「海賊盤」はライブの音だけを抜き出したものでした

2008年1月27日(日) 04:30 | アイドル

高橋由美子さんのアルバムは、なぜか2枚持っています。
1990年に出た「Scarlet」と91年の「PEACE!」。確か今から2年半ほど前に、岡崎市あたりで中古で買ったと思います。1枚100円だったと記憶しています。
ちなみに「PEACE!」はこれ。このころのグッピーは、今見てもトップクラスのかわいさです。
Good-P
完全な衝動買いで、ちゃんと聴いていなかったので、グッピーの曲はシングル曲でさえもサビしか知らない、あるいはサビさえもうろ覚えだったりします。もっともそれ以前に、アイドルの楽曲はサビの部分しか印象に残らないような曲が多い気がするのですがいかがでしょう。

話を戻したいと思います。ひとつ前の日記で書いたCD「海賊盤」の話です。
カーステレオで聴いてみたのですが、どうも本編のビデオに入っていたライブの音だけを抜き出したCDのようです。
グッピーの歌やMCだけでなく、観客の声がものすごい勢いで入っていました。日本青年館を埋め尽くした、絶叫する高橋由美子のファンたち。むしろそっちの迫力の方がすごかった。
グッピーも負けてはいません。ライブ当時は17歳だったと思うのですが、本当に堂々としたトークで、きちんと場を盛り上げてくれる。声質もしゃべり方も正統派アイドルそのもの。なるほど、「アイドル冬の時代」になぜ彼女がひときわ強い輝きを放つことができたのか、その理由が分かりました。
もう少し遅く生まれていれば、もしかしたら松浦亜弥を超えるスーパーアイドルになれたかもしれません。
ビデオが欲しくなりました。ブックオフとかに300円くらいで売ってないかなぁ。

トラックバック

トラックバックURL: http://folky.saloon.jp/mt/mt-tbc.cgi/1153

コメントを投稿

※サーバーの状況によって、投稿完了まで時間がかかることがあります。
※投稿内容がすぐに反映されないことがありますが、ページを再読み込みするとコメントが表示されます。
※入力したURLは公開されますが、メールアドレスは公開されません(管理者に対してのみ通知されます)。