同窓会

2011年8月13日(土) 04:40 | 日記

中学校の同窓会に行きました。
同窓会は5年ぶりです。卒業生約180人のうち、48人が参加しました。昔と変わらない人、昔と同じようにとんがったままの人、いろいろな懐かしい顔がありました。そんな昔の仲間に囲まれて、深夜3時すぎまで飲んでいました。
多くの人は地元かその近くに今も住んでいて、大半が結婚して子供もいます。みんな元気そうでした。
かつて高橋由美子さんを追いかけていたアイドルファンの男も来ていて、彼の妻の姉の友達か何かが東京パフォーマンスドールのメンバーだと聞いたときは興奮しました。愛知県出身の歌がうまいあの人。すごいなぁ。

僕にとっては、これまで卒業してきた学校の中でいちばん思い入れがあるのが中学校です。ここで出会ったみんなに受けた刺激が、今の僕を形作っています。およそ旧帝大卒とは思えない経歴を自信を持って歩いてこられたのも、型にはまらない生き方や考え方を示してくれたみんなのおかげだし、そんなみんなが僕と親しく接してくれたからです。
5年前に同窓会へ行ったときの日記でもそんな感じのことを語っていますが、たぶん次の同窓会でも同じことを書くと思います。それくらい当時の経験と思い出は、僕にとって大切なものです。
ただ、ある女子(ゆうてももう34歳か35歳ですけどね)に「顔は覚えてるけど名前が出てこない」と言われたときはちょっとショックでした。1年間同じクラスだったし、仲も悪くなかったのに。こっちは180人ほとんどの顔と名前を覚えてますよ。そっちの方が異常か。

そして、この場に来られなかった人の話。失踪した友人は今日も来ませんでした。病気と戦っている人の話も聞きました。彼らとも、いつか元気な姿で会えることを願います。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。