上海でチャンピオンは決まりませんでした

2008年10月19日(日) 17:51 | スポーツ

中国グランプリ結果
ハミルトンが勝ちました。
前回の日本GPがあまりにもひどいレースで、世界中のF1ファンや関係者から酷評されたハミルトン。今日は予選から決勝まですべてが完璧で、チャンピオンを目指すドライバーにふさわしい走りでした。
ハミルトンには、周囲の雑音やプレッシャーをひとつずつ乗り越えて、1980~90年代のセナ、90~2000年代のシューマッハーに続く「最強のヒール」の系譜を引き継いでもらいたいと思います。
これでハミルトンとライコネンの差は7ポイント。マッサが2位に入ったことで、ここ中国でチャンピオンは決定しませんでした。次戦、ハミルトンは5位以内に入れば無条件でチャンピオンとなります。

今、上位3人のインタビューを見ています。ハミルトンは安堵の表情、マッサはイライラした様子で、ライコネンはいつもどおり人を喰ったような表情をしています。

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。