまま廃車でしょうかね。
もう13年以上乗ってきたわけだから、いつ壊れてもおかしくなかったのですが、よりによってこんな遠くで壊れなくてもいいのに。

最近CFD投資でかなりもうけたのですが、その反動なんでしょうかね。ここ1か月の不労所得が57万円で、近いうちに嫌なことが起きるんじゃないと思っていたらこれでした。

業者の方が来るまで、あと30分かかるそうです。寒くなってきました。つらいです。

トラックバック

トラックバックURL: http://folky.saloon.jp/mt/mt-tbc.cgi/2600

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。